« WEC,LM24,トヨタ、2012年は2台の『TS030』でルマンに復帰 | トップページ | NASCAR:フォード、『よりストックカーらしく』、2013年用スプリントカップマシン・フュージョンを発表 »

2012年1月26日 (木)

BTCC:MGの名前がブリテッシュ・ツーリングカーレース選手権に復活

2012 MG6 GT (C)BTCC Media 拡大します

1月25日、MGモーターUK.は、2012年のダンロップMSAブリテッシュ・ツーリングカーレース選手権(BTCC)に新型MG6 GTで参戦することを発表した。ドライバーはボクゾールとシボレーでチャンピオンを獲得し、昨年はシボレーで活躍したジョンソン・プラトと、若手ドライバーのアンディ・ニートの2名。

現在、中国企業の傘下となっているMG社だが、5ドアのMG6 GTはイギリスで設計開発が行われ、MGにとっては16年ぶりのニューモデルとしてデビューする。レーシングバージョンは、BTCCで最も成功したコンストラクター、トリプルエイト・レースエンジニアリングがワークスの全面的な支援を受けて開発にあたる。

ニューマシンはBTCCのNext Generation Touring Car(NGT)規則に沿ったもので、シリーズ主催者のTOCAが供給する2リッター・ターボエンジンを搭載する。チーム名はMG KX Momentum Racingで、Tesco FuelsがMomentum 99 fuelブランドでメインスポンサーにenergy drink KXがサブスポンサーにつく。

2012 MG6 GT (C)BTCC Media  拡大します

BTCCで68勝を挙げているジョンソン・プラトは「すべてが真新しい英国チームに関係することは本当に刺激的なことだ。そして、MGの象徴的なネームがトラックが戻ってくることは本当に素晴らしい」と語る。

BTCCでのMGの勝利は、2006年コリン・ターキントン(ウエストサリー)によるMG ZS(この年2勝)が最後となっている。

|

« WEC,LM24,トヨタ、2012年は2台の『TS030』でルマンに復帰 | トップページ | NASCAR:フォード、『よりストックカーらしく』、2013年用スプリントカップマシン・フュージョンを発表 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BTCC:MGの名前がブリテッシュ・ツーリングカーレース選手権に復活:

« WEC,LM24,トヨタ、2012年は2台の『TS030』でルマンに復帰 | トップページ | NASCAR:フォード、『よりストックカーらしく』、2013年用スプリントカップマシン・フュージョンを発表 »