« INDY:Rd.9アイオワ 予選レース結果 | トップページ | GP3:Rd.3バレンシア 予選結果 »

2012年6月23日 (土)

INDY:初の予選レースを制したダリオ・フランキッティが今季2回目のポールポジションを獲得、佐藤琢磨はマシンセッティングに苦しみ予選24番手 (ホンダ)

Hondaracing

June 22 2012, QUALIFYING
Iowa Corn Indy 250

2012年6月22日(金)
・予選  
会場:アイオワ・スピードウェイ  
天候:晴れ  
気温:28~29℃

IZODインディカー・シリーズは今週末から2012年シーズンの後半戦へと突入します。その最初のレースとなる第9戦アイオワでは、全く新しい試みとしてスターティング・グリッドを決定するために予選レースが導入されました。

1台のマシンがコースを占有し、全力でタイムアタックを行うインディカー伝統の予選も非常に見応えあるものですが、スプリントレースによってグリッドを決定するのも大変エキサイティングなものでした。ロードコースでの3段階の予選がファンに人気を博しているため、オーバルコースの予選にも似たものを応用しようと考え出され、今回初めて導入されたアイデアですが、ファンにもドライバーたちにも好評でした。

見事な晴天に恵まれた予選日、全長0.894マイルのアイオワ・スピードウェイには金曜日だというのに多くのファンが集まり、彼らの前で3つの予選レースが開催されました。そして、明日のレースをポールポジションからスタートすることになったのは、プラクティスタイムでトップ8に入ったドライバーたちによる30周のレースで勝利を収めたダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)でした。ポールスタートだったマルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)をアウトから豪快にパスしての見事な優勝でした。今シーズン2回目、キャリア28回目のポールポジションは、アイオワでは初めての獲得となりました。

ホンダモータースポーツリリース

明日のレースをフロントロー外側からスタートするのは、アンドレッティを15周目にパスして2位フィニッシュを果たしたエリオ・カストロネベス(Team Penske)になりました。9番手以下のグリッドは、プラクティス2回目のベストタイムによる順位の奇数と偶数の組に分かれて行われた予選レースで決定しました。先に行われた偶数組のレースで優勝したのはグレアム・レイホール(Chip Ganassi Racing)。彼は明日のレースを10番手からスタートします。奇数組の優勝はトニー・カナーン(KV Racing Technology)でした。

昨年のアイオワでインディカーでの初ポールポジションを獲得した佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は、事前テストを行わなかったために厳しい戦いを余儀なくされています。プラクティス1でセッティングを開始し、予選レースのグループを決定する大事なプラクティス2ではさらにマシンを煮詰める計画でしたが、セッティングに不具合があったためにデータ収集も計画通りに進んでいません。予選レースでの佐藤はさらなるデータ収集に努めたこともあり、8番手スタートで8位フィニッシュ。明日のレースには24番グリッドから出場することになりました。

決勝は暑さを避けて、夜の9時にスタートが切られます。既に気温が下がり始め、今日のプラクティスとはコンディションも大きく異なるものとなるでしょう。そして、レースが進むにつれてコンディションはさらに変化するはずです。コンディションの変化に合わせてマシン調整を行い、ハイスピードの接近戦を制するのは誰か。レースはバンクの急なアイオワ・スピードウェイならではの激しいバトルとなるでしょう。

コメント
ダリオ・フランキッティ(ポールポジション)

「予選のトップ8に食い込むのが大変でした。タイムを出そうというタイミングでトラフィックにひっかかってしまったからです。残り2分でタイヤを交換し、何とか2番手のタイムを出すことができました。予選レースではアウト側からマルコ・アンドレッティをパスしました。2番目の予選レースでアウトからオーバーテイクしているドライバーがおり、アウトにもラバーが乗っていると確認できていました。初めての試みとなったレース方式の予選は気に入りました。私たちがレースを行うすべてのオーバルコースに適しているかどうかはわかりませんが、シングルカー予選よりも見ていてエキサイティングでしょう? 今晩サーキットに集まってくれたファンはおおいに喜んでくれたと思います」

佐藤琢磨(24番手)
「簡単な一日とはいかず、実際には非常に難しい一日となっていました。私たちとしては、マシンのセッティングで大きな進歩を遂げることができました。しかし、もっとスピードアップを果たす必要があります。明日のレースに向け、さらにマシンを進歩させるのは簡単ではありませんが、必ずやマシンを向上させます。今晩、すべてのデータを集め、明日のための準備を行います。予選で短距離ながらレースを行えたことは、マシンを理解する上でよかったと考えています」

ロジャー・グリフィス│HPDテクニカル・ディレクター
「プラクティスを見ていた時には、インディ500と同じようにHondaにとって厳しい予選になりそうな雰囲気を感じていました。しかし、ダリオ・フランキッティが2番目に速いタイムを出して予選トップ8に進み、予選レースではポールスタートだったマシンをパスして勝利しました。すばらしい戦いぶり、見事なオーバーテイクでした。Hondaエンジンはこれで4戦連続のポールポジション獲得です。予選をレース方式で行うのは、今回が全く初めてのことでした。3レースの中には、あまり順位変動のないものもありましたが、この方式がアイオワのコースにはフィットしていると感じました。決勝レースがどのようなものになるのかが、今日の予選レースではある程度見えました。ドライバーたちも戦い方のイメージを持つことができたと思います」

予選リザルト
順位 No. ドライバー チーム エンジン ヒートレース結果
1 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda ヒート3 1位
2 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー ヒート3 2位
3 26 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー ヒート3 3位
4 27 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport シボレー ヒート3 4位
5 2 R.ブリスコー Team Penske シボレー ヒート3 5位
6 12 W.パワー Team Penske シボレー ヒート3 6位
7 28 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー ヒート3 7位
8 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda ヒート3 8位
9 11 T.カナーン KV Racing Technology シボレー ヒート2 1位
10 38 グレアム・レイホール Chip Ganassi Racing Honda ヒート1 1位
11 98 アレックス・タグリアーニ Bryan Herta Autosport Honda ヒート2 2位
12 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda ヒート1 2位
15 18 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda ヒート2 4位
17 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda ヒート2 5位
20 14 マイク・コンウェイ A.J. Foyt Racing Honda ヒート1 6位
21 19 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing Honda ヒート2 7位
24 15 佐藤琢磨 Rahal Letterman Lanigan Racing Honda ヒート1 8位
25 77 シモン・パジェノー Schmidt/Hamilton Motorsports Honda ヒート2 9位

|

« INDY:Rd.9アイオワ 予選レース結果 | トップページ | GP3:Rd.3バレンシア 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/55033963

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:初の予選レースを制したダリオ・フランキッティが今季2回目のポールポジションを獲得、佐藤琢磨はマシンセッティングに苦しみ予選24番手 (ホンダ):

« INDY:Rd.9アイオワ 予選レース結果 | トップページ | GP3:Rd.3バレンシア 予選結果 »