« FIA-F3:Rd.2シルバーストーン レース結果 | トップページ | NASCAR:カイル・ブッシュがテキサスを完全制覇! 2台の“トヨタ カムリ”がレースを支配し1-2フィニッシュ »

2013年4月16日 (火)

WEC:トヨタ・レーシング、2013年シーズンを3位表彰台でスタート

TOYOTA TS030 HYBRID (C)TMG. 拡大します

2013年4月14日(日)

トヨタ・レーシングは2013年FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン 6時間レースで3位に入賞した。

トヨタ・レーシングはシルバーストーンに2012年型TS030 HYBRIDを持ち込み、アンソニー・デビッドソン、ステファン・サラザン、セバスチャン・ブエミが乗る#8が3位に入賞。トヨタ・レーシングにとっては、2012年のデビュー以来、7戦で5度目の表彰台獲得を果たした。

アレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール組の#7はポールポジションからスタートしたが4位でレースを終えた。

土曜日に不順な天候のもとで行われた予選でポールポジションと2番手となった、 2台のTS030 HYBRIDはグリッド最前列からスタート、ブルツとデビッドソンが序盤数周をリードした。しかし、トヨタが選択したミシュランタイヤのコンパウンドが路面温度に適さず、間もなく2台のアウディにポジションを奪われ、#8が3位、#7が4位へと後退した。

レースの3分の1を過ぎ、#7はブルツからラピエールに、#8はデビッドソンからサラザンに交替。その直後から雨が降り始め、ラピエールはすぐにインターミディエイトタイヤに変更した。しかし、雨はすぐに上がり、ラピエールは再びスリックタイヤに交換しなければならなかった。

レースの半分を消化した頃に、#8のサラザンがブエミにステアリングを渡し、その30分後に#7はラピエールからブルツに交替、ブルツは残りのレースを一人で走り切った。

#8はレースが残り1時間ほどになった時に最後のドライバー交替を行い、代わったデビッドソンが力強い走りで走行を続け、3位でチェッカーフラッグを受けた。ブルツの#7は4位でフィニッシュした。

FIA WEC第2戦は、5月4日(土)にベルギーで行われるスパ・フランコルシャン 6時間レース。この伝統のサーキットはトヨタ・レーシングの本拠地があるドイツ・ケルンから僅か120kmの距離にある。

トヨタモータースポーツニュース

TS030 HYBRID #7:
(アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール)
決勝レース:4位、196周(トップと1周差)、ピットストップ9回、
最速ラップ:1分43秒741

アレックス・ブルツ #7:
難しいレースだった。最初のスティントでは低すぎる路面温度のためにタイヤがたちまち駄目になった。その結果、タイヤ交換なしで2スティントを走ることが出来ず、タイヤ交換に時間を奪われ、走行ペースと作戦に影響が出た。その後は可能な限りの走りに徹したが、アウディに対抗する走りは出来ず、表彰台を逃した。次戦スパで好結果を出すために、ケルンに戻ってハードワークが必要だ。

ニコラス・ラピエール #7:
非常に厳しいレースだった。コースが少し濡れて来たとき、タイヤ選択をミスしてしまった。インターミディエイトタイヤを選択したが、すぐにコースが乾きだしてタイヤは性能を発揮出来なかった。このミスがなければ恐らく我々が3位を獲得、#8が4位となっていただろうが、いずれにせよトヨタ・レーシングとしては3位、4位の順位は変わらなかったと思う。次戦のスパでは2013年型TS030 HYBRIDを投入するが、アウディと真っ向勝負の出来るペースで走る事が出来ると期待している。

TS030 HYBRID #8:
(アンソニー・デビッドソン/ステファン・サラザン/セバスチャン・ブエミ)
決勝レース:3位、196周(トップと1周差)、ピットストップ7回、
最速ラップ:1分43秒196

アンソニー・デビッドソン #8:
タフなレースで、キャリアの中でも最もきつい表彰台獲得のひとつだった。タイヤの適温域を外れた低い路面温度のためにタイヤはグレイニング(ささくれ)が酷く、フロントタイヤのグリップが得られなかった。最初のスティントでは#7のブルツと同様に丁寧な走りに徹したが、それでもタイヤ1セットでのダブルスティント走破は無理だった。レースの終盤に向けて2台は異なるコンパウンドのタイヤを採用したが、更なる路面温度の変化が我々に味方した。その結果、我々はスピードを取り戻したが、十分ではなかった。

ステファン・サラザン #8:
速く走れないときにはフラストレーションが溜まるものだ。しかし、とにかく表彰台に上がることが出来た。私にとってはトヨタ・レーシングで初めての表彰台で、嬉しいことに変わりはない。今日ドライブした2012年仕様のTS030 HYBRIDでは十分なペースは得られなかったが、とにかくプッシュした。今日得られたすべての情報を分析し、改良を進め、次戦スパではアウディを打ち負かしたい。

セバスチャン・ブエミ #8:
今日、我々はベストを尽くしたが、優勝争いに絡むことは出来なかった。しかし、表彰台に上がることが出来たので最悪の状況からは逃れた。2012年型TS030 HYBRIDでのレースと考えれば、まずまずのシーズン開幕と言える。アウディの新型車の性能が向上していることは想定されていたし、周知の事実だったので、我々が最速では無いことも分かっていたが、それにしても学ぶことは多かった。しかし、我々は立ち止まることなく、次のレースに向けて最善を尽くしたい。

チーム代表 木下美明:
非常に厳しいレースだった。もし、土曜日の予選がドライだったら話は違っていたはずだが、天候はすべてのチームに平等だ。ここシルバーストーンに持ち込んだのは2012年型TS030 HYBRIDだが、もちろん優勝を狙っていた。それだけに無念の思いはある。優勝したアウディには賛辞を送りたい。彼等の冬の間の大きな進歩が、今日の勝利に繋がったのだと思う。もちろん我々の2013年型TS030 HYBRIDも更なる性能向上がなされており、次のスパのレースでは良い戦いが出来ると信じている。これからの2週間、スパでの表彰台を目指して猛烈に働く。

|

« FIA-F3:Rd.2シルバーストーン レース結果 | トップページ | NASCAR:カイル・ブッシュがテキサスを完全制覇! 2台の“トヨタ カムリ”がレースを支配し1-2フィニッシュ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:トヨタ・レーシング、2013年シーズンを3位表彰台でスタート:

« FIA-F3:Rd.2シルバーストーン レース結果 | トップページ | NASCAR:カイル・ブッシュがテキサスを完全制覇! 2台の“トヨタ カムリ”がレースを支配し1-2フィニッシュ »