« DAKAR:ダカールラリー ステージ5結果 | トップページ | DAKAR:2013/01/09 第5ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »

2013年1月10日 (木)

DAKAR:ダカールラリー2013 レースレポート「第5ステージ」 (日野自動車)

20130110_11号車(菅原義正/羽村勝美) (C)Hino Motors, Ltd

ダカールラリー2013がチリへ入国
最後のペルーステージを慎重に走破
2号車が排気量10リットル未満クラスのリードを拡大する

2013年01月10日

  9日の行程はアレキパ~アリカ。ラリーはペルーを離れ、チリに入国した。ダカールラリー2013もこの日で5日目。8日までの砂丘ステージの連続ですでに60台近くの競技者が戦列を去ったが、トラック部門のリタイアはわずか3台と同部門の競技レベルが向上傾向にあることを感じさせる。

 この日はアレキパのビバークから284kmの移動区間(リエゾン)でチリ国境近くまで移動したあと172kmの競技区間(SS)を実施。再び53kmのリエゾンで国境を越え、海岸沿いにあるアリカのビバークに至るというもの。SSは8日までのような砂丘中心ではなく、枯れ川の底や山越えのワインディングなど堅い路面が中心。なお、2輪部門は全く別のルートが設定された。

 日野チームスガワラの2台の日野レンジャーはこの日も堅実に走行。菅原照仁/杉浦博之組の2号車は中型車としては速いペースで走行。この結果総合24位・排気量10リットル未満クラス2位でゴールし、この日までの累計順位はトラック部門総合20位に浮上。クラス1位の座を堅持した。また、菅原義正/鈴木誠一組の1号車は埃の酷い中でリスクを避けたペースでSSを走り終えて総合42位・クラス5位。この結果、累計順位は総合32位・クラス5位となった。10日はカラマへ向けて455kmの競技区間を予定している。このあとの2日間はアンデスを越えてアルゼンチンへ向かうため、高い標高が参加者を苦しめそうだ。

菅原義正/今日のSSは埃が酷く、トラックには狭いところも多かったので、あえてリスクを避けるべく抑えたペースで確実に走りました。もちろんトラブルなどはありません。
菅原照仁/こんなところでどうして競技を?というような酷いルートでした。枯れ川の底やワインディング、最後にはちょっと砂丘もありましたが、狭いし埃は酷いしでつまらなかったです。

杉浦博之/ナビゲーションはノーミス、もちろんパンクなどもなく、順調な一日でした。明日はイキケ周辺の砂漠がSSの舞台になるようですね。

鈴木誠一/今晩2号車はドライバーの要望でフロントのサスペンションにリーフ増しを施してハイトを若干アップさせます。1号車はオイル交換くらいでどちらも順調です。

※順位はレポート執筆後に更新(修正)されることがありますので、ご了承ください。

日野自動車プレスリリース

|

« DAKAR:ダカールラリー ステージ5結果 | トップページ | DAKAR:2013/01/09 第5ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:ダカールラリー2013 レースレポート「第5ステージ」 (日野自動車):

« DAKAR:ダカールラリー ステージ5結果 | トップページ | DAKAR:2013/01/09 第5ステージ サマリー (パリダカ日本事務局) »