« LM24,WEC:Rd.3ルマン 6時間目途中経過 | トップページ | LM24:#8が激しい衝突。ドライバーのアンソニー・デビッドソンは無事 (トヨタ) »

2012年6月17日 (日)

LM24:ル・マン24時間レースでの苛酷な戦いがスタート。 (トヨタ)

TOYOTA TS030 HYBRID (C)TMG. 拡大します

2012年6月16日(土) 現地レポートNo.1

2時間経過時点でトヨタ・レーシングのTS030 HYBRIDは4位、5位

6月16日(土)フランスのサルト・サーキットで、記念すべき第80回ル・マン24時間レースの決勝レースがスタートした。

サーキット周辺は朝から雨に見舞われ、決勝レースを前に行われた午前9時からのウォームアップランはウェットでの走行となった。しかし、午後には雨は止み、路面は乾いて完全なドライコンディションでル・マン24時間レースの決勝スタートを迎えることとなった。

午後3時、トヨタ自動車の内山田竹志副会長によって振り下ろされたスタートフラッグを合図に、長く苛酷な24時間レースへのスタートが切られた。

3番手グリッドの#8はステファン・サラザン、5番手グリッドの#7はアレックス・ブルツがスタートドライバーを担当。予定通り、2度の給油ピットインを経て、3度目のピットインで#7はニコラス・ラピエール、#8はセバスチャン・ブエミにドライバー交代。THS-R(TOYOTA HYBRID System - Racing)の加速力を活かした走りで、2時間経過時点で#7が4位、#8が5位につけ、順調に周回を重ねている。

木下美明 トヨタ・レーシング チーム代表:
着実かつ満足行くスタートを切ることができた。ピットクルーの作業も順調で、デビューレースでのハイブリッドパワーを活かした健闘に満足している。

トヨタモータースポーツニュース

#7:(アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール/中嶋一貴)
グリッド:予選5番手
1時間経過時点(ブルツ):3位(トップと44秒655差)
2時間経過時点(ブルツ/ラピエール):4位(トップと2分28秒615差)

アレックス・ブルツ:
スタートは問題なかった。ステファン・サラザンの後方からパスすることができた。最初のピットストップの後は、上位勢と同じリズムで走行し、スタート直後に開いたギャップを保つ走りができた。スタート直後は若干ドライブが困難だったが、ピットのたびにバランスは改善していった。後は全開でプッシュした。

#8:(ステファン・サラザン/アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ)
グリッド:予選3番手
1時間経過時点(サラザン):4位(トップと50秒580差)
2時間経過時点(ブルツ/ラピエール):5位(トップと2分42秒705差)

ステファン・サラザン:
我々はサイド・バイ・サイドでのスタートを切らなくてはならないはずだが、スタートでは何台かのライバル車がそれを守らないので驚いた。1周目のTS030 HYBRIDは運転がやや難しかったが、周回を重ねるごとに改善され、ラップタイムも向上した。数多くの周回遅れの車両に、特に高速コーナーで阻まれることが多かったが、次の走行ではもっと良いペースで走れるはずだ。私が担当した最初の3スティントは順調で、今もそのペースを保って走行している。

|

« LM24,WEC:Rd.3ルマン 6時間目途中経過 | トップページ | LM24:#8が激しい衝突。ドライバーのアンソニー・デビッドソンは無事 (トヨタ) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:ル・マン24時間レースでの苛酷な戦いがスタート。 (トヨタ):

« LM24,WEC:Rd.3ルマン 6時間目途中経過 | トップページ | LM24:#8が激しい衝突。ドライバーのアンソニー・デビッドソンは無事 (トヨタ) »