« DAKAR:2013年ダカールラリーがリマをスタート 最初のSSで2号車が排気量10リットル未満クラストップを記録 (日野自動車) | トップページ | DAKAR:2013/01/05 第1ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »

2013年1月 6日 (日)

DAKAR:最初のSSを市販車部門ワン・ツーで終了。6日はループ状コースで本格的競技がはじまる。 (TLC)

2013年ダカールラリーがリマをスタート

2_3 (C)TLC

 2013ダカールラリーは5日、ペルーの首都リマでスタートセレモニーを行い、15日間の競技が始まった。今大会は2009年にダカールラリーが南米に舞台を移して以来初めてリマをスタート、チリ~アルゼンチンを経由して20日にチリの首都サンチャゴにゴールするルートを採る。この日スタートを切ったのは2輪183台、4輪バギー(クアド)38台、4輪153台、カミオン(トラック)75台の合計449台。参加者の国籍は53か国におよぶ。これはオリンピックに次ぐ多さで現在のダカールラリーの盛況ぶりを印象つけている。

 スタート会場になったのはリマ市南東部チョリードス。海岸沿いの公園にポディアムが設置され、大勢の観客が周囲を埋め尽くした。2台のトヨタ・ランドクルーザー200で市販車部門に参戦するTLCは1号車三橋淳/A・ゲネック組が午前10時50分ころ、2号車N・ジボン/三浦昂組も間もなく続いて登壇。日本から応援に駆け付けたトヨタ車体市川専務、片山執行役員、広報室小島室長、森達人監督と握手を交わした選手たちはそれぞれトヨタ車体社員の応援の寄せ書きで埋め尽くされた社旗とチーム旗を掲げ、観客の声援に手を振って応えるとゆっくりとスタートしていった。

 この日の行程はリマ~ピスコ。250㎞離れたピスコの海岸沿いにあるビバーク近くまで移動したあと、13㎞の短い競技区間(SS)が行われた。路面はほとんどが砂地で砂丘越えもあり、足慣らしのステージとなった。

 このSSを1号車は総合57位、市販車部門1位でゴール。2号車も総合58位と2位で続いた。タイム差はごく僅かだが、SSの順位は翌日のSSスタート順となる。スタート順が早い方が有利かどうかはナビゲーションを含めたステージの内容にもよるが、基本的には有利なケースが多い。ピスコを基点とするループ状で行われる6日の競技に向けてビバークではメカニックたちが整備点検に余念がなかった。
本日までの累計順位(第1ステージ終了時点)号車 No ドライバー&ナビゲーター クラス順位 市販車部門順位

総合順位
1号車 341 三橋 淳/アラン・ゲネック 1位 1位 57位
2号車 343 ニコラ・ジボン/三浦 昂 2位 2位 58位

本日のステージ順位(第1ステージ終了時点)号車 No ドライバー&ナビゲーター クラス順位 市販車部門順位 総合順位
1号車 341 三橋 淳/アラン・ゲネック 1位 1位 57位
2号車 343 ニコラ・ジボン/三浦 昂 2位 2位 58位

TEAM VOICE

市川専務
ポディアムに来てみて情熱的な盛り上がりに感銘を受けました。みなさんクルマが好きなんだと思う。こういう場所でスタートできるのは光栄なことですね。大自然が相手だけに予期せぬことも起きるでしょうが、攻めるところは攻め、守るところは守ってしっかりとゴールを目指して欲しい。

片山執行役員
万全の準備をしてきたチームの活躍を期待しています。困難もあるでしょうがみんなで乗り切っていけば結果はおのずとついてくると思います。

森監督
今日はプロローグランのようなものですから順位は全く気にしていません。これから毎日目の前のステージを粛々とこなしていきたいと思います。

三橋ドライバー
SSの最後にフォジがゆっくり走っていたので抜いてしまいました。これがよかったのかどうかは明日にならないと分かりませんが。でも今日スタートして緊張感が出てきました。

アランナビゲーター
今日のステージは短すぎましたね。明日は軽量な2輪駆動バギーの後からスタートしなければ。スタートや沿道の観客は予想したより少な目でした。

ジボンドライバー
なにしろ短いSSなので集中して大事に走りました。タイム差はないに等しいですが、翌日のSSスタート順が掛かっているので順位は重要です。明日もこんな砂のようですね。

三浦ナビゲーター
SSがスタートするとき、緊張してドキドキしました。もちろんファラオを走っているので、始まってからは落ち着いて出来ましたが新鮮な印象です。

トヨタオートボディ・プレスリリース

|

« DAKAR:2013年ダカールラリーがリマをスタート 最初のSSで2号車が排気量10リットル未満クラストップを記録 (日野自動車) | トップページ | DAKAR:2013/01/05 第1ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:最初のSSを市販車部門ワン・ツーで終了。6日はループ状コースで本格的競技がはじまる。 (TLC):

« DAKAR:2013年ダカールラリーがリマをスタート 最初のSSで2号車が排気量10リットル未満クラストップを記録 (日野自動車) | トップページ | DAKAR:2013/01/05 第1ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »