« LM24:ポルシェ、2014年ルマン参戦のLMP1マシンを公開 | トップページ | INDY:Rd.9ミルウォーキー 予選結果 »

2013年6月15日 (土)

INDY:テキサスでの高速レースで、ダリオ・フランキッティが6位フィニッシュ。21番手スタートの佐藤琢磨は10ポジションアップの11位でゴール(ホンダ)

In130609002h2013年6月8日(土)・決勝  
会場:テキサス・モーター・スピードウェイ  
天候:快晴  気温:28~31℃

24度の急なバンクを持つ全長1.5マイルのテキサス・モーター・スピードウェイで、2013年のインディカー・シリーズ第8戦が開催されました。

今季初めてのナイトレースは、真夏の暑さの中での戦いとなりました。夜7時40分にスタートが切られたときには31℃という暑さで、228周のレースがゴールを迎えたときも29℃という暑さに包まれたままでした。今年のレースから採用された新しい空力レギュレーションにより、テキサスの1.5マイル・オーバルを走るインディカーは、ダウンフォースが少なくなります。気温や路面温度の高さは、ダウンフォースを小さく保つため、今日のレースは非常に難しいものになるとみられていました。しかし、一つのアクシデントもなく、フルコースコーションが出されたのもわずかに3度だけだったため、レースは驚くべきハイスピードで進んでいきました。

In130609003hドライバーたちはスピードと燃費のバランスをうまくとり、スマートに走ることが求められていました。予選4番手で2列目アウト側からスタートしたダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)は燃料をセーブし、タイヤもできる限り温存する走りを心がけ、同時にコースのコンディションがどう変化していくのかを探り続けました。ピットストップではマシンのセッティングに小さな調整を加え、終盤に勝負をかける作戦で走っていたフランキッティは、レース中盤に15番手までポジションを下げましたが、レース終盤になってマシンのハンドリングを向上させることに成功し、6位まで順位をばん回してフィニッシュしました。

ホンダモータースポーツリリース

また、予選で7番手だった参戦2年目のジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)は、ピットストップとフルコースコーションのタイミングが悪かったことで後退を余儀なくされました。しかし、彼はオーバーテイクを重ね、ファイナルラップにも1つポジションを上げて、今シーズン4度目のトップ10入りとなる8位でのゴールを果たしました。

In130609005h佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、ギアボックスのトラブルのために予選に出場できず、21番グリッドという後方からのスタートでしたが、その不利をレース序盤にしてはね返しました。タイヤをいたわる走りでスピードをコントロールし、できるだけペースを安定させることを目指した佐藤は、燃費セーブも成功させて大きくポジションを上げました。1回目のピットストップを終えた時点で7番手につけたものの、マシンがコントロールの難しいハンドリングであり続けたため、11位でのゴールとなりました。

佐藤はデトロイトの2戦でチェッカーフラッグを受けることができませんでしたが、テキサスではスタートより10ものポジションを上げてフィニッシュし、ポイントランキングを6位から5位へと1つ上げました。

In130609001hコメント
ダリオ・フランキッティ(6位)

「私たちのマシンはスタートからアンダーステアが強すぎました。今まで私が経験してきたオーバルレースの中で、最大のアンダーステアだったと思います。それでポジションをいくつか下げました。レースが進んでいくと、マシンは徐々にハンドリングがよくなってきました。その上に、ピットストップでマシンセッティングに変更を施し、それがさらにラップタイムをよくする効果を発揮してくれました。レースを戦う中でマシンのレベルを上げ、作戦もよかったことで6位フィニッシュができました。1セットのタイヤでできる限り長く走り続けるという作戦は、時として非常に難しいものになっていました。今回はスタート時のマシンセッティングが、ベストの状態から少し外れすぎていました」

佐藤琢磨(11位)
「タイヤの消耗が激しい、大変難しいレースでした。マシンがいいのは走り出して7周だけで、そこから先はグリップが下がり、マシンのバランスも崩れていきました。マシンをベストのバランスに保っておくのが非常に難しかったです。クルーたちのピット作業はすばらしい速さでしたが、我々のピットタイミングは少しベストのものからズレていましたね。ピットインした直後にフルコースコーションが出たことで、順位を大きく下げてしまいました。そこからのばん回は厳しかったのですが、なんとかがんばって、いくつかはポジションを取り戻すことができました。予選日のトラブルを考えれば、私たちはチームとして大きなリカバリーを達成したと思います」

ロジャー・グリフィス|HPD テクニカル・ディレクター
「今日のレース結果は非常に悔しいものです。タイヤをうまく使い、燃費よく走る競争力の高さを発揮してくれていたHondaドライバーもいたのですが、だれも安定してトップグループを走り続けることはできませんでした。昨年のテキサスでは私たちのチームが優位にあったのですが、今年はそうではありませんでした。それでも、Hondaドライバーの何人かが粘り強くゴールまで走り抜き、ポイントを重ねてシリーズランキングを向上させています。シリーズタイトル獲得に向けて、彼らにはがんばってほしいと思います。今日のレース結果を踏まえ、私たちは次週のミルウォーキーに向けてハードワークを続けます。体勢を立て直して、次のレースを戦いたいと思います」

決勝
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差

1 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー 1:52:17.4594
2 1 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー +4.6919
3 11 T.カナーン KV Racing Technology シボレー +11.6088
4 20 E.カーペンター Ed Carpenter Racing シボレー +17.6930
5 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー +19.5078
6 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda +1Lap
7 12 W.パワー Team Penske シボレー +1Lap
8 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda +1Lap
9 27 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport シボレー +1Lap
10 5 E.J.ヴィソ Andretti Autosport シボレー +1Lap
 
11 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda +1Lap
12 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +1Lap
13 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda +2Laps
15 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda +2Laps
17 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda +2Laps
18 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda +3Laps
21 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +5Laps
22 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda +5Laps
23 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda DNF
24 18 ピッパ・マン Dale Coyne Racing Honda DNF

ポイントスタンディング
ドライバー
順位 ドライバー チーム 総合ポイント

1 H.カストロネベス Team Penske 259
2 M.アンドレッティ Andretti Autosport 237
3 R.ハンターレイ Andretti Autosport 232
4 T.カナーン KV Racing Technology 195
5 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing 194
6 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports 194
7 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 193
8 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 184
9 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 176
10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 168
 
11 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 162
14 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing 148
15 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing 148
18 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing 135
20 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports 121
22 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta 103
23 マイク・コンウェイ Dale Coyne Racing 97
28 アナ・ベアトリス Dale Coyne Racing 53
30 ピッパ・マン Dale Coyne Racing 14
31 コナー・デイリー A.J. Foyt Racing 11
33 キャサリン・レッグ Schmidt Peterson Motorsports 8

マニュファクチャラー(エンジン)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 シボレー 63
2 Honda 57

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

|

« LM24:ポルシェ、2014年ルマン参戦のLMP1マシンを公開 | トップページ | INDY:Rd.9ミルウォーキー 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57597197

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:テキサスでの高速レースで、ダリオ・フランキッティが6位フィニッシュ。21番手スタートの佐藤琢磨は10ポジションアップの11位でゴール(ホンダ):

« LM24:ポルシェ、2014年ルマン参戦のLMP1マシンを公開 | トップページ | INDY:Rd.9ミルウォーキー 予選結果 »