« WEC:Rd.6バーレーン フリー走行1&2回目結果 | トップページ | WEC:佐藤琢磨選手・中野信治選手 緊急参戦について (富士スピードウェイ) »

2012年9月29日 (土)

WEC:佐藤 琢磨、中野 信治、富士6時間レースへの出場が決定

佐藤 琢磨 (C)OAK Racing 拡大します

9月28日、世界耐久選手権(WEC)に参戦中のOAKレーシングは、10月に行われるWEC第7戦富士と最終戦の上海ラウンドに、インディカードライバーの佐藤 琢磨を起用することを発表した。

マシンはOAKペスカルロにHPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)のAR6 LMV8エンジンを積んだもので、OAKレーシングにとってもLMP1クラスへのカムバックとなる。カーナンバーは15をつけ、チームのレギュラードライバー、ベルトラン ・ バゲットとドミニク・クライハマーとともに戦うことになる。佐藤は今週27日と28日にマニクールでこのマシンの初テストを行っている。

佐藤琢磨:「OAKレーシングとともにレースをすることに本当に興奮しているし、モチュベーションも高まっている。わたしのレースでのキャリアはすべてシングルシーターでのものだったが、LMP1マシンは明らかに異なるものだと感じている。マシンの第一印象が非常に優れていること、この全く新しい経験に感激している。チーム代表のセバスチャン・フィリップはわたしが日本でレースをしていた頃から知っている。彼と再び大きな仕事を成し遂げて、チームに自信をつけたいと思っている」

中野 信治 (C)WEC 拡大します

また、F1やインディカー、ルマン24時間レースで経験豊富な中野 信治も、ADRデルタ・ニッサンからWECのラスト2ラウンドのLMP2クラスへの出場が決まった。コンビを組むのはジョン・マーチン(オーストラリア)、トール・グラベス(タイ)。

チーム監督のアラン・ドッキング「信治はとても経験豊富なドライバーであり、F1やインディカーでも素晴らしいドライブをしてきた。彼はまたスポーツプロトタイプで良い記録を持っており、われわれは彼とともに仕事が出来ることを非常に楽しみにしている」

|

« WEC:Rd.6バーレーン フリー走行1&2回目結果 | トップページ | WEC:佐藤琢磨選手・中野信治選手 緊急参戦について (富士スピードウェイ) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:佐藤 琢磨、中野 信治、富士6時間レースへの出場が決定:

« WEC:Rd.6バーレーン フリー走行1&2回目結果 | トップページ | WEC:佐藤琢磨選手・中野信治選手 緊急参戦について (富士スピードウェイ) »