« WEC:Rd.1シルバーストーン・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | WEC:Audi、FIA世界耐久選手権タイトル防衛のシーズン開幕を間近に控える »

2013年4月 8日 (月)

WEC:トヨタ・レーシング WEC開幕戦シルバーストーン6時間へ

2013年4月8日(月)
トヨタ自動車株式会社 モータースポーツ部 

(C)TMG. 拡大します

トヨタ・レーシングは、2013年FIA世界耐久選手権(WEC)のシーズン開幕戦シルバーストーン6時間レース(英)に出場する。2012年シーズン終盤の好調を維持して臨む。

トヨタ・レーシングは昨年、WECにシリーズ全8戦中6戦に出場。そのうちの5戦が1台でのエントリーだったにもかかわらず、終盤の2戦を含む3勝を挙げた。

また、シルバーストーンにおいては、昨年のレースでLMP1クラスのコースレコードをマークしていることもあり、11月30日のバーレーン戦まで全8戦で戦われる今季シーズンの開幕戦には、自信を持って臨む。

シルバーストーンへは2012年仕様の2台のTS030 HYBRIDが持ち込まれ、2013年型車両は来月行われる第2戦スパ6時間レースでデビュー予定。現在も、ドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツ有限会社(TMG)での開発が続けられている。

シルバーストーン6時間レースでは、アレックス・ブルツとニコラス・ラピエールが#7をドライブ。中嶋一貴は昨年チャンピオンを獲得し、タイトル防衛を目指すスーパーフォーミュラ(旧フォーミュラ・ニッポン)が同じ週末に日本で開催されるため、今大会は欠場する。アンソニー・デビッドソンとステファン・サラザン、そしてセバスチャン・ブエミの3名が#8を駆り、昨年6月のル・マン24時間レース以来となるTS030 HYBRIDでの耐久レースに出場する。

トヨタモータースポーツニュース

トヨタ・レーシングは今季も独自のスーパーキャパシタ技術を用いたハイブリッド・パワートレインを採用する。このスーパーキャパシタの急速充放電技術により、加速時に300馬力のブーストが加えられるが、それが昨年の勝利への鍵となった。

シルバーストーンのレースウィークは、12日(金)の2度にわたる90分間の練習走行(12:25~13:55と16:25~17:55/日本時間20:25~21:55、0:25~1:55)で始まり、13日(土)は朝1時間の練習走行(9:00~10:00/日本時間17:00~18:00)を経て12:40(日本時間20:40)から20分間の予選が行われる。この予選では、各車2名のドライバーの最速ラップタイムの合計でスターティンググリッドが決定する。6時間で戦われる決勝レースは14日(日)正午(日本時間20:00)にスタートが切られる。

木下美明 チーム代表:
トヨタ・レーシングにとって初めてのWECフルシーズン参戦を前に、興奮を抑えきれない。昨年は我々にとって、耐久レースの世界へ復帰できた素晴らしいシーズンとなり、その結果にはとても満足している。しかし、もちろん我々は更に高い目標を目指しており、2013年シーズンはアウディのような強力なライバルと戦い、世界チャンピオンを獲得するための真の挑戦となる。2012年仕様のTS030 HYBRIDは、昨年その強さを証明しており、この週末も上位争いができると確信している。好結果を挙げて、完璧なシーズンのスタートを切りたい。

#7 アレックス・ブルツ:
好感触だった何度かの冬期テストの後、ついにレースシーズンを迎えられるのはとても嬉しい。ドライバーとしてテストを行うのはもちろん良いのだが、レースの緊張感に勝るものはなく、レースを戦うのが待ちきれない。昨年はシリーズ終盤の2レースを優勝という好結果で締めくくることが出来、その勢いのままシルバーストーンでも勝利を目指す。もちろん、強力なライバルもおり、簡単なことではないが、一刻も早くレースウィークのリズムを取り戻し、最大のパフォーマンスを発揮したい。

#7 ニコラス・ラピエール:
トヨタ・レーシングの一員として世界タイトルに挑む2年目のシーズンのスタートを切ることとなり、開幕戦を前にして本当に興奮している。昨年は表彰台の頂点に3度も上がることが出来、本当に素晴らしいシーズンだったが、目標は更なる高みにある。今季は強力なチームメイトの#8が共に参戦することで、2台のアウディとのバトルは更にエキサイティングなものになるだろう。昨年も僅差のレースが繰り広げられたが、TS030 HYBRIDがもう一台増えることで、ファンにとっても更に素晴らしいスペクタクルをお見せできると思う。

#8 アンソニー・デビッドソン:
トヨタ・レーシングで再びレースを戦うのが待ちきれない。本当に長かった。テストは順調に進み、個人的にも長いブランクから再びレースに戻れたことを喜んでいる。母国のファンの前でレースを戦うのは2010年以来のことだが、やはり特別だ。2010年には勝利を挙げているが、もちろん今回もその再現を狙っており、最高の形でシーズンスタートを飾りたい。厳しい戦いになると思うが、我々には強力なTS030 HYBRIDがあり、今シーズンへ向けて期待が高まっている。

#8 ステファン・サラザン:
アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミと共に#8でWECのレースを再び戦うこととなり、本当に嬉しい。オフシーズン中、我々はテストプログラムを順調にこなし、シーズン開幕戦へ向けた準備は整ったと感じている。TS030 HYBRIDは昨年のル・マン24時間レースで初めてドライブしたときから印象的であったが、更に改良が進んでおり、その進化を早くレースの現場で試してみたい。TS030 HYBRIDでレースを戦ってからもう10ヶ月も経ってしまったというのが信じられないが、その間も私は他のカテゴリーで多くのレースを戦っており、レースの勘は鈍っていない。再び上位での戦いができるのが楽しみだ。

#8 セバスチャン・ブエミ:
シルバーストーンは私にとって耐久レースの経験を積むために本当に良いチャンスであり、楽しみにしている。ル・マン24時間レースはとても楽しかったので、再びトヨタ・レーシングと共にレースを戦えるのを待ち望んでいた。オフシーズンテストで感覚を取り戻し、今週末のレースへ向けての準備は完全に整った。また、チームも多くの点で進化しており、来るシーズンへ向けさらに強力になっていることを実感している。 

|

« WEC:Rd.1シルバーストーン・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | WEC:Audi、FIA世界耐久選手権タイトル防衛のシーズン開幕を間近に控える »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:トヨタ・レーシング WEC開幕戦シルバーストーン6時間へ:

« WEC:Rd.1シルバーストーン・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | WEC:Audi、FIA世界耐久選手権タイトル防衛のシーズン開幕を間近に控える »