« DAKAR:ダカールラリー2012 レースレポート「スタートセレモニー」(日野自動車) | トップページ | DAKAR:ダカール・ラリー2012の競技者は443台  »

2012年1月 2日 (月)

DAKAR:スタートセレモニー (TLC)

マル・デル・プラタのポディアムでセレモニースタート
TLCは明1日からの競技に向けて準備万端

Photo_111231_1 観客の声援に応えながらポディアムへ進んだ1号車 (C)TLC

12月31日、2012ダカールラリーのスタートセレモニーがアルゼンチンの大西洋に面したマル・デル・プラタで行われた。海岸沿いのカジノに隣接したコロン広場の特設ポディアム(スタート台)で1台づつ紹介しながらスタートを切るというもので、今大会の参加者は2輪178台、4輪バイク(クアド)30台、4輪161台、カミオン(トラック)74台の合計443台。台数が多いためそれだけで5時間以上を要する一大イベントだ。この日はセレモニーだけで実際の競技が始まるのは翌1日からだが、参加者にとっては気持ちを引き締めて臨むラリーのスタートに他ならない。

.1号車三橋淳/A・ゲネック組が339番、2号車寺田昌弘/田中幸佑組が342番というカーナンバーを与えられたTLCのトヨタ・ランドクルーザー200は夕方日が傾きかけた7時頃ポディアムに登場。日本から駆けつけたトヨタ車体山岡副社長、立川執行役員とがっちり握手を交わし、社員の激励メッセージが一面に書かれた社旗とチーム旗を掲げたあと、大きな声援に送られながらゆっくりとラリーの第一歩を踏み出した。

1日には第一行程のマル・デル・プラタ~サンタ・ロサ・デ・ラ・パンパ間に設定された57kmのSS(競技区間)で最初の競技を実施。いきなり高低差の激しい砂丘が現れる模様で序盤から全く気の抜けない展開となりそうだ。

トヨタオートボディ、プレスリリース

|

« DAKAR:ダカールラリー2012 レースレポート「スタートセレモニー」(日野自動車) | トップページ | DAKAR:ダカール・ラリー2012の競技者は443台  »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:スタートセレモニー (TLC):

« DAKAR:ダカールラリー2012 レースレポート「スタートセレモニー」(日野自動車) | トップページ | DAKAR:ダカール・ラリー2012の競技者は443台  »