« GP3:Rd.2モナコ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.12シャーロット レース結果 »

2012年5月28日 (月)

INDY:ダリオ・フランキッティがインディ500での3勝目となる優勝 (ホンダ)

第96回インディ500でHonda インディV6ターボエンジンが初勝利を飾る
スコット・ディクソンも2位に入り、伝統のレースでHondaが1-2フィニッシュを達成
佐藤琢磨は優勝まであと一歩の最終ラップでアクシデントを喫し、17位

In120528002hMay 27 2012, RACE
2012 Indianapolis 500

2012年5月27日(日)・決勝 会場:インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(全長2.5マイル)
天候:快晴 気温:31~32.5℃

今年で第96回目の開催を迎えたインディアナポリス500マイルレースは、真夏のような暑さの中で戦われました。今年のインディカー・シリーズから自動車メーカー3社がエンジン供給を開始して、競い合っていますが、インディアナポリス・モーター・スピードウェイでの伝統のレースも、2005年以来初めて、複数のエンジンブランドが競い合うものとなりました。

In120528003h ダリオ・フランキッティ

そして、そのレースで勝利を飾ったのは、Honda V6ターボエンジン搭載のダラーラDW12に乗るダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)でした。レース終盤は8台以上によるすさまじいドッグファイトとなり、そのバトルを戦い抜いてトップで最終ラップに入ったのがフランキッティでした。その彼に最後のアタックを仕掛けたのは、佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)。2台は接触ギリギリの状態で並んだままターン1へと飛び込み、満員の大観衆が沸き上がりました。その直後、イン側にいた佐藤がスピンし、クラッシュ。レースにはイエローフラッグが出され、そのままチェッカーフラッグとなりました。

In120528006h 佐藤 琢磨

優勝を手にしたのは、2007年と2010年にインディ500での優勝経験を持つスコットランド出身ドライバー、フランキッティでした。レース序盤のピットストップで追突され、29位まで順位を落としながら、見事な追い上げを見せてトップグループへと到達し、多くのマシンによるし烈な戦いを制しました。

2位はフランキッティのチームメート、スコット・ディクソンで、Chip Ganassi Racingの1-2フィニッシュでした。今年デビューしたHonda V6ターボエンジンは、初勝利をインディ500で飾ることとなりました。

In120528010h写真(C)Honda Motor Co Ltd.

ホンダモータースポーツリリース

コメント
ダリオ・フランキッティ(優勝)

「すばらしいレースになりました。本当にすごいレースでした。このレースを昨年度ウイナーの故ダン・ウェルドンも誇りに思ってくれることでしょう。佐藤琢磨との最後のバトルでは、まず私がラインを開け、彼が来るのが見えました。私はまた元のラインに戻って、そのあとにはラインをアウト側へと開けましたが、その時に彼は私のイン側でグリップを失いました。私はアクセルを踏み続け、勝つことができました。80年代終盤のエマーソン・フィッティバルディとアル・アンサーJr.のレース終盤の戦いが思い出されました。ジョニー・ラザフォードらと同じ3勝ドライバーの一員となれたことを光栄に思います。Hondaエンジンは予選までは苦戦しましたが、ファイナルプラクティスの日に好感触が得られました。レース用のエンジンで大きな性能アップを果たしてくれたのです。決勝でのマシンは最高の仕上がりで、トラフィックの中でも確かな速さがありました。後方グリッドからのスタートで、ピットでスピンまでしたというのに優勝できたなんて、信じられません」

In120528005h佐藤琢磨(17位)
「本当に残念です。ダリオ・フランキッティのスリップストリームに入ってホワイトフラッグを見ました。ドラフティングから抜け出して彼のインに入ったときには勝利を確信しました。相手をオーバーテイクできる状態に追い込むことができていましたから。彼とはサイド・バイ・サイドの状態でターン1に入っていきましたが、ダリオがどんどんかぶせてきました。こちらはもう白線に乗って、芝生に出るギリギリまで行っていて、そこでスピンしてしまいました。半車身、いや、タイヤ1本分スペースをくれていたら、ターン1を並んだまま走り抜けることができていたでしょう。そのままターン2を回って、ターン3、ターン4と、もっとすごいフィニッシュになっていたと思います。今回はこのような結果になりましたが、思う存分に戦えるマシンを作り上げてくれたチーム、的確な作戦を採用し、ミスのないピット・ストップを繰り返してくれたクルーたちには感謝の気持ちでいっぱいですし、達成感もあります」

マーク・サワーズ | HPD ジェネラル・マネジャー
「開幕戦から4レース勝てずにきていましたが、表彰台には上れていたように、私たちとライバルとは接戦を演じていました。実力は拮抗していたと思います。こうして今日、エンジン競争が再開されたインディカー・シリーズにおいて、Honda V6エンジンが初めての勝利を飾れたことを大変うれしく思います。多くのHondaチームが高い戦闘力を発揮してくれたおかげです。Chip Ganassi Racing、Rahal Letterman Lanigan Racing、Dale Coyne Racingが最後までトップグループで激闘していました。彼らの活躍ぶりを讃えたいと思います。私たちはこれからも開発を続け、戦闘力アップを目指していきます」

決勝
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差
1 50 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda 02:58:51.2532
2 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda +0.0295
3 11 T.カナーン KV Racing Technology シボレー +0.0677
4 22 O.セルビア Panther DRR Racing シボレー +2.9166
5 2 R.ブリスコー Team Penske シボレー +3.6721
6 27 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport シボレー +4.0962
7 18 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda +4.2430
8 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda +4.6056
9 99 タウンゼント・ベル Schmidt Hamilton Racing Honda +5.6168
10 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー +7.6352
11 8 R.バリチェロ KV Racing Technology シボレー +7.9240
12 98 アレックス・タグリアーニ Bryan Herta Autosport Honda +8.2543
13 38 グレアム・レイホール Chip Ganassi Racing Honda +8.7539
14 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing シボレー +11.3423
15 19 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing Honda +13.4494
16 77 シモン・パジェノー Schmidt/Hamilton Motorsports Honda +14.1382
17 15 佐藤琢磨 Rahal Letterman Lanigan Racing Honda -
18 5 E.J.ヴィソ KV Racing Technology シボレー -
19 30 ミシェル・ジョルダイン Rahal Letterman Lanigan Honda -
20 7 S.ブルデー Dragon Racing シボレー -
21 20 E.カーペンター Ed Carpenter Racing シボレー -
22 6 K.レッグ Dragon Racing シボレー -
23 25 A.ベアトリス Andretti Autosport シボレー -
24 26 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー -
25 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda -
26 17 S.サーベドラ Andretti Autosport シボレー -
27 28 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー -
28 12 W.パワー Team Penske シボレー -
29 14 マイク・コンウェイ A.J. Foyt Racing Honda -
30 39 ブライアン・クラウソン Sarah Fisher Hartman Honda -
31 41 ウェイド・カニンガム A.J. Foyt Racing Honda -
32 64 J.アレジ Fan Force United ロータス -
33 78 S.デ・シルベストロ HVM Racing ロータス -

ポイントスタンディング
ドライバー
順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1 W.パワー Team Penske 200
2 H.カストロネベス Team Penske 164
3 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 164
4 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 153
5 R.ハンターレイ Andretti Autosport 143
6 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 136
7 シモン・パジェノー Schmidt/Hamilton Motorsports 136
8 R.ブリスコー Team Penske 128
9 T.カナーン KV Racing Technology 113
10 J.R.ヒルデブランド Panther Racing 103
11 R.バリチェロ KV Racing Technology 102
12 佐藤琢磨 Rahal Letterman Lanigan Racing 100
13 O.セルビア Panther DRR Racing 99
14 グレアム・レイホール Chip Ganassi Racing 97
15 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 96
16 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 94
17 E.J.ヴィソ KV Racing Technology 94
18 M.アンドレッティ Andretti Autosport 86
19 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing 77
20 マイク・コンウェイ A.J. Foyt Enterprises 75
21 S.ブルデー Dragon Racing 74
22 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing 72
23 E.カーペンター Ed Carpenter Racing 67
24 K.レッグ Dragon Racing 61
25 S.デ・シルベストロ HVM Racing 61
26 アレックス・タグリアーニ Bryan Herta Autosport 59
27 A.ベアトリス Andretti Autosport 28
28 タウンゼント・ベル Schmidt Hamilton Racing 26
29 ミシェル・ジョルダイン Rahal Letterman Lanigan 16
30 S.サーベドラ Andretti Autosport 14
31 ブライアン・クラウソン Sarah Fisher Hartman 13
32 ウェイド・カニンガム A.J. Foyt Racing 13
32 J.アレジ Fan Force United 13

|

« GP3:Rd.2モナコ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.12シャーロット レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/54820083

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ダリオ・フランキッティがインディ500での3勝目となる優勝 (ホンダ):

» 佐藤琢磨、インディ500ファイナルラップでクラッシュして優勝を取り逃がす [racing the wind]
日本時間27日深夜より行われた世界三大レースの一つ、第96回インディアナポリス500では佐藤琢磨が常に優勝を争う上位ポジションで走行し、ファイナルラップでは優勝をかけてインサイドに飛び込んだ所で痛恨のスピンを喫してしまい、日本人初のインディ500制覇はならなかった。・・・・・勝ったと思ったのにいぃぃぃぃぃ! 琢磨悔し…インディ500制覇目前でクラッシュ http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5no=41238 第96回インディアナポリス500マイルレース... [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 01時23分

« GP3:Rd.2モナコ レース結果 | トップページ | NASCAR:Rd.12シャーロット レース結果 »