« 24hours:ドバイ24時間レース結果 | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2013 レースレポート「第8ステージ」 (日野自動車) »

2013年1月14日 (月)

雨による路面状況不良のためSSを途中キャンセル、アルゼンチンのトゥクマンに到着して前半戦を終了 (TLC)

9_1CP2を43番手で通過した2号車 (C)TLC

 12日、ダカールラリー2013はアルゼンチンのトゥクマンに到着し、前半戦の競技を終了した。この日の行程はサルタ~トゥクマン。競技区間(SS)は途中に133㎞の移動区間を挟んだ前後2パートで構成される471㎞を予定していたが、天候不良のため11日夜の時点で前半部分はキャンセルされ、後半部分の183㎞のみで競技を開始した。しかし、雨の影響で路面は一部で泥濘化。とりわけゴール地点周辺には車両が渡れないような深い川が出現し、主催者は午後4時24分に86㎞地点のチェックポイント(CP)2までで競技の中止を決定した。これに伴い同SSの順位は4時24分までにゴールした4台の車両にはゴールしたタイム、それ以下のCP2通過車両にはゴールした車両のうち最下位のタイム(4位のS・ペテランセルの2時間07分21秒)が一律で課せられることになった。

 トヨタ・ランドクルーザー200で市販車部門に参戦しているTLCの2号車ニコラ・ジボン/三浦昂組はこの日も健闘を見せ、43位でCP2を通過。52番手で通過した市販車部門首位のX・フォジ/I・サンタマリア組トヨタ・ランドクルーザープラドに対し、この時点で3分31秒のタイム短縮を果たしていたが、上記の裁定により両者のタイム差はつかないことになった。

 2号車はCP2を20㎞ほど過ぎたところで乾いた川底を走行中、前方から大量の水が流れてきたため退避。着陸したヘリコプターのオフィシャルからSSの中止を知らされ、CP2へ引き返したあと舗装路でビバークへと向かった。また、1号車三橋淳/アラン・ゲネック組も同じく枯れ川で水に遭遇し、前方から戻ってきた多くの車両とともにルートから脱出。午後9時半すぎに無事トゥクマンに到着した。

トヨタオートボディ・プレスリリース

本日までの累計順位(第8ステージ終了時点)号車 No ドライバー&ナビゲーター クラス順位 市販車部門順位 総合順位
1号車 341  三橋 淳/アラン・ゲネック - - 46位
2号車 343 ニコラ・ジボン/三浦 昂 3位 3位 34位

本日のステージ順位(第8ステージ終了時点)※SS区間省略により順位未定
号車 No ドライバー&ナビゲーター クラス順位 市販車部門順位 総合順位
1号車 341 三橋 淳/アラン・ゲネック - - -
2号車 343 ニコラ・ジボン/三浦 昂 - - -

森監督
今日は初めからコースが短縮され、なかなか差をつめるのは難しいと思っていましたが、こういう結果となりました。3分ほど損をしたことになりますがこれもダカールだと思って受け入れて中間日の1日で気持ちを切り替えて後半戦に臨みたいと思います。

三橋ドライバー 
CP2の先までは乾いていたんですが、砂地の砂が重かった。その後水が出たところでは何台も埋まっていました。色々なことがありますね。

アランナビゲーター
今日のSSは乾いた川底や砂地をオフピストで走るものでした。CP2の先で見る見るうちに水が増してきて、前から戻ってきた車両にSSの中止を聞かされました。

ジボンドライバー
今日はタイムを詰められると思っていたのに、残念でした。残りのステージ数が減ってくるとフォジ組を逆転するのが難しくなってしまう。悔しい結果です。

三浦ナビゲーター
本当は最後まで走ってフォジ組とのタイム差を少しでも詰めたかった。二コラのドライビングも良い感じだったので、本当に残念です。

|

« 24hours:ドバイ24時間レース結果 | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2013 レースレポート「第8ステージ」 (日野自動車) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨による路面状況不良のためSSを途中キャンセル、アルゼンチンのトゥクマンに到着して前半戦を終了 (TLC):

« 24hours:ドバイ24時間レース結果 | トップページ | DAKAR:ダカールラリー2013 レースレポート「第8ステージ」 (日野自動車) »