« DAKAR:ステージ4結果 (1月4日) | トップページ | DAKAR:2号車が排気量10リットル未満クラストップを堅持、明日はアルゼンチンステージの山場となるフィアンバラへ (日野自動車) »

2012年1月 5日 (木)

Grand-Am:フィジケーラもデイトナ24時間レースに参戦

Ferrari 458 Itaria Grand-Am (C)Ferrari S.p.A. 拡大します

1月4日、リッシ・コンペティションは今年のデイトナ24時間レースに出場するフェラーリ458イタリア・グランダムのドライバーラインナップを発表。元フェラーリF1ドライバーのジャンカルロ・フィジケーラも初のデイトナへの出場が決まった。

チームは2台のフェラーリ458に、フィジケーラ、ジャンマリア・ブルーニ、トニ・ヴィランダー、ラファエル・マトス、アンドレア・ベルトリーニ、オリビエ・ベレッタと、経験豊富なドライバーを指名、デイトナでのGTクラス優勝を目指す。

今回のリッシ・コンペティションはアメリカン・カナディアン・レーシングとジョイントし、アメリカとカナダのフェラーリ・ディーラーが共同でチームを後援する。

フィジケーラとブルーニは、昨シーズン、インターナショナル・ルマンカップ(ILMC)のGTE Proクラス7戦中、プチルマンを含む3勝を挙げてドライバーとチームタイトルを獲得している。リッシのレギュラードライバーのヴィランダーは、昨年アメリカンルマンシリーズ(ALMS)ロードアメリカ戦で、フェラーリ458に北米レース初の勝利をもたらしている。

2011年にリッシに加わったインディライツ・チャンピオンのマトスは、2008年のデイトナでGTクラス優勝を経験しており、チームにとって貴重なリソースをもたらす。これにFIA-GT選手権で4回のチャンピオンを獲得しているベルトリーニと、ALMSで5回のGTS/GT1クラスチャンピオンとなっているベレッタとともに強力なチームが誕生した。

6名のドライバーは、今週のデイトナでのグランダムシリーズテストに参加する。

|

« DAKAR:ステージ4結果 (1月4日) | トップページ | DAKAR:2号車が排気量10リットル未満クラストップを堅持、明日はアルゼンチンステージの山場となるフィアンバラへ (日野自動車) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Grand-Am:フィジケーラもデイトナ24時間レースに参戦:

« DAKAR:ステージ4結果 (1月4日) | トップページ | DAKAR:2号車が排気量10リットル未満クラストップを堅持、明日はアルゼンチンステージの山場となるフィアンバラへ (日野自動車) »