« WEC:トヨタ・レーシングとTS030 HYBRID WEC第4戦シルバーストーンで僅差の2位入賞! 次戦ブラジルでの優勝争いへと確かな手応え | トップページ | INDY:ダリオ・フランキッティが6番手から3位フィニッシュで表彰台へ (ホンダ) »

2012年8月27日 (月)

WEC:アウディ、WEC第4戦に勝利して、はやくも世界チャンピオンを獲得

(C)AUDI AG. 拡大します

2012/08/27
【WEC第4戦:シルバーストーン(イギリス)】

•マルセル ファスラー / アンドレ ロッテラー / ブノワ トレルイエ組が2度目の総合優勝
•トム クリステンセン / アラン マクニッシュは不幸にもパンクに見舞われ、若干の後退
•シーズン終了を待たず、アウディはWECマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得


アウディは、はやくも今シーズンの折り返し地点で偉業を達成しました。FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦で、マルセル ファスラー / アンドレ ロッテラー / ブノワ トレルイエ組が駆る、ハイブリッド技術の搭載されたAudi R18 e-tron quattroの1号車が素晴らしい戦いを繰り広げた結果、総合優勝を獲得しました。ハイブリッド車初の総合優勝獲得という歴史的快挙を遂げたルマン24時間レースでの勝利に続く2度目の総合優勝となりました。

アウディのレースカーはもっとも燃費が良いと言われていますが、これは今回のWEC第4戦を見れば明らかでした。6時間におよぶ戦いの中、マルセル ファスラー / アンドレ ロッテラー / ブノワ トレルイエ組が給油のためにピットインした回数はわずか6回だけでした。これは、トヨタのハイブリッドマシンで出場して2位を獲得したニコラス ラピエール / 中嶋一貴 / アレックス ブルツ組と比べても2回少ない回数です。レース開始から2時間が経とうとする時、他のGTマシンとの接触アクシデントに巻き込まれたトレルイエが、不運にもストップ&ゴーペナルティを喫してしまい、32秒もロスしてしまいました。それにも関わらず、ゴール時には2番手に55秒以上のリードを生みだしていたことで、今回の優勝は非常に価値が高いものと考えています。

今回のレースでは総合優勝だけでなく、アウディにはもうひとつ、WECマニュファクチャラーズチャンピオン獲得という大きな偉業達成がありました。1982年から1984年に掛けての世界ラリー選手権、1995年のFIAツーリングカーワールドカップに続いて、アウディはさらにもうひとつの世界チャンピオンを獲得しました。

その一方、ドライバーによる年間チャンピオン争いは面白い展開となってきています。今回で2度目の優勝を獲得したマルセル ファスラー / アンドレ ロッテラー / ブノワ トレルイエの3人が、今年初めてランキングトップに躍り出たのです。全8戦のうち4戦を終えた現時点で、彼らとランキング2番手のトム クリステンセン / アラン マクニッシュとのポイント差はわずかに4.5ポイントしかありません。

そのトム クリステンセン / アラン マクニッシュ組は、今回のレースでは不運に見舞われてしまいました。2人が駆ったAudi R18 ultraが予定外のピットストップを余儀なくされ総合3位となりました。クリステンセンからマクニッシュに交代して走り出してからわずか数周後、右リアタイヤにスローパンクチャーが起きてしまい、タイヤ交換のためにピットストップを行ったのです。この結果、従来型V6 TDIエンジン搭載の彼らのマシンは、レース序盤に先頭集団に1ラップの差を与えてしまい、その後もハイブリッドマシン同士で戦われていたトップ争いに食い込むことが出来ませんでした。しかし、レース終了時点では2位のトヨタにわずか19秒差というところまで追い上げ続けていました。

次回のWEC第5戦は、わずか3週間後に開催されます。次戦では地元出身のドライバー、ルーカス ディ グラッシがトム クリステンセン / アラン マクニッシュ組に加わって闘います。

【WEC第4戦:シルバーストーンの結果】
1. ファスラー / ロッテラー / トレルイエ
(Audi R18 TDI e-tron quattro) 194Laps
2. ブルツ / ラピエール / 中嶋
(Toyota TS030 – Hybrid) + 55.675s
3. クリステンセン / マクニッシュ
(Audi R18 ultra) +1′14.427s
4. ベリッチ / プリマ
(Lola B12/60 Coupe-Toyota) – 5 Laps

|

« WEC:トヨタ・レーシングとTS030 HYBRID WEC第4戦シルバーストーンで僅差の2位入賞! 次戦ブラジルでの優勝争いへと確かな手応え | トップページ | INDY:ダリオ・フランキッティが6番手から3位フィニッシュで表彰台へ (ホンダ) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:アウディ、WEC第4戦に勝利して、はやくも世界チャンピオンを獲得:

« WEC:トヨタ・レーシングとTS030 HYBRID WEC第4戦シルバーストーンで僅差の2位入賞! 次戦ブラジルでの優勝争いへと確かな手応え | トップページ | INDY:ダリオ・フランキッティが6番手から3位フィニッシュで表彰台へ (ホンダ) »