« DTM:バルセロナテストタイム (3月26-27日) | トップページ | DTM:バルセロナテストタイム (3月28日) »

2013年3月29日 (金)

ポルシェ911 RSR:50年に渡って続く一貫した軽量設計

プレスインフォメーション 2013年3月29日

2013 Porsche 911 RSR(C)Porsche Japan KK. 拡大します

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)が開発したニュー911 RSRは、世界耐久選手権(WEC)とル・マン24時間耐久レースを戦うための新しいGTレーシングマシンです。

ニュー911 RSRの特徴は、一貫した軽量設計と洗練されたエアロダイナミクスです。その類を見ないスタイリングを彩るのは、特別な記念すべき年を祝うための2つの数字です。車両を上から見ると、ポルシェ911の生誕50周年を表す「50」と「911」の数字が目に留まります。911 RSRは、ワークスチームであるポルシェAGチームマンタイ専用のマシンで、2013年シーズンの世界耐久選手権(WEC)とル・マン24時間耐久レースのLM-GTE Proクラスに参戦します。

ニュー911 RSRは、スポーツカーのアイコンである911の第7世代をベースにしており、先代モデルである911 GT3 RSRの成功を引き継ぎます。市販モデルと同じく、ホイールベースは約100mm延長され、フロントサスペンションには従来のマクファーソンストラット式に替えて、新たにウィッシュボーン式を採用しています。ポルシェ モータースポーツが開発したもうひとつの特徴が極めて軽量なレース用トランスミッションで、6段ギアの変速には、ステアリングホイールに備わるパドルを使います。最高出力460PSを発生する4.0リッター水平対向6気筒エンジンは、先代モデルのエンジンをベースにしながら細部にわたり最適化されています。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

(C)Porsche Japan KK. 拡大します

ニュー911 RSRの開発において重要視されたのが、前後重量配分をより均等なものにすることでした。重心位置も、先代モデルと比べて大幅に下げられています。ニュー911 RSRではカーボンファイバーが多く使用されています。前後のフェンダー、フロントフード、エンジンフード、ドア、アンダーボディ、ホイールアーチ、リアスポイラー、ダッシュボード、およびセンターコンソールは非常に軽量で丈夫なこの素材で作られています。さらに、全てのウインドウは、極めて薄くて軽いポリカーボネート製です。市販車の各GTモデルに採用されたリチウムイオンバッテリーも軽量化に貢献しています。

外観で特に目を引くのが、よりワイドになったフェンダーと深くえぐられた冷却用フロントエアインテークです。エアダクトが一新されたラジエーターは、フロントの中央に置かれ、先代モデルよりも冷却効率を高めています。同時に、コックピットの空調もより効率的になりました。ボディパーツのクイックチェンジコンセプトは、耐久レースのために特別に改良され、整備性をいっそう高めるとともに修理に要する時間を短縮します。フロントエンド、フロントフード、およびリアパネルはクイックリリースシステムによって装着され、数秒以内に交換することが可能です。

ゼッケン92のポルシェ911 RSRで参戦するのが、ポルシェのワークスドライバーであるマルク・リーブ(ドイツ)/リヒャルト・リーツ(オーストリア)組です。彼らは、2012年の世界耐久選手権(WEC)でもコンビを組んでいました。シーズン最初の2戦となるシルバーストーン(4月14日)とスパ(5月4日)、さらにル・マン24時間(6月22日)においては、同じくワークスドライバーのロマン・デュマ(フランス)が加わります。もう1台のゼッケン91の911 RSRを駆るのは、イェルク・ベルクマイスター(ドイツ)/パトリック・ピレ(フランス)です。シルバーストーン、スパ、およびル・マンでは、ティモ・ベルンハルト(ドイツ)が加わり91号車と同様に3名のワークスドライバーでチームを組むことになります。

|

« DTM:バルセロナテストタイム (3月26-27日) | トップページ | DTM:バルセロナテストタイム (3月28日) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルシェ911 RSR:50年に渡って続く一貫した軽量設計:

« DTM:バルセロナテストタイム (3月26-27日) | トップページ | DTM:バルセロナテストタイム (3月28日) »