« INDY:ダリオ・フランキッティが今季初のポールポジション獲得。マイク・コンウェイが3番手、ジェームズ・ジェイクスが4番手、佐藤琢磨は8番手から優勝を狙う (ホンダ) | トップページ | DTM:Rd.3レッドブルリンク レース結果 »

2013年6月 2日 (日)

INDY:マイク・コンウェイが圧倒的な走りで今季初優勝を飾る。Honda インディV6ターボは昨年に続いてデトロイト2連勝、佐藤琢磨は19位フィニッシュ

In130602001h

2013年6月1日(土)・決勝  
会場:ベル・アイル・レースウェイ  
天候:曇りときどき晴れ  
気温:26~27℃

アメリカの自動車産業の首都デトロイトで行われるインディカー・レースは、今年はダブルヘッダー開催となり、土曜日に最初の決勝レースが開催されました。ダウンタウンのすぐ北にあるベル・アイルに設けられたストリートコースで行われた70周のレースでは、マイク・コンウェイ(Dale Coyne Racing)が2位に12秒もの大差をつけて、圧勝でキャリア2勝目を飾りました。チームメートのジャスティン・ウィルソンも3位でゴールし、Dale Coyne Racingはドライバー2人がそろって表彰台に上がりました。ウィルソンは今年2度目のトップ3フィニッシュとなりました。

In130602002h

Honda インディV6ターボは今シーズン2勝目を挙げ、Hondaは昨年に続いてデトロイトで2連勝を達成しました。今日のHondaチームのパフォーマンスはすばらしく、7人ものドライバーたちがトップ10フィニッシュを果たしました。

全長が2.35マイルへと伸ばされたコースでは、ハードなブレーキングが必要なターン3で多くのオーバーテイクが見られ、ストリートレースでありながら順位変動の多いエキサイティングな戦いが展開されました。予選トップだったダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)がエンジン交換のペナルティーによりグリッド降格となったため、2番グリッドからスタートしたコンウェイは、トップを走るライバルにプレッシャーを与え続け、コース上のバトルでトップの座を奪うと、徐々にリードを広げていき、最後はタイヤをいたわってスローダウンする余裕すらみせました。コンウェイはライバル勢を圧倒する完ぺきな勝利を達成したのです。

ホンダモータースポーツリリース

In130602003h

ウィルソンはレース終盤のすさまじいバトルを制して3位を勝ち取りました。最後のピットストップでタイヤ交換作業のミスがあったウィルソンは、2位フィニッシュのチャンスを失っただけでなく、ゴールまで10周となったところで背後にスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)が迫るという厳しい状況に置かれました。ディクソンの後方にはさらに2人の強豪が続いており、小さなミス一つで大きく順位を下げる危機にさらされたのです。しかし、ウィルソンはディクソンの攻撃を封じ込め、表彰台の最後の一角を手に入れました。

In130602005h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は予選8番手でしたが、フランキッティのグリッド降格の影響で7番手から決勝をスタート。レース序盤に2つポジションをアップして順調に戦っていましたが、1回目のピットストップに入るタイミングを1周遅らせたのが裏目に出て、燃料切れでコース上にストップしました。オフィシャルにリードされてピットに戻ることはできましたが、そのときにはすでにトップに3周もの差をつけられていました。それでも、少しでも多くのシリーズポイント獲得することと、明日の日曜日に行われる決勝2日目に向けたデータ収集のため、佐藤は走行を続け、19位でゴールしました。

コメント
マイク・コンウェイ(優勝)

「今週のレースに出場するチャンスをくれたチームオーナーのデイル・コイン、すばらしいマシンを用意してくれたチーム、確実なピットストップをこなしてくれたクルーたち、そしてベストの作戦で勝たせてくれたエンジニアに感謝したいです。今日のマシンはガッチリと路面をつかんでおり、70周をとてもスムーズに走りきれました。ハードタイヤを2回続けて使い、最後をソフトで走るという僕らの作戦は正しかったですね。明日のレースはポールポジションからのスタートですから、集中すべきところで集中し、今日と同じように勝ちたいと思います。僕らのマシンは速く、勝つためのペースがどれだけのものかも分かりました。チームも強力ですから、明日も戦う姿勢を保ち続け、勝利を目指します」

佐藤琢磨(19位)
「慎重にスタートし、順位を少し上げて1回目のピットストップを迎えようとしていました。『次の周にピットインする』と無線で指示を受けていましたが、『もう1周行ける』と指示が変わってピット入口を通り過ぎました。そうしたら、ターン2を過ぎたあたりで燃料切れの症状が出て、コース上にストップしました。レースに復帰するのは難しいと考えてマシンから降りかけましたが、オフィシャルがピットに戻してくれることを期待してコクピットに残りました。その結果、レースに戻ることができ、明日に向けて周回を重ねました。どうしてもソフトタイヤでの走りを経験しておきたかったのです。終盤はいいペースで走れていましたが、まだトップグループとの間には差があることがよく分かりました。今日以上の走りを実現するためのデータを集めることはできたと思います」

アート・セントシアー|HPDテクニカル・ディレクター
「先週のレースが大変悔しい結果となっていたため、今週の私たちにとっては、勝利だけが受け入れることのできる結果でした。最高峰シリーズで優勝することに私たちがどれだけ本気かをチームにみせなければと考えていました。マイク・コンウェイ、ジャスティン・ウィルソンの2人、そしてDale Coyne Racingの全員を祝福します。すばらしいパフォーマンスでした。明日行われるダブルヘッダーの2レース目がとても楽しみになりました」

決勝
1日目

順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差
1 18 マイク・コンウェイ Dale Coyne Racing Honda 1:48:45.4309
2 1 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー +12.9707
3 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda +1:05.2606
4 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda +1:05.3590
5 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー +1:06.0549
6 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda +1:06.4918
7 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda +1:15.2019
8 12 W.パワー Team Penske シボレー +1:20.8273
9 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +1:24.1836
10 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +1:27.3852
 
11 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda +1:39.8249
12 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda +1:42.8527
14 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda +1:43.9390
19 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda +2Laps
23 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda +42Laps

ポイントスタンディング
ドライバー
順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1 H.カストロネベス Team Penske 182
2 R.ハンターレイ Andretti Autosport 179
3 M.アンドレッティ Andretti Autosport 178
4 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing 168
5 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 161
6 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 154
7 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 143
8 T.カナーン KV Racing Technology 141
9 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports 126
10 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 122
 
15 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 110
16 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing 110
17 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing 104
19 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports 92
20 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing 88
21 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta 86
25 マイク・コンウェイ Dale Coyne Racing 58
27 アナ・ベアトリス Dale Coyne Racing 53
30 コナー・デイリー A.J. Foyt Racing 11
32 キャサリン・レッグ Schmidt Peterson Motorsports 8
33 ピッパ・マン Dale Coyne Racing 8

マニュファクチャラー(エンジン)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 シボレー 48
2 Honda 42

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

|

« INDY:ダリオ・フランキッティが今季初のポールポジション獲得。マイク・コンウェイが3番手、ジェームズ・ジェイクスが4番手、佐藤琢磨は8番手から優勝を狙う (ホンダ) | トップページ | DTM:Rd.3レッドブルリンク レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57510327

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:マイク・コンウェイが圧倒的な走りで今季初優勝を飾る。Honda インディV6ターボは昨年に続いてデトロイト2連勝、佐藤琢磨は19位フィニッシュ:

« INDY:ダリオ・フランキッティが今季初のポールポジション獲得。マイク・コンウェイが3番手、ジェームズ・ジェイクスが4番手、佐藤琢磨は8番手から優勝を狙う (ホンダ) | トップページ | DTM:Rd.3レッドブルリンク レース結果 »