« WTCC: タルクィーニ選手がレース1で2位フィニッシュ。惜しくも初勝利を逃すも、開幕戦に続き表彰台を獲得 (ホンダ) | トップページ | WEC:Rd.1シルバーストーン・スケジュール/エントリーリスト »

2013年4月 8日 (月)

INDY:スコット・ディクソンが4番手スタートから2位表彰台 佐藤琢磨はトラブルで後退したものの、激しく追い上げて14位フィニッシュ (ホンダ)

April 7 2013, RACE
Honda Indy Grand Prix of Alabama 

In130407001h

2013年4月7日(日)・決勝  
会場:バーバー・モータースポーツパーク  
天候:快晴  
気温:24~25℃

アラバマ州バーミンガム郊外にあるバーバー・モータースポーツパークで開催されるHondaインディ・グランプリ・オブ・アラバマは、4回目を迎えた今年も大盛況でした。晴天にも恵まれて多くのファンが集まったレースでは、Hondaエンジン搭載ダラーラで走るスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)が、4番手スタートから2つポジションを上げて2位フィニッシュし、今シーズン初の表彰台に上がりました。Hondaドライバーたちはチームの作戦にも後押しされてハードなレースを戦い抜き、6人がトップ10でフィニッシュしました。

予選に続いてバーミンガムには朝から快晴が広がり、午後2時40分、26台のインディカーは大歓声を浴びながらスタートを切りました。全長2.38マイル、17のコーナーを持つコースを90周するレースは、フルコースコーションが序盤の4周だけで、ハイスピードで白熱した戦いのままゴールまで一気に突き進みました。

In130407002h

大半のドライバーがピットストップを3度行う作戦でしたが、ソフトとハードの2種類あるタイヤを、それぞれレースのどのタイミングで使用するかはチームの選ぶ作戦によります。ディクソンは予選で少し使ったソフトタイヤを装着してスタートし、3度目のピットストップからゴールまでを新品のソフトタイヤで戦いました。この作戦が功を奏し、彼はレース終盤にハードタイヤで先行するライバル1台をパスし、さらにペースを上げてトップを走るライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)にも迫りました。相手も同じ新品のソフトタイヤを使用していたためにオーバーテイクはなりませんでしたが、ディクソンは0.6363秒差の2位でフィニッシュし、開幕戦の5位に続いて2戦連続のトップ5フィニッシュを達成してシリーズポイント2位につけています。

ホンダモータースポーツリリース

予選5番手だったチャーリー・キンボール(Chip Ganassi Racing)は、レースでも速さを保ち続け、予選より順位を1つ上げて4位でゴールしました。また、昨年度のルーキー・オブ・ザ・イヤーのシモン・パジェノー(Schmidt Hamilton Motorsports)が、予選13番手から6位まで大きくポジションをアップしてフィニッシュ。また、ジャスティン・ウィルソン(Dale Coyne Racing)は、ベテランらしさを発揮して2戦連続トップ10入りとなる8位を手に入れ、ジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)は、予選22番手から大きくジャンプアップする9位でレースを終えました。そして、ルーキーながら予選3番手となったトリスタン・ボーティエ(Schmidt Peterson Motorsports)は、10位でインディカー初完走を達成しました。

In130407005h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は予選12番手からスタートし、序盤にポジションを3つ上げました。決勝用のマシンはとてもいい仕上がりで、速いペースを保ってレース前半を戦っていました。ところが、2度目のピットストップでギアボックスにトラブルが発生し、エンジンをストールさせて23番手まで大きく後退。それでもハイペースの走りを続けて順位をばん回し、14位でゴールして開幕から2戦連続の完走を果たしました。

コメント
スコット・ディクソン(2位)

「今日は追い上げる日でした。スタート直後にウィル・パワーと一緒に大きなファンブルを犯し、4番手スタートだったのに6、7番手までポジションを下げました。その上、序盤に装着したハードタイヤ4本が、なぜかミスマッチになっていたようで、大きなアンダーステアに悩まされました。おかげで最初のピットストップを行う時点までにトップに8秒もの後れを取りました。中盤以降も私のマシンはとても速かったのですが、ピットでチームメートの後ろに引っかかるトラブルがありました。なんとか彼をパスしましたが、結局最後まで追いかけるレースを戦い続けるしかありませんでした。それでも、マシンが優勝できるだけの速さを持っていたことで、今後のレースに向けて大きな自信を得ることができています」

佐藤琢磨(14位)
「レース結果は残念なものとなりましたが、私たちは激しいレースで、いい戦いをゴールまで続けることができたと思います。ピットストップで問題が発生し、ポジションを大きく落としましたが、そこから私たちはばん回し、最後のピットストップは見事なものになっていました。クルーたちはいい仕事をしてくれました。まだいくつかの課題が残されていますから、それらを次のロングビーチまでに解決したいと思います。そして、今日見せたスピードを次のレースでも発揮できることを楽しみにしています」

アート・セントシアー|HPD社長
「セント・ピーターズバーグで私たち全員が落胆を味わったあとだけに、今日のレースでHondaエンジンを使うマシンがトップグループで戦う姿を見られるのはとてもすばらしいことでした。スコット・ディクソンはレース終盤に最も速いマシンを有していましたが、勝利に手を届かせるにはあと数周が必要でしたね。それでも、彼がライアン・ハンターレイに対して見せ続けたアタックには大きな感銘を受けました。チャーリー・キンボールも見事な走りを実現していました。そして、ジョセフ・ニューガーデンが22番手の後方からトップ10まで駆け上がったのも喜ばしいことでした。アラバマ工場の従業員を含めた大勢のHondaサポーターを観客席に見ることもできました。勝利に向けた意識をより強く持ち、私たちは次のレースが行われるロングビーチへと向かいます」

決勝
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差

1 1 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー 1:52:04.5450
2 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda +0.6363
3 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー +17.6821
4 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda +20.6166
5 12 W.パワー Team Penske シボレー +26.6469
6 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda +27.2995
7 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー +27.7175
8 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda +30.5504
9 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda +41.1029
10 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda +50.6449
11 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda +58.0458
14 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda +63.1151
21 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +74.0385
23 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +4Laps
24 18 アナ・ベアトリス Dale Coyne Racing Honda DNF
25 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda DNF

ポイントスタンディング
ドライバー
順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1 H.カストロネベス Team Penske 79
2 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 70
3 R.ハンターレイ Andretti Autosport 66
4 M.アンドレッティ Andretti Autosport 61
5 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 56
6 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 51
7 T.カナーン KV Racing Technology 49
8 W.パワー Team Penske 47
9 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 46
10 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta 44

マニュファクチャラー(エンジン)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 シボレー 18
2 Honda 12

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

|

« WTCC: タルクィーニ選手がレース1で2位フィニッシュ。惜しくも初勝利を逃すも、開幕戦に続き表彰台を獲得 (ホンダ) | トップページ | WEC:Rd.1シルバーストーン・スケジュール/エントリーリスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57131488

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:スコット・ディクソンが4番手スタートから2位表彰台 佐藤琢磨はトラブルで後退したものの、激しく追い上げて14位フィニッシュ (ホンダ):

« WTCC: タルクィーニ選手がレース1で2位フィニッシュ。惜しくも初勝利を逃すも、開幕戦に続き表彰台を獲得 (ホンダ) | トップページ | WEC:Rd.1シルバーストーン・スケジュール/エントリーリスト »