« DAKAR:第14ステージ ピスコ > リマ( 走行距離 : 283 km )(TLC) | トップページ | Grand-Am:Rd.1 デイトナ24時間レース・エントリーリスト (1月17日現在) »

2012年1月16日 (月)

ダカールラリー2012 レースレポート「第14ステージ」 (日野自動車)

2号車が排気量10リットル未満クラス3連覇達成
1号車もクラス3位で揃ってリマにゴール

20120115_3ポディアムに到着した2号車 (C)Hino Motors, Ltd

1月15日 ピスコ~リマ
移動区間(リエゾン):254 競技区間(SS):29 合計:283 (km)

2012ダカールラリーは15日、ペルーのピスコ~リマ間で29kmの最終SSを行ったあと、リマ市内にフィニッシュ。プラサ・ド・アルマスに設けられたポディアムでセレモニーを行い、15日間の競技の幕を閉じた。日野レンジャー(輸出名:HINO 500 Series)の2台体制でトラック部門に参戦した日野チームスガワラは2号車菅原照仁/鈴木誠一組が総合9位/排気量10リットル1位、1号車菅原義正/鈴木誠一組が総合24位/同クラス3位の成績で2台揃ってゴール。チームは同クラス優勝と総合上位入賞という目標を達成した。排気量10リットル未満の中型車ながら大型のライバル勢に分け入るシングルフィニッシュを果たした菅原照仁は同クラス3連覇を達成し、今回で大会最多の連続30回出場となった菅原義正は通算24回目の完走という記録を打ち立てた。

南米が舞台となって4年目の今大会は初めてペルーまで足を伸ばし、アルゼンチンのマル・デル・プラタからペルーのリマまで15日間で全行程8336km(うち競技区間SS4120km)のコースが設定された。2号車に8年ぶりとなる新型レーシングトラックを投入し、1号車も改良を施して臨んだチームは1日に競技がスタートすると自らのペースを堅持しながら順位を浮上。3日には2号車が排気量10リットル未満クラス首位に立ち、1号車がその後方から続く体制を築いた。安定してクラストップを快走した2号車だったがペルーステージ初日の12日にはSS中にトランスファーのトラブルが発生し走行不能になる場面も。しかし後方から追いついた1号車が整備の許されているニュートラルゾーンまで牽引し、駆けつけた4人の日野メカニックがその場で交換作業を行って事なきを得るなど優れたチームワークを発揮しながらその後も順調に歩みを進めていった。終盤には難易度の高い砂丘が連続する中で総合順位を高めた2台は15日の最終SSを2号車が総合19位、1号車も総合30位で慎重にクリア。移動区間で歓喜のポディアムへと向かった。リマの旧市街にある広場に設けられたゴールセレモニーには多数の観客が訪れ、南米らしい賑やかな雰囲気に包まれた。2台の日野レンジャーがポディアムに到着すると日本から激励に駆けつけた白井芳夫日野自動車社長と2台のクルーはがっちり握手をかわし、壇上で観衆の声援に応えていた。

白井芳夫/菅原義正さんの30回連続出場は素晴らしい。今回の照仁さんの成績も快挙で、チームの頑張りを心から祝福します。リーマンショックの際には色々議論もあったが、やめずにダカールラリーの活動を続けることを決めて良かった。今後も続けて行きたいと思います。

菅原義正/序盤から投石を受けたり、後半では2号車を牽引したりと色々ドラマチックなこともありましたが、2台揃って完走出来てよかったです。自分にとっても30回の出場と24回目の完走はひとつの節目になりました。ありがとうございました。それにしてもペルーの人たちの熱狂ぶりにはびっくりですね。

杉浦博之/終盤は砂丘ステージを気持ちよく走れましたが、とりわけ前半は上手くいかないことがあり、ペースに波があって辛かったです。やっとゴール出来てほっとしました。

菅原照仁/総合9位の排気量10リットル未満クラス優勝は前回と同じ成績ですが、ライバルが速くなっている中で価値がある結果だと思います。トラブルが発生したときにチームワークがばっちり決まったのも良かった。メカニックさんたちに感謝しています。

鈴木誠一/新型レーシングトラックでダカールラリーを走ってみて、狙いが外れていなかったことを実感しました。ペルーの砂の感じは独特ですが、そこでもトラクションが良く掛かり、砂丘を楽に走れました。引き続き改良・開発を続けて行きたいです。

中野直也/今回はメカニックのまとめ役と同時に前回帯同した際に果たせなかった2台揃っての完走を目標にやってきましたが、実現出来て嬉しいです。疲れましたが、ゴールに来ると吹っ飛ぶ感じです。良かったことしか残らない。充実感で一杯です。

前田聖治/あっと言う間の2週間でした。大変でしたが、4人のチームワークが良く、上手くまとまって仕事が出来たのが良かったです。

稲葉勇哉/色々ありましたが、何とかここまで来ることが出来て嬉しいです。トランスファーが壊れたときはどうなるかと思いましたが、焦りながらも路上で交換。無事帰ってきてくれてほっとしました。

仲田昌宏/寝る時間が少なくて、自分の体はなんでこんなに言うことをきかないのかと思うほどでしたが、ここ(ポディアム)に来たら疲れは吹っ飛びました。このゴールの雰囲気は素晴らしいです。    

日野自動車プレスリリース

トラック部門 SS順位
順位 No. ドライバー メーカー タイム
総合 *
1 511 BIASION (ITA) IVECO 0:27:22
2 523 MARDEEV (RUS) KAMAZ 0:28:48
3 505 STACEY (NLD) IVECO 0:29:05
4 509 KARGINOV (RUS) KAMAZ 0:29:52
5 533 ARDAVICHUS (KAZ) KAMAZ 0:30:22
6 502 DE ROOY (NLD) IVECO 0:31:02
7 510 VAN DEN BRINK (NLD) GINAF 0:31:44
8 512 BEKX (NLD) DAF 0:31:54
9 547 KOLOMY (CZE) TATRA 0:32:02
10 515 VILA (ESP) IVECO 0:32:12
11 506 VAN GINKEL (NLD) GINAF 0:32:21
12 555 DE BAAR (NLD) MAN 0:32:42
13 534 VERSLUIS (NLD) MAN 0:32:44
14 507 VAN VLIET (NLD) MAN 0:33:19
15 513 DE AZEVEDO (BRA) TATRA 0:33:22
16 514 VAN DEN HEUVEL (NLD) DAF 0:33:39
17 525 SMINK (NLD) GINAF 0:34:02
18 530 VALTR (CZE) LIAZ 0:34:12
19 1 508 TERU SUGAWARA (JPN) HINO 0:34:17
20 538 TIMMERMANS (NLD) DAF 0:34:22
21 518 ADUA (FRA) IVECO 0:36:31
22 520 VAN DEN BOSCH (NLD) DAF 0:37:03
23 2 526 ELFRINK (NLD) MERCEDES 0:37:21
24 527 VRATNY (CZE) TATRA 0:37:38
25 539 TEN HARKEL (NLD) DAF 0:39:58
26 3 556 PIANA (FRA) MERCEDES 0:40:12
27 568 SCHOONES (NLD) DAF 0:40:18
28 536 BAUERLE (DEU) MAN 0:40:29
29 532 DEL ZOTTO (ARG) MERCEDES 0:40:45
30 4 521 YOSHI SUGAWARA (JPN) HINO 0:41:08
31 5 558 SZUSTKOWSKI (POL) MERCEDES 0:41:39
32 553 HOL (NLD) GINAF 0:41:43
33 540 VERHEYDEN (BEL) DAF 0:42:33
34 529 BARAN (POL) MAN 0:42:41
35 528 LAMMERS (NLD) GINAF 0:44:28
36 561 SAUMET (FRA) MERCEDES 0:44:32
37 545 VASILEVSKI (BLR) MAZ 0:45:13
38 552 LEEUW (NLD) DAF 0:46:05
39 554 GIMBRE (FRA) MAN 0:46:24
40 548 BESNARD (FRA) MERCEDES 0:46:34
41 572 VAN VEENENDAAL (NLD) GINAF 0:47:38
42 557 ZAPLETAL (CZE) TATRA 0:49:06
43 569 COCKBURN (GBR) MAN 0:50:25
44 575 PREMAT (FRA) MERCEDES 0:50:49
45 563 PAVLOV (RUS) MERCEDES 0:52:04
46 6 543 OFFRINGA (NLD) MERCEDES 0:55:05
47 524 HERRERO (ESP) MERCEDES 0:55:31
48 576 AGUIRREGAVIRIA (ESP) MERCEDES 0:56:50
49 560 DARROUX (FRA) RENAULT TRUCKS 1:01:19
50 544 WALLENWEIN (DEU) MAN 1:01:23
51 565 MARTIN (FRA) MERCEDES 1:02:43
52 567 BOUCOU (FRA) RENAULT TRUCKS 1:03:24
53 573 GINESTA (AND) RENAULT 1:04:47
54 550 LACOURT (FRA) MERCEDES 1:07:54
55 7 564 VERZELETTI (ITA) MERCEDES 1:08:30
56 571 STAM (NLD) MERCEDES 1:18:42
57 562 CABINI (ITA) MERCEDES 1:18:47
58 8 542 RICKLER DEL MARE (ITA) IVECO 1:56:18
59 574 MAURI (FRA) DAF 1:57:07
60 559 CALZI (ITA) MAN 2:00:52
トラック部門 累積順位
順位 No. ドライバー メーカー タイム
総合 *
1 502 DE ROOY (NLD) IVECO 21:20:47
2 505 STACEY (NLD) IVECO 22:12:06
3 533 ARDAVICHUS (KAZ) KAMAZ 23:08:32
4 509 KARGINOV (RUS) KAMAZ 2:21:57
5 523 MARDEEV (RUS) KAMAZ 2:22:37
6 511 BIASION (ITA) IVECO 3:51:58
7 547 KOLOMY (CZE) TATRA 4:15:02
8 513 DE AZEVEDO (BRA) TATRA 5:06:54
9 1 508 TERU SUGAWARA (JPN) HINO 8:00:11
10 534 VERSLUIS (NLD) MAN 8:33:19
11 515 VILA (ESP) IVECO 8:39:55
12 530 VALTR (CZE) LIAZ 10:30:44
13 510 VAN DEN BRINK (NLD) GINAF 10:54:16
14 2 526 ELFRINK (NLD) MERCEDES 12:53:04
15 525 SMINK (NLD) GINAF 12:57:53
16 518 ADUA (FRA) IVECO 13:50:18
17 512 BEKX (NLD) DAF 14:23:32
18 527 VRATNY (CZE) TATRA 15:23:13
19 506 VAN GINKEL (NLD) GINAF 17:50:14
20 520 VAN DEN BOSCH (NLD) DAF 17:51:06
21 514 VAN DEN HEUVEL (NLD) DAF 18:52:46
22 555 DE BAAR (NLD) MAN 20:00:26
23 507 VAN VLIET (NLD) MAN 21:02:29
24 3 521 YOSHI SUGAWARA (JPN) HINO 21:57:38
25 532 DEL ZOTTO (ARG) MERCEDES 23:25:04
26 539 TEN HARKEL (NLD) DAF 0:26:36
27 538 TIMMERMANS (NLD) DAF 0:41:16
28 571 STAM (NLD) MERCEDES 0:52:11
29 568 SCHOONES (NLD) DAF 6:13:41
30 4 558 SZUSTKOWSKI (POL) MERCEDES 7:13:13
31 545 VASILEVSKI (BLR) MAZ 9:50:09
32 553 HOL (NLD) GINAF 10:01:33
33 528 LAMMERS (NLD) GINAF 10:38:31
34 5 556 PIANA (FRA) MERCEDES 12:39:57
35 552 LEEUW (NLD) DAF 14:54:49
36 529 BARAN (POL) MAN 16:03:10
37 6 543 OFFRINGA (NLD) MERCEDES 18:08:12
38 536 BAUERLE (DEU) MAN 20:44:15
39 548 BESNARD (FRA) MERCEDES 23:40:38
40 557 ZAPLETAL (CZE) TATRA 0:55:48
41 561 SAUMET (FRA) MERCEDES 15:53:43
42 569 COCKBURN (GBR) MAN 20:23:28
43 540 VERHEYDEN (BEL) DAF 22:22:52
44 559 CALZI (ITA) MAN 8:51:38
45 524 HERRERO (ESP) MERCEDES 10:28:01
46 562 CABINI (ITA) MERCEDES 20:20:17
47 7 564 VERZELETTI (ITA) MERCEDES 22:51:18
48 574 MAURI (FRA) DAF 0:51:44
49 575 PREMAT (FRA) MERCEDES 17:17:44
50 554 GIMBRE (FRA) MAN 19:28:46
51 550 LACOURT (FRA) MERCEDES 4:12:36
52 8 542 RICKLER DEL MARE (ITA) IVECO 7:20:14
53 576 AGUIRREGAVIRIA (ESP) MERCEDES 11:22:22
54 572 VAN VEENENDAAL (NLD) GINAF 13:19:00
55 567 BOUCOU (FRA) RENAULT TRUCKS 13:51:01
56 573 GINESTA (AND) RENAULT 20:07:11
57 560 DARROUX (FRA) RENAULT TRUCKS 8:54:14
58 544 WALLENWEIN (DEU) MAN 12:24:05
59 565 MARTIN (FRA) MERCEDES 21:08:26
60 563 PAVLOV (RUS) MERCEDES 1:28:19

 (*は排気量10リットル未満クラスの順位)
※順位はレポート執筆後に更新(修正)されることがありますので、ご了承ください。

|

« DAKAR:第14ステージ ピスコ > リマ( 走行距離 : 283 km )(TLC) | トップページ | Grand-Am:Rd.1 デイトナ24時間レース・エントリーリスト (1月17日現在) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダカールラリー2012 レースレポート「第14ステージ」 (日野自動車):

« DAKAR:第14ステージ ピスコ > リマ( 走行距離 : 283 km )(TLC) | トップページ | Grand-Am:Rd.1 デイトナ24時間レース・エントリーリスト (1月17日現在) »