« DAKAR:ダカールラリー ステージ4結果 | トップページ | DAKAR:ペルー最後の難関を無事にクリア 2号車が排気量10リットル未満クラス首位のリードを拡大、トラブルから復調した1号車が16台抜きの快走を見せる (日野自動車) »

2013年1月 9日 (水)

DAKAR:難関の砂丘で波乱 (TLC)

5_3市販車部門2位に後退した2号車 (TLC)

 8日はペルーの砂漠4連戦の最終日。ナスカ~アレキパ間で288㎞の競技が行われた。南米らしい標高2000m超から0m近くまでアップダウンの激しい砂丘はこれまでの4日間で最も難易度が高く、多くの選手がスタックで遅れるなど波乱の一日となった。

 トヨタ・ランドクルーザー200で市販車部門に参戦しているTLCは2台が互いにフォローしながら序盤の難しい砂丘地帯を進行。だが、同部門のライバルであるX・フォジ/I・サンタマリア組(トヨタ・ランドクルーザープラド)に先行されたため、それぞれが単独でゴールを目指す作戦に変更した。その後2号車N・ジボン/三浦昂組は総合46位、同部門3位でゴールしたが、1号車三橋淳/A・ゲネック組はスタックを喫して遅れ、総合72位・部門6位でこのステージを終えることとなった。

 この結果、2号車はこの日のSSを市販車部門1位で終えたX・フォジ組に累積順位で僅か3分42秒差ながら逆転を許し、総合33位・市販車部門2位に後退。また、1号車はフォジから1時間22分56秒差の総合44位・部門4位となった。

 SSゴールからアレキパまでには429㎞の移動区間があり、ラリー車がビバークに到着したのは2号車が午後9時半ごろ、1号車は10時頃であった。標高2000mほどの山間部にあるビバークは夕方からぐっと気温が冷え込み小雨が降る不順な天候。ラリー車が到着するとメカニックたちはさっそく整備に取り掛かった。

 9日はアレキパ周辺でペルーでの最終競技を行ったあと、国境を越えてチリのアリカへ向かう。

本日までの累計順位(第4ステージ終了時点)号車 No ドライバー&ナビゲーター クラス順位 市販車部門順位 総合順位
1号車 341  三橋 淳/アラン・ゲネック 4位 4位 44位
2号車 343 ニコラ・ジボン/三浦 昂 2位 2位 33位

本日のステージ順位(第4ステージ終了時点)号車 No ドライバー&ナビゲーター クラス順位 市販車部門順位 総合順位
1号車 341  三橋 淳/アラン・ゲネック 6位 6位 72位
2号車 343 ニコラ・ジボン/三浦 昂 3位 3位 46位

森達人監督
今日は厳しい1日になると聞いていたのでこうなることは想定していました。大きなロスになりましたが、ダカールが簡単に行くわけもないのでここからが本当の勝負になると思います。厳しいコースを抜けてきた選手には今日はしっかり休んでまた切り替えて明日から頑張って欲しいと思います。

三橋ドライバー
今日はバッドラックな一日。他のクルマが突然砂丘の上から降ってきてスタックしたり、目の前でトラックにスタックされたりと、決してミスをしているわけではないのにタイムロスが多かった。最後はクラッチが切れにくくなるなど色々ありすぎました。

アランナビゲーター
ナビゲーションとしては難しくなかった。でもスタックが多かったですね。何回もシャベルで掘ったり、ジャッキを掛けたり板を敷いたり…。大変な一日でした。

ジボンドライバー
本当に多くのことがありましたが、パンクもしなかったし、ライバルとのタイム差もわずか。明日から改めて競技に集中します。

三浦ナビゲーター
長かった。とくに最初の50㎞の砂丘がすごかったです。こんなに大変とは思いませんでした。でもフォジに抜かれたといっても数分差ですし、全くあせってはいません。

トヨタオートボディ・プレスリリース

|

« DAKAR:ダカールラリー ステージ4結果 | トップページ | DAKAR:ペルー最後の難関を無事にクリア 2号車が排気量10リットル未満クラス首位のリードを拡大、トラブルから復調した1号車が16台抜きの快走を見せる (日野自動車) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:難関の砂丘で波乱 (TLC):

« DAKAR:ダカールラリー ステージ4結果 | トップページ | DAKAR:ペルー最後の難関を無事にクリア 2号車が排気量10リットル未満クラス首位のリードを拡大、トラブルから復調した1号車が16台抜きの快走を見せる (日野自動車) »