« NASCAR:Rd.27シカゴランド 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.5サンパウロ レース結果 »

2012年9月16日 (日)

INDY:ルーキーのジョセフ・ニューガーデンが高速オーバルで予選4番手を獲得 (ホンダ)

Hondaracing

September 14 2012, QUALIFYING
Auto Club Speedway

佐藤琢磨は16番手から今シーズン最終戦に挑む

2012年9月14日(金)・予選  
会場:フォンタナ・オートクラブスピードウェイ  
天候:快晴  
気温:39℃

2012年のIZODインディカー・シリーズは、早いもので最終戦を迎えました。シーズンの最後を飾るレースが行われるのは、カリフォルニア州フォンタナのフォンタナ・オートクラブスピードウェイです。05年以来となるインディカー・レースを開催するこのコースは、全長2マイルのスーパースピードウェイ。コーナーには14度、グランドスタンド前の湾曲した部分も11度のバンクとなっており、サイド・バイ・サイドが多いエキサイティングなバトルが見られるものと期待されています。

フォンタナ・オートクラブスピードウェイは2日間のイベントで、金曜日の午前中にプラクティスを90分間行ったあと、午後に予選が開催されました。朝から照りつけ続けた南カリフォルニアの強い日差しのもと、気温が39℃にまで上がった暑さの中で予選は行われました。

クジ引きで決まった順番で1台ずつが2周の連続アタックを行うインディカー独特の予選では、Hondaエンジン搭載で戦うルーキー、ジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)がキャリアベストの予選結果となる4番手を手に入れました。テネシー州出身、アメリカのファンが大きな期待を寄せる若手ドライバーのこれまでの予選での自己ベストは7番手(ロングビーチ、インディアナポリス、ミルウォーキーの3回)でした。第13戦ソノマで他車と接触、手の指を骨折して第14戦ボルチモアを欠場したニューガーデンですが、フォンタナの超高速オーバルでは2周合計のラップタイム1分06秒6918、平均時速215.919マイルというすばらしい数字をマークしました。

また、予選5番手にはスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)がつけ、6番手はアレックス・タグリアーニ(Barracuda Racing)が獲得しました。

ホンダモータースポーツリリース

佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)はIZODインディカー・シリーズ参戦3年目ですが、フォンタナ・オートクラブスピードウェイでのレースは今回が初めてです。予選日のプラクティスで多くの周回を重ね、データを多く収集する計画だった佐藤陣営でしたが、フルコースコーションが多く出され、彼らが予定していただけの走り込みは行えませんでした。それでも、限られたデータを活用して予選用セッティングを完成させ、佐藤はプラクティス時から大幅にスピードアップを果たし、予選結果は16番手となりました。500マイルの長いレースを戦い抜くために、マシン作りはいい方向に向かっています。

コメント
ジョセフ・ニューガーデン(4番手)

「今日の予選ではずっとスロットル全開で走り続けることができていました。あと少しダウンフォースを少なくしても大丈夫だったかもしれません。しかし、トラブルがあってプラクティスを十分に走れなかった私たちとしては、そこまで攻撃的に予選を戦うことは難しかったです。今日のように気温の高いコースコンディションでマシンがどうなるかに確信が持てなかったため、あまり大きなリスクを冒すべきではないと考えました。『予選でポールポジションを獲得できるマシンより、レースで乗りやすく、信頼性があり、スタートからゴールまで安定した走りができるマシンが必要』と、チームと話をしてカリフォルニアにやって来ました。マシンをそういうものに仕上げられるよう全力を投入しています。いいマシンとして多くの周回数をこなせるマシンにできれば、上位を走り、上位で戦い続けることができると思います」

佐藤琢磨(16番手)
「朝のプラクティスは少々フラストレーションのたまるものになりました。たくさん走って多くのセッティングを試したかったのですが、あまり走ることができませんでした。8月のテストでやり残したこともあったというのにです。そうした状況で、私たちは持っているデータを総合して予選に臨みました。そして、予選で自分たちが到達したスピードには満足しています。私たちにとってのフォンタナでのベストのスピードを出すことができました。それは8月のテスト、そして今日のプラクティスを通じて一番速いものでした。今日の走行コンディションは決して簡単なものではありませんでした。とても高い気温と路面温度で、路面のグリップは全体的に低かったと思います。マシンのバランスについても、まずまずハッピーなものになっていて、だからこそ思いきったアタックを行うことができました。夕方のファイナルプラクティスでは、また多くの仕事をこなす必要があります」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・ディレクター
「非常に暑い中での予選で、ルーキーのジョセフ・ニューガーデンが見事な走りを見せてくれました。彼らは無線でドライバーに無理をしないよう話しかけ、セッティング面でもマージンを持たせて予選を戦っていました。結果は4番手となりましたが、彼らはもっと速く走れる力を備えているということです。レースでの活躍にもおおいに期待が持てます。予選5番手となったスコット・ディクソンのパフォーマンスもとてもよかったと思います。明日のレースは夕方のスタートで、500マイルの長距離で争われます。そのコンディションで、Hondaエンジンは最高の力を発揮してくれるものと思います」

予選
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム
1 26 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー 01:06.6455
2 2 R.ブリスコー Team Penske シボレー 01:06.6487
3 12 W.パワー Team Penske シボレー 01:06.6851
4 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda 01:06.6918
5 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda 01:06.8553
6 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing Honda 01:06.9065
7 11 T.カナーン KV Racing Technology シボレー 01:07.0151
8 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing シボレー 01:07.0549
9 20 E.カーペンター Ed Carpenter Racing シボレー 01:07.0753
10 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー 01:07.1615
11 38 グレアム・レイホール Chip Ganassi Racing Honda 01:07.2851
12 27 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport シボレー 01:07.3760
 
15 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda 01:07.5164
16 15 佐藤琢磨 Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 01:07.5354
19 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda 01:07.9247
20 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda 01:08.0751
23 14 ウェイド・カニンガム A.J. Foyt Racing Honda 01:08.7265
24 19 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing Honda 01:09.2120
25 18 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda -

|

« NASCAR:Rd.27シカゴランド 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.5サンパウロ レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/55670043

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ルーキーのジョセフ・ニューガーデンが高速オーバルで予選4番手を獲得 (ホンダ):

« NASCAR:Rd.27シカゴランド 予選結果 | トップページ | WEC:Rd.5サンパウロ レース結果 »