« BTCC:Rd.3スラクストン レース結果 | トップページ | 写真の二次使用はご遠慮下さい。 »

2013年5月 7日 (火)

WEC:Audi、FIA世界耐久選手権 (WEC) スパ フランコルシャンで優勝、開幕から2連勝

Audi R18 e-tron quattro #1 (C)AUDI AG. 拡大します

2013/05/07
● Audi R18 e-tron quattroが1-2-3フィニッシュ
● 優勝したファスラー / ロッテラー / トレルイエ組が、ポイントランキングのトップに
● ルマン用新型マシンのテストも順調に終了

 
5月4日 インゴルシュタット / スパ フランコルシャン: アウディは、FIA世界耐久選手権 (WEC) 第2戦で、非の打ち所のないレースを展開。予選1-2-3番手からスタートした3台のAudi R18 e-tron quattroのクルー達が、6時間後には表彰台を独占しました。昨年に引き続く勝利により、アウディはスパ フランコルシャン2連覇となりました。

最も効率的な勝利:3台のアウディ ハイブリッドスポーツカーが、予選に続いて決勝レースでも上位3位を独占するという、これ以上ない素晴らしいレース展開を繰り広げました。これによりアウディは、1-2フィニッシュを達成した3週間前のシルバーストーンに続く、今シーズン2度目のトヨタを相手にしたハイブリッドカー対決に、完全勝利しました。

驚異的なドライビング パフォーマンスを発揮した昨年のチャンピオン、マルセル ファスラー / アンドレ ロッテラー / ブノワ トレルイエ(スイス/ドイツ/フランス)組が、今シーズンのWEC初優勝を獲得しました。レース序盤に大きな災難に見舞われてしまったにも関わらず、彼らは2番手に1分05秒もの大差をつけてゴールしました。レース開始から2時間目、コース上に落ちていた破片を踏んでタイヤにダメージを負ってしまったアンドレ ロッテラーが、予定より早いピットインを余儀なくされました。このピットインでロッテラーからマシンを引き継いだブノワ トレルイエが7番手でコースに戻ると、猛追を開始。わずか74分後、ゼッケン1号車はトップの座を奪回しました。

2位でゴールしたのはシルバーストーンの勝者、ロイック デュバル / トム クリステンセン / アラン マクニッシュ(フランス/デンマーク/イギリス)組でした。2位を獲得したものの、彼らは予選最速タイムを記録したことで追加ポイントを与えられた1号車のクルーに、わずか1ポイント差でランキングトップの座を明け渡しました。

アウディジャパン・プレスリリース

マルク ジェネ / ルーカス ディ グラッシ / オリバー ジャービス(スペイン/ブラジル/イギリス)組もまた、目を見張るパフォーマンスを発揮しました。彼らがドライブした3台目のAudi R18 e-tron quattroだけにはルマン仕様のエアロダイナミクスが装着されていました。このエアロダイナミクスは、スパ フランコルシャンの全長7.004kmのコースには決して適していないのですが、同じ条件下で仕様が違うマシン双方からデータ収集するために、あえてエントリーさせていました。ルマン仕様のセッティングはダウンフォースが抑えられており、スパ フランコルシャンでは複数の高速コーナーでの操縦性が不安定となってしまっていたのですが、それにも関わらず3号車のクルーは、ライバルのトヨタ8号車を制し、3位でゴールしました。

今回WEC開幕2連勝を成し遂げたことで、アウディはデイトナ24時間レースでのAudi R8 GRAND-AMによるGTクラス優勝、セブリング12時間レースでのAudi R18 e-tron quattroによる優勝と合わせ、今シーズン4回目の優勝という素晴らしい成果を残しました。アウディスポーツ チームヨーストの次の予定は、6月9日に開催されるルマン24時間レース公式テストへの参加。そして公式テストの次は、12回目の優勝獲得を目指して参戦する、6月22-23日のルマン24時間レース本番となります。
 
Dr. ウォルフガング ウルリッヒ アウディモータースポーツ代表:
「我々はスパ フランコルシャンのレースを、ルマン24時間レースの準備が出来る貴重な機会と捉えています。それで今回は、ルマン仕様のエアロダイナミクスを装着した3台目のマシンを擁してレースに臨みました。ルマン仕様のマシンは、決してスパ フランコルシャンのコースにマッチしていないのですが、それでも充分なパフォーマンスを発揮出来ることを見せてくれました。3台のマシンは、レース中ずっと高順位を維持していましたが、それは決して平坦な道のりではありませんでした。トップ争いのバトルはおよそ10回に及びましたが、その間、マシンは完璧な状態が続き、ドライバー達は不要なリスクを抱えることなく速く走り続けるなど、我々はノーミスでレースを闘いました。タイヤが常に良好な状態を保ち、チームが完璧なピット作業を行ったことも、勝利を獲得する大きな要因となりました。しかし、我々は今日の結果に甘んじることはありません。今年のルマンは非常に厳しいレースになると認識しています」

クリストファー ラインケ LMPプロジェクト統括リーダー:
「誰もが憧れる夢のような結果が現実となったことに、本当に満足しています。ルマンに焦点を当てた活動の一過程ではあるものの、スパ フランコルシャンで勝利出来たことはとても素晴らしく、ホッとしました。と言うのも、ホッケンハイムでのDTM開幕戦と同じ日に開催されるスパ フランコルシャンに3台ものマシンでエントリーすることは、とても大きなチャレンジであったからです」

ラルフ ユットナー アウディスポーツ チームヨースト テクニカルディレクター:
「今日はドライバーを始めとするクルー全員による、素晴らしいチームワークが発揮出来ました。トヨタ7号車とのバトルは、向こうがリタイアするまで、とてもスリリングなものでした。3台のマシンがまるで時計のように正確に走ってくれたおかげで、ピット作業を戦略通りに進めることが出来ました。9人のドライバー全員が表彰台に登れたのは、とても素晴らしいことだと思います。これで、万全の準備を終えてルマンに臨むことが出来ます」

マルセル ファスラー (Audi R18 e-tron quattro 1号車):
「驚異的な週末となりました。パンクに見舞われた後、そこで失った時間をなるべく多く取り戻さなくてはなりませんでした。チーム関係者すべてが全力を尽くしました。ドライバーだけでなく、ピットで働いていたスタッフ全員が、素晴らしい力を発揮しました。今日はチーム全員にとって良い日となりました」

アンドレ ロッテラー (Audi R18 e-tron quattro 1号車):
「アウディが1-2-3フィニッシュを達成するとは、何と素晴らしい結果でしょう。レース中は、数々の苦難に見舞われました。スタートはあまり良くなかったものの、すぐにアドバンテージを持つことが出来ました。しかしそのアドバンテージを、セフティカーピリオドとパンクによって失ってしまいました。その後は、ひたすらフルスロットルで走るのみでした。素晴らしい走りを見せてくれたマルセルとブノワがおかげで、ロスを取り戻すことが出来ました。本当に激しいファイトの数々を制した末に勝利を掴んだ、至高のレースでした。私にとってはスパ フランコルシャンでの初優勝ともなりました」

ブノワ トレルイエ (Audi R18 e-tron quattro 1号車):
「優勝出来て本当によかったのですが、そうなるまでは困難な道でした。セフティカーピリオドとパンクによって、一旦は大きなタイムロスを喫しましたが、チームが一丸となってそのロスを挽回しました。我々のAudi R18 e-tron quattroは完璧でした。素晴らしい仕事を為したチームすべてのメンバーにとって今日の勝利は最高のものとなりました」

スパ フランコルシャン6時間耐久レースの決勝結果

1: ファスラー / ロッテラー / トレルイエ
(Audi R18 e-tron quattro) 168 laps
2: デュバル / クリステンセン / マクニッシュ
(Audi R18 e-tron quattro) +1m 05.815s
3: ジェネ / ディ グラッシ / ジャービス
(Audi R18 e-tron quattro) +1m 54.992s
4: ブエミ / デビッドソン / サラザン
(Toyota) -1 laps
5: ハイドフェルド/ ヤニ / プロスト
(Lola-Toyota) -4 laps

|

« BTCC:Rd.3スラクストン レース結果 | トップページ | 写真の二次使用はご遠慮下さい。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:Audi、FIA世界耐久選手権 (WEC) スパ フランコルシャンで優勝、開幕から2連勝:

« BTCC:Rd.3スラクストン レース結果 | トップページ | 写真の二次使用はご遠慮下さい。 »