« NUR24h:ニュルブルクリンク24時間耐久レース、アウディ初の総合優勝 | トップページ | NASCAR:Rd.12シャーロット・スケジュール/エントリーリスト »

2012年5月22日 (火)

NUR24h:フリカデリ・レーシングチームのポルシェ 911 GT3 Rで6位フィニッシュ

プレスインフォメーション 2012年5月22日
ニュルブルクリンク24時間耐久レース

(C)Porsche Japan KK. 拡大します

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)は、伝統あるニュルブルクリンク24時間耐久レースにおいて大苦戦を強いられましたが、カスタマーチームであるフリカデリ・レーシングチームの911 GT3 Rが史上最多を記録した235,000人の観衆の前で6位に入りました。

アイフェル地方で開催され40回目を迎えたこの24時間耐久レースでは、ポルシェのカスタマーチームは厳しい戦いを強いられました。一方、ポルシェの中で予選において最速タイムをマークしたヴォッヘンシュピーゲル・チームマンタイは悲劇的な結末を迎えました。

ヴォッヘンシュピーゲル・チームマンタイの911 GT3 Rをドライブしたワークスドライバーのマルク・リーブ(ドイツ)、リヒャルト・リーツ(オーストリア)、ロマン・デュマ(フランス)およびマンタイのドライバーであるルーカス・ルハー(ドイツ)は、24時間のレース中、何度も危機に直面しました。夜になって雨が降り出し、ルーカス・ルハーがわずかにコースアウトして911のフロントにダメージを受けます。さらに、センサーのトラブルで車両がすぐに始動しないことがあったため、チームはピットで貴重な時間をロスしました。夜が明けてからも、またもやピットで立ち往生を余儀なくされます。パンクしたタイヤがブレーキラインを切断してしまったのです。それでも、終盤には表彰台圏内に留まっていました。

ロマン・デュマが追いすがるメルセデスをかわします。しかしフィニッシュライン手前では、24時間まであとわずか数秒だったため、もう一ラップする必要がありました。デュマは燃料切れを避けるためペースダウンせざるをえませんでした。デュマがスローダウンして、フィニッシュラインを通過した後、車は止まってしまい再始動に手間取りました。不幸なことに後続のドライバーはホームストレートで止まっている911に気付かず追突してしまいます。結果、ヴォッヘンシュピーゲル・チームマンタイの911 GT3 Rはファイナルラップを走り切れず、リタイアとなりました。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

クラウス・アッベレン(ドイツ)のフリカデリ・チームは、完璧なレースを演じ総合6位という結果に湧きました。「ピットストップで行ったのは、給油、オイルおよびブレーキフルードの補充だけです」とアイフェルのベテラン、アッベレンが語ります。「残念ながら、私達は夜間に判断を誤りました。私達はピットストップでインターミディエートのタイヤを装着したのですが、雨が激しくなったため、もう一度ピットストップが必要になりました。これで1周遅れました。しかし、私達は大いに愉しみました。6位の成績には大喜びしています」。彼と成功を分かち合ったのは、サビーネ・シュミッツ(ドイツ)/クリストファー・ブリュック(ドイツ)/パトリック・ユイスマン(オランダ)の3名のドライバーです。

911 GT3 Rで参戦したティンブリレーシングは総合11位でチェッカーを受けました。早い段階でタイヤに損傷を受け、衝突を喫したものの、その後の展開はマルク・ヘンエリッチ(ドイツ)/マルコ・ジーフリード(ドイツ)/デニス・ブッシュ(ドイツ)/ノルベルト・ジードラー(オーストリア)組にとってスムーズなものでした。「私達は総合で11位という結果に完全に満足しています」とジードラーがコメントしています。

パワーが低い車両で争われるクラスでも、ポルシェは優れたパフォーマンスを発揮しました。SP7で最高位、総合13位を獲得したのは、クレマーレーシングのドライバー、ヴォルフガング・カフマン/アルトフリッド・ヘガー/ディエター・ショルンシュタイン/ミヒャエル・キューケ(すべてドイツ)でした。このチームは、911 GT3 カップカーをベースとして独自に造り上げた911 GT3 KRを投入しました。

ティンブリレーシングは総合16位を獲得しました。マルク・ブッシュ(ドイツ)/エゴン・アルゲアー(ドイツ)/カリム・アルアザリ(ドバイ)/マルコ・ジーフリード(ドイツ)組は、911 GT3を24時間しっかりと走らせました。18位にはマンタイレーシングの2012年モデルのポルシェ911 GT3カップが入りました。コックピットに乗り込んだのは、フランク・クレリング(ドイツ)/マルク・ジンドルフ(モナコ)/およびピーター・シャーマッハ(ニュージーランド)/マルコ・シェルプ(ドイツ)組です。

ポルシェのワークスドライバー、マルコ・ホルツァー(ドイツ)、イェルク・ベルクマイスター(ドイツ)、パトリック・ロング(米国)とマンタイのドライバー、ニック・タンディ(イギリス)の4名のドライバーは、悪運に見舞われました。21番手からのスタートでしたが、彼等の911 GT3 Rはトラブルに悩まされることなく、安定したラップタイムで走り、5位まで順位を上げました。彼等は表彰台を狙える位置につけていましたが、ニック・タンディが最終ストレートで周回遅れの車両をオーバーテークしようとして衝突されました。「私はすでに併走していましたが、彼が急にステアリングを切ったため、ウォールに激突してしまいました」。

大がかりな修理を施した後、911はレースに戻りましたが、クラッシュによってラジエーターが損傷した結果、エンジン温度が急激に上昇したため、間もなくリタイアを余儀なくされました。「残念な結果でした」と、マルコ・ホルツァーは話します。「夜間の2スティントを担当したのでひどく疲れましたが、私達のクルマは絶好調でした。しかし、このサーキットでは事故が多いためフェンスやバリアが修理中で、通常のサーキットより多くの「補修工事」が行われていました」。

午前2時30分、ファルケンモータースポーツ911 GT3がレースを終えました。セバスチャン・アッシュ(ドイツ)がフルークプラッツを走行中に雨が降り出し、コントロールを失いました。この衝撃で車両が大きなダメージを受け、野心溢れるチームもレース半ばの距離でタオルを投げることになりました。「もちろん、私達はがっかりしています」と、アッシュ、ピーター・ダンブレック(イギリス)およびマルティン・ラジンガー(オーストリア)と共にファルケン・ポルシェをドライブしたウォルフ・ヘンツラー(ドイツ)が語ります。「私達は40番手スタートでしたが何も問題はなく、あの事故まではトップ10圏内にいました」。

「このようなスリリングなレースに歴史を刻むことができるのは、このグリーン・ヘル(緑の地獄)を攻略できたものだけです」とポルシェのモータースポーツ部門のトップであるハルトムート・クリステンが総括しています。「それでも、私はカスタマーチームのすばらしい仕事と不屈の闘志に感動しています。フリカデリ・レーシングチームの健闘を称えます。彼等はトラブルのないレースをし、今年の最高位のポルシェとなりました」。

レース結果
1. バッセン/ハッセ/シュティップラー/ヴィンケルホック(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)組、アウディR8 LMSウルトラ、24:00.15.776
2. マメロウ/アブト/アメルミュラー/ハーネ(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)組、アウディR8 LMSウルトラ、+ 3:35.383分
3. フランケンホウト/シモンセン/カッファー/アルノルト(オランダ/スウェーデン/ドイツ/ドイツ)、メルセデスベンツSLS AMG、+ 7:55.733
4. レインデル/パルッタラ/マルティン(ベルギー/ベルギー/ベルギー)、BMW Z4 GT3、- 1周
5. ファスラー/ミース/ラスト/シュティップラー(スイス/ドイツ/ドイツ/ドイツ)、アウディR8 LMSウルトラ、- 4周
6. アッベレン/シュミッツ/ブリュック/ユイスマン(ドイツ/ドイツ/ドイツ/オランダ)、ポルシェ911 GT3 R、- 4周
7. ミュラー/ミュラー/アルツェン/アドルフ(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)、BMW Z4 GT3、- 5周
8. ハルトゲン/シュバーガー/バスチャン/アドルフ(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)、BMW Z4 GT3、- 5周
9. クリンクマン/ヴィットマン/ゲランソン/ラミー(ドイツ/ドイツ/スウェーデン/ポルトガル)、BMW Z4 GT3、- 5周
10. ツェーエ/ハルトゥング/レーフェルト/ブリット(ドイツ/ドイツ/ドイツ/米国)、メルセデスベンツSLS AMG、- 5周
11. ヘンエリッチ/ジ―フリード/ブッシュ/ジードラー(ドイツ/ドイツ/ドイツ/オーストリア)、ポルシェ911 GT3 R、- 6周
13. カフマン/ヘガー/ショルンシュタイン/キューケ(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)、ポルシェ911 GT3 KR、- 8周
16. ブッシュ/アルゲアー/アルアザリ/ジーフリード(ドイツ/オーストリア/アラブ首長国連邦/ドイツ)、ポルシェ911 GT3カップ、- 9周
18. クレリング/ジンドルフ/シャーマッハ/シェルプ(ドイツ/ドイツ/ニュージーランド/ドイツ)、ポルシェ911 GT3カップ、- 10周
19. ギュルデン/キスター/パンシルツ/シュミックラー(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)、ポルシェ911 GT3カップ、- 11周
20. ゲブハルト/グロスマン/ケンテニッチ/ポザバック(ドイツ/ドイツ/ドイツ/ドイツ)、ポルシェ911 GT3カップ、- 12周

|

« NUR24h:ニュルブルクリンク24時間耐久レース、アウディ初の総合優勝 | トップページ | NASCAR:Rd.12シャーロット・スケジュール/エントリーリスト »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NUR24h:フリカデリ・レーシングチームのポルシェ 911 GT3 Rで6位フィニッシュ:

« NUR24h:ニュルブルクリンク24時間耐久レース、アウディ初の総合優勝 | トップページ | NASCAR:Rd.12シャーロット・スケジュール/エントリーリスト »