« DAKAR:2号車がフォジ組まで17分差に迫る (TLC) | トップページ | DAKAR:2013/01/18 第13ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »

2013年1月20日 (日)

DAKAR:ダカールラリー2013 レースレポート「第13ステージ」 (日野自動車)

最後の難所をしっかりクリア
2号車はSS総合28位
1号車も得意の砂丘で本領を発揮

20130119_3 バーストしたタイヤと菅原照仁 (C)Hino Motors, Ltd

 18日はチリのコピアポ~セレナ間で実質的な最終となる競技を行った。SS距離は441kmだが途中に舗装路を行く61kmのニュートラルゾーンがあり、これを境とする前半部分はコピアポ周辺の砂丘群、後半は海岸寄りの丘陵が舞台となる。翌19日も346kmの競技が予定されているが、3分の2以上を舗装路のニュートラルゾーンが占め、実質の競技区間は前半111km+後半数kmのみ。路面も差がつきにくいグラベル路だけに競争による順位変動は難しそうだ。

 2台の日野レンジャー(輸出名 HINO 500 Series)でトラック部門に参戦している日野チームスガワラはこの日も堅実な走行を見せた。2号車菅原照仁/杉浦博之組はSSスタート直後の標高2800mまで上がる丘越えを苦労しながらもクリア。その後砂丘地帯を無難にこなしたが、前半部分のゴール手前30kmで左後輪をパンクし、交換に30分を要した。その後後半部分も着実に走り切った結果、総合28位・排気量10リットル未満2位でゴール。この日までの累計順位は総合19位とやや後退する結果となったが、排気量10リットル未満クラストップのリードは堅持している。

 また、1号車菅原義正/羽村勝美組もベテランらしい落ち着いた走りで健闘。電子制御化されたエンジンの優れたトルク特性によって砂丘でのギアのつながりも良く、ノースタックでアタカマ砂漠の難関をクリアした。SSを総合39位・クラス5位で終了した1号車の累計順位は総合30位・クラス3位に浮上した。

 この日はSSスタートが午後1時頃と遅く、終了後にも204kmの移動区間があるため、ラ・セレナへの到着は遅れており、現地時間12時時点では2号車は到着したが1号車は未着。ビバークでは日野メカニックたちが最後の点検整備を行っている。19日はいよいよサンチャゴへ到着する。

日野自動車プレスリリース

菅原照仁/今日は砂の登りがきつくて一度で登れないところが何か所かありました。パンクのロスは30分くらい。長くて疲れる一日でした。

杉浦博之/序盤で2~3kmのミスコースをして、そのあと後続車がつながってしまったので、流れが悪くなったかと、悔しい気持ちです。最後の明日、頑張ります。

※順位はレポート執筆後に更新(修正)されることがありますので、ご了承ください。

|

« DAKAR:2号車がフォジ組まで17分差に迫る (TLC) | トップページ | DAKAR:2013/01/18 第13ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:ダカールラリー2013 レースレポート「第13ステージ」 (日野自動車):

« DAKAR:2号車がフォジ組まで17分差に迫る (TLC) | トップページ | DAKAR:2013/01/18 第13ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »