« DTM:アウディA5 DTM、モスクワ赤の広場でお披露目 | トップページ | NASCAR:Rd.1デイトナ・スケジュール/エントリーリスト (リスト追加) »

2013年2月 8日 (金)

WTCC,INDY,ALMS:ホンダ2013年モータースポーツ活動を発表(海外編)

2013年Hondaモータースポーツ活動の概要 (四輪海外編抜粋)

  Hondaは、2013年のモータースポーツ活動の概要として、「モータースポーツ参戦体制」と「モータースポーツ普及活動」について、以下の通り発表しました。

  Hondaは、創業当時から世界の頂点を目指し、モータースポーツ活動を行ってきました。現在、全世界で二輪・四輪をあわせて100以上のカテゴリーに参戦もしくはサポートを行い、Hondaのモータースポーツ活動の象徴である「チャレンジングスピリット」は各地域に根付いています。今後もHondaらしく成長し、世界中のお客様の期待に応え、喜びの拡大に努めるべく、モータースポーツ活動をグローバルに展開し、強化します。

《四輪参戦体制概要》

◆FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)
(C)Motorsports Forum & WTCC 拡大します

Hondaは、昨年10月の日本ラウンドから参戦を開始したFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に、今年はワークスチームの「Honda Racing Team JAS」より、2台体制でフル参戦をします。参戦マシン「Honda Civic WTCC」は、(株)本田技術研究所(栃木県芳賀町)でレース専用に開発された直列4気筒1.6L直噴ガソリンターボエンジン「HR-412E」を搭載し、イタリア・ミラノ市郊外にあるJ.A.S. モータースポーツのファクトリーで、欧州専用シビックをベースにWTCC用レース車両として開発しました。今シーズンは、ティアゴ・モンテイロとガブリエーレ・タルクィーニの2名を起用し、ドライバーズタイトル、マニュファクチャラーズタイトルを目指します。また、ハンガリーのプライベートチーム「ゼングー・モータースポーツ」へマシンを供給します。

チーム名 ナンバー ドライバー 年齢 出身地 2012年の戦績
ホンダ・レーシング・チーム・ヤス ※8 ティアゴ・モンテイロ 36 ポルトガル WTCC 9位
(Honda Racing Team JAS) (Tiago Monteiro)
※8 ガブリエーレ・タルクィーニ 50 イタリア WTCC 4位
(Gabriele Tarquini)
ゼングー・モータースポーツ ※8 ノルベルト・ミケリス 28 ハンガリー WTCC 6位
(Norbert Michelisz)
※8 詳細は決定次第ご案内します

◆インディカー・シリーズ
  インディカー・シリーズは、アメリカン・ホンダ・モーターの子会社であるホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)が7チーム11台に2.2L V6ターボエンジン「HI13RT」を供給し、エンジンマニュファクチャラーズタイトルを目指します。
  インディカー・シリーズに参戦する日本人ドライバー佐藤琢磨は、「A. J. フォイト・レーシング」に移籍し、4年目のシーズンを迎えます。

チーム名 ナンバー ドライバー 年齢 出身地 2012年の戦績
A. J. フォイト・レーシング 14 佐藤 琢磨 36 東京都 インディカー・
(A. J. Foyt Racing) (Takuma Sato) シリーズ 14位

◆アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)、FIA世界耐久選手権(WEC)
  今年のALMSのLMP1※10クラスにおいては、HPDが開発した「ARX-03c」シャシーと3.4L V8エンジンである「LM-V8」を「マッスルミルク ピケット レーシング」に供給し、参戦をサポートします。またル・マン24時間耐久レースのLMP1クラスでは「ストラッカ・レーシング」と「ジェイアールエム・レーシング」に「ARX-03c」シャシーと「LM-V8」エンジンを、LMP2クラスでは「レベル5モータースポーツ」に「ARX-03b」シャシーと2.8L V6ツインターボエンジン「HR 28TT V6」を供給します。「ストラッカ・レーシング」はFIA世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスにも参戦します。欧州ル・マンシリーズのLMP2クラスでは、「ARX-03b」シャシーと「HR 28TT V6」を「ノーススター・モータースポーツ」に供給します。

※10  LMPとは、Le Mans Prototypeの略でル・マン・シリーズ(アメリカン・ル・マン・シリーズを含む)においてレース専用に開発された車両のカテゴリー名称。ル・マン・シリーズでは、車両規定の違いにより、LMP1、LMP2クラスに分かれます(アメリカン・ル・マン・シリーズは、2010年よりLMPクラスに統合して開催)

* リリース原文はこちら

【四輪モータースポーツ活動】
  Hondaは、昨年10月の日本ラウンドから参戦を開始したFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)に、ワークスチームの「Honda Racing Team JAS」より2台体制でフル参戦します。欧州シビック(5ドア)をベースとしたマシンの戦闘力をさらに高め、ドライバーは昨シーズンのマカオラウンドで3位表彰台を獲得したティアゴ・モンテイロに加え、新たにガブリエーレ・タルクィーニを起用し、ドライバーズタイトル、マニュファクチャラーズタイトルの獲得を目指します。また、プライベートチームにもマシンを供給し、このカテゴリーを活性化していきます。
  SUPER GTシリーズGT500クラスでは、「HSV-010 GT」をさらに進化させ、5チーム5台体制で、ドライバーとチームのダブルタイトル奪還に挑みます。GT300クラスでは、レーシングハイブリッドシステム搭載の「CR-Z GT」を、今年は2つのプライベートチームに供給し参戦活動をサポートします。また、GT500クラスについては、2014年より「NSXコンセプト」をベースとしたSUPER GTレース車両での参戦を予定しています。
  フォーミュラ・ニッポンから名称変更した全日本選手権スーパーフォーミュラ シリーズでは、戦闘力を高めた3.4L V8エンジン「HR12E」を4チーム8台に供給し、ドライバーとチームのダブルタイトル獲得を目指します。
  北米最高峰のオープンホイール・レースであるインディカー・シリーズには、2.2L V6ターボエンジン「HI13RT」を7チーム11台に供給し、エンジンマニュファクチャラーズタイトルの獲得を目指します。また、シリーズ4年目の挑戦となる佐藤琢磨が「A. J. フォイト・レーシング」よりフル参戦します。なお、佐藤琢磨は全日本選手権スーパーフォーミュラ シリーズにも、開幕戦をはじめ、数戦にスポット参戦する予定です。

|

« DTM:アウディA5 DTM、モスクワ赤の広場でお披露目 | トップページ | NASCAR:Rd.1デイトナ・スケジュール/エントリーリスト (リスト追加) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/56722066

この記事へのトラックバック一覧です: WTCC,INDY,ALMS:ホンダ2013年モータースポーツ活動を発表(海外編):

« DTM:アウディA5 DTM、モスクワ赤の広場でお披露目 | トップページ | NASCAR:Rd.1デイトナ・スケジュール/エントリーリスト (リスト追加) »