« WSR:バルセロナテストタイム (4月4日) | トップページ | ALMS:クライスラー・バイパー、レースシーンに復帰 »

2012年4月 6日 (金)

Special:ポルシェ911生みの親が亡くなる

Ferdinand Alexander Porsche (C)Porsche AG. 拡大します

4月5日、ポルシェ社の創業者フェルディナンド・ポルシェ氏の孫であり、ポルシェ911のデザイナーであるフェルディナンド・アレキサンダー・ポルシェ氏が、ザルツブルグで亡くなった。享年76歳。

1935年フェリー・ポルシェ氏の長男としてシュツッツガルドで生まれたフェルディナンド氏は、デザインにおける名門ウルム学校を卒業後1958年にポルシェ社に入社。1963年にポルシェ356の後継車となるタイプ911(901)を世に送り出した。ポルシェ911は現在に至るまで誕生当時のイメージと基本的なレイアウトを受け継いだまま改良が続けられ、現在も最高のスポーツカーのひとつとして君臨している。

(C)Porsche AG. 拡大します

1972年、フェルナンド氏はポルシェ社が株式会社へ移行するにあたり、他の家族とともに会社の経営から退いた。その後ポルシェデザインスタジオを設立し、腕時計や文房具から家電製品、産業機器までポルシェデザイン製品を生み出してきた。

レースにおいてもタイプ804グランプリマシンや、日本グランプリでも活躍した904などを開発。ポルシェのレース活動の礎を築いた。

|

« WSR:バルセロナテストタイム (4月4日) | トップページ | ALMS:クライスラー・バイパー、レースシーンに復帰 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Special:ポルシェ911生みの親が亡くなる:

« WSR:バルセロナテストタイム (4月4日) | トップページ | ALMS:クライスラー・バイパー、レースシーンに復帰 »