« DAKAR:ステージ5結果 (1月5日) | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2012 レースレポート「第5ステージ」(日野自動車) »

2012年1月 6日 (金)

WEC,LM24:JRMレーシング、HPDマシンでLMP1へ参戦

JRM HPD ARX-03a (C)JRM Racing 拡大します

昨シーズン、FIA-GT1選手権でミハエル・クルムとルーカス・ルーハによりドライバーズタイトルを獲得したJRMレーシングは、今年の世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスへ参戦することになった。

FIA-GT1ではニッサンGT-Rを使用したJRMだったが、LMP1では一転してHPD ARX-03aによるエントリーとなった。現在までのところドライバーは未定だが、今月半ばまでには3名のドライバーを選出することになっている。

JRMグループのエグゼクティブディレクターであるジェームズ・ラムゼイ:「GTレースで最も高水準の成功を収めた後で、われわれは現在新たな挑戦を求めている。チームの次のステップとして、耐久イベントでレースをすることにした。開発の進んでいるパッケージを持ち、LMP1のガソリンエンジンマシンとして最も競争力のあるマシンとして、われわれはホンダを選んだ。GTレースでの成功を繰り返すために、われわれはデビューレースとなる3月17日のセブリング12時間の前に大規模なテストを計画している。ルマンについてはそのエントリーはエンデュランス委員会による選考を受けなければならないが、これはJRMにとっては2年間にGTレースに参戦して以来の最終的なゴールでもあった」

一方、ラムゼイは2010年から続くニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)との良好な関係も継続していくことを明らかにしている。現在開発が進められているニッサンGT-R GT3は、来週オートスポーツ・インターナショナルで一般公開されることになっており、ヨーロッパ、ロシア、中東でのセールス面でもニッサンに協力していくことになる。スポンサーを集めることができれば今年のFIA-GT選手権へGT-R GT3での出場もあり得るとしており、JRMではテクニカルサポートと経験をカスタマーチームに提供する考えであるとしている。

|

« DAKAR:ステージ5結果 (1月5日) | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2012 レースレポート「第5ステージ」(日野自動車) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC,LM24:JRMレーシング、HPDマシンでLMP1へ参戦:

« DAKAR:ステージ5結果 (1月5日) | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2012 レースレポート「第5ステージ」(日野自動車) »