« INDY:Rd.9ミルウォーキー 予選結果 | トップページ | NASCAR:Rd.15ミシガン 予選結果 »

2013年6月15日 (土)

INDY:ジョセフ・ニューガーデンが予選8番手、佐藤琢磨は15番手から決勝レースに挑む(ホンダ)

Honda

2013年6月14日(金)・予選  
会場:ザ・ミルウォーキー・マイル  
天候:快晴 気温:19℃

ウィスコンシン州ミルウォーキーの郊外にあるザ・ミルウォーキー・マイルは、110年という長い歴史を誇る全長1マイルのショートオーバルです。今週末は“伝説のオーバル”と呼ばれるこのサーキットでIZODインディカー・シリーズの第9戦が開催され、2デイイベントのため、走行開始日である金曜日に予選が行われました。

例年であれば、この時期のミルウォーキーは蒸し暑さに見舞われますが、今年は柔らかな日差しが降り注ぐ、穏やかなコンディションに恵まれました。午前と午後、それぞれ1回ずつのプラクティスが行われ、午後4時からエントリーしている24台のインディカーは、1台ずつコースインして2周連続のアタックを敢行しました。

15番目のアタッカーとしてコースインしたジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)は、2ラップ平均で時速169.462マイルをマークして予選8番手、明日のレースを4列目アウト側グリッドから戦うこととなりました。全長が約1マイルと短く、バンクが6度と小さいミルウォーキーのオーバルを速く走るにはマシンのハンドリングを研ぎ澄ます必要があり、ドライバーには繊細な感覚と高度のマシンセッティング能力が求められます。

デトロイトでキャリア初勝利を挙げたばかりのシモン・パジェノー(Schmidt Hamilton Motorsports)も健闘を見せ、平均時速169.311マイルで予選9番手、ルーキーのトリスタン・ボーティエ(Schmidt Peterson Motorsports)も平均時速169.215マイルで予選10番手と、上位のスターティンググリッドを手に入れました。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、2回目のプラクティスで3番手のタイムを出し、マシンのセッティングが良好であることを確認して予選に臨みました。4番目にコースインした佐藤は、1周目は時速169マイルの好ラップだったのですが、2周目のターン4でマシンが狙ったラインからはずれたため、2ラップ平均は168.023マイルとなり、予選結果は15番手でした。

ホンダモータースポーツリリース

コメント
ジョセフ・ニューガーデン(8番手)

「予選アタック中にリミッターが少しですが働いてしまい、スピードが少しダウンしていました。しかし、走り自体はとてもよかったと思いますし、マシンの仕上がりは非常によいと感じています。昨年のミルウォーキーでの私たちはマシンにトラブルが出たために思う存分戦うことができませんでした。今年はプラクティスまでに得られている感触から、レースでもハイペースを保つ自信がつかめています。HondaインディV6ターボもトップグループでレースを戦うのに十分なパワーと性能を持っていますから、自分とチームが持っている力をすべて出しきり、上位で戦ってゴールまで走り抜きたいです」

佐藤琢磨(15番手)
「予選アタックの1ラップ目は、いつも通りにマシンを感じながらペースアップをしていきました。アタック2周目も1ラップ目と同じペースで走りきるつもりだったのですが、それができませんでした。タイヤのグリップ低下が感じられたのと、プラクティスまでと風向きが変わっていたため、ターン3からターン4へと向かうところでクルマのフロントが思った通りにインに入っていきませんでした。それでも、アクセルをできるだけ緩めずに、マシンをコントロールし続けた結果、ラインがワイドになってグリップの低いエリアを走ることとなり、減速してしまいました。悔しい予選結果ですが、レース用のマシンのセットアップはよいものにできていますから、明日は15番グリッドからポジションを上げていく戦いをしたいと思います」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・ディレクター
「ジョセフ・ニューガーデンによる8番手が私たちのベストでした。大変悔しい予選結果です。ニューガーデンの予選アタックは、1周目だけを見れば2番グリッドを獲得できるだけのスピードでした。しかし、ターン1でリミッターが作動してしまっていました。その原因はまだ判明していませんが、通常ではあえ得ないことです。リミッターの影響がなければ、彼は予選3番手か4番手になれていたでしょう。なぜ、リミッターが働いたのか、私たちはその原因を突き止めなければなりません。明日は雨の予報もでているので、250周のレースがゴールまで戦われるかどうかが少し心配です。予選と違い、アクセルのオン・オフが必要なレースでは、私たちのエンジン、そして私たちのエンジンを使うドライバーとチームが活躍してくれることと信じています。レース展開によっては燃費が大きな意味を持つことになる場合も考えられます。私たちHPDとしては今晩も働き続け、明日のレースに向けてプラスになる何かを見つけたいと思います」

予選
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム

1 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー 00:42.8584
2 27 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport シボレー 00:42.8829
3 12 W.パワー Team Penske シボレー 00:42.9347
4 1 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー 00:42.9629
5 5 E.J.ヴィソ Andretti Autosport シボレー 00:43.0317
6 6 S.サーベドラ Dragon Racing シボレー 00:43.0560
7 11 T.カナーン KV Racing Technology シボレー 00:43.1196
8 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda 00:43.1247
9 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda 00:43.1633
10 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda 00:43.1877
 
11 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda 00:43.2887
12 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 00:43.3786
13 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda 00:43.3935
15 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda 00:43.4940
16 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda 00:43.6267
17 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda 00:43.6917
20 18 アナ・ベアトリス Dale Coyne Racing Honda 00:44.1935
22 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda 00:44.5273
23 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 00:44.7713

|

« INDY:Rd.9ミルウォーキー 予選結果 | トップページ | NASCAR:Rd.15ミシガン 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57597240

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ジョセフ・ニューガーデンが予選8番手、佐藤琢磨は15番手から決勝レースに挑む(ホンダ):

« INDY:Rd.9ミルウォーキー 予選結果 | トップページ | NASCAR:Rd.15ミシガン 予選結果 »