« INDY:Rd.6デトロイト レース結果 | トップページ | Auto GP:Rd.4シルバーストーン 予選結果 »

2013年6月 3日 (月)

INDY:シモン・パジェノーが初優勝し、Hondaドライバーがトップ5を独占、デトロイトのダブルヘッダーでHonda インディV6ターボが連勝を飾る。佐藤琢磨は接触アクシデントの影響で23位

In130603003h

2013年6月2日(日)・決勝  
会場:ベル・アイル・レースウェイ  
天候:晴れ  気温:21~23℃

ミシガン州デトロイトでのレースは、今年はダブルヘッダーでの開催となり、1週末に2レースが行われました。土曜日のレースではHonda インディV6ターボ搭載ダラーラに乗ったマイク・コンウェイ(Dale Coyne Racing)が今シーズン初優勝でキャリア2勝目を記録。日曜日に行われた2レース目はシモン・パジェノー(Schmidt Hamilton Motorsports)がキャリア初優勝を遂げ、Hondaはダブルヘッダーをともに勝利で飾りました。

デトロイトリバーに浮かぶベル・アイルに設定されたストリートコースは、今年は一部が変更され、全長が2.35マイルへと延びました。新しいレイアウトではターン2の先のストレートが長くされ、新しいターン3へのハードブレーキングで順位が入れ替わるシーンが数多く見られました。土曜日のレースを戦い、後方スタートでも大きなポジションアップが可能とだれもが勇気づけられたのか、日曜日のレースではインディカー・ドライバーたちがとてもアグレッシブな走りをみせ、5度もアクシデントによるフルコースコーションが出されました。28周目のリスタート直後には10台が絡む多重クラッシュが発生したほどでした。

In130603002h

合計6度のフルコースコーションが出されたことで、チームによってピットストップを行うタイミングにも違いが出ていました。6番手スタートだったパジェノーはソフトタイヤでスタートし、そのあとにハードタイヤを2セット続けて投入する作戦が奏功し、2位に5秒以上の大差をつけてキャリア初勝利のチェッカーフラッグを受けました。彼を走らせるSchmidt Hamilton Motorsportsにとっても、インディカー・シリーズにおける初勝利です。

ホンダモータースポーツリリース

2位はジェームズ・ジェイクス(Rahal Letterman Lanigan Racing)が入りました。2番グリッドからスタートした彼は、ピットタイミングによって一時的に15番手まで順位を下げましたが、予選で示した通りのスピードがあり、最後は土曜日のウイナー、コンウェイからのプレッシャーをはねのけてゴールしました。キャリアベストのスターティングポジションから、キャリアベストとなる2位フィニッシュを手に入れたジェイクスは、初めて表彰台に上りました。

ポールポジションからレースをスタートしたコンウェイは、ソフトタイヤで走ったレース中盤にタイムをロスした影響もあり、3位でした。2レース制覇はなりませんでしたが、ダブルヘッダーの2レースで表彰台に登壇した唯一のドライバーとなりました。

In130603005hこれによって、Hondaドライバーがデトロイトの表彰台を独占。さらに、4位にはスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)、5位にも同じくChip Ganassi Racingのダリオ・フランキッティが入り、Hondaドライバーがトップ5を独占し、7人がトップ10以内でフィニッシュしました。

In130603004h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、土曜日に行われた予選の結果によって、このレースは21番グリッドからスタートしました。10周目に起きたアクシデントを利用してハードタイヤへとスイッチし、この作戦によって8番手までポジションをアップ。残る周回をトップグループで戦うチャンスをつかんだのですが、23周目のリスタート直後にターン3でルーキーのトリスタン・ボーティエ(Schmidt Peterson Motorsports)と接触し、タイヤバリアに突っ込んでリタイアとなりました。最終的に佐藤は23位となり、レース終了時点でのポイントスタンディングは6位となっています。

コメント
シモン・パジェノー(優勝)

「私は8歳のときからF1かインディカーで優勝することを夢見てレースを続けてきました。そして、21年のハードワークがついに夢の実現につながりました。今でもまだ信じられないくらいです。最後の2ラップは、こみ上げてくる感情を抑え込むのが難しくなっていました。集中力を途切れさせぬよう、プッシュし続けるよう自分に言い聞かせて走っていました。今日は本当に難しいレースで、荒れたレースになっていましたが、私たちは冷静に、そしてスマートに戦い抜きました。Hondaエンジンはとてもパワフルでした。インディ500でHondaのスタッフはなにかを発見し、それが今週のデトロイトでのパフォーマンスに反映されていました。私の力を信じ続けてくれたHondaやチームには感謝してもしきれません」

佐藤琢磨(23位)
「ターン3で接触し、リタイアとなってしまいました。とても残念です。あそこはもう何度も2台が並んで走り抜けているコーナーです。ブレーキングで真横に並びかけていたわけですから、私がアウト側にいることを彼は知っていたはずです。そのような状況では1台分のスペースを相手に与えるようにとドライバーズミーティングで全員が確認をしていたのですが、アクシデントは起こってしまいました。起こってしまったことは仕方ありませんが、マシンが土曜日よりいいセッティングになっていただけに本当に残念な結果です」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・ディレクター
「デトロイトでは2勝、2つのポールポジション獲得、そして2レース目での表彰台独占を達成できました。昨日はマイク・コンウェイが優勝し、今日また勝つだけの力が自分たちにあると信じることができました。しかし、ここまで圧倒的な成績を挙げられたなんて信じられないぐらいです。シモン・パジェノーが初優勝をつかみ取るレースを目撃することができ、とてもうれしく思います。ジェームズ・ジェイクスの2位フィニッシュもファンタスティックでした。そして、コンウェイは昨日優勝し、今日は3位フィニッシュという見事な成績を記録してくれました。今週末に私たちが手に入れた結果は、ハードワークを続けてきているHPDのスタッフ全員にとって、とてもうれしい贈り物になります」

決勝
2日目

順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差
1 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda 1:56:14.7861
2 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +5.6274
3 18 マイク・コンウェイ Dale Coyne Racing Honda +6.0616
4 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda +21.2953
5 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda +23.4917
6 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー +29.0629
7 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda +29.6681
8 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー +37.6446
9 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +40.5396
10 6 S.サーベドラ Dragon Racing シボレー +51.4543
 
14 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda +1Lap
16 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda +6Laps
21 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda DNF
22 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda DNF
23 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda DNF

ポイントスタンディング
ドライバー
順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1 H.カストロネベス Team Penske 206
2 M.アンドレッティ Andretti Autosport 206
3 R.ハンターレイ Andretti Autosport 191
4 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 186
5 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports 177
6 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing 175
7 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 169
8 T.カナーン KV Racing Technology 160
9 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 154
10 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 149
 
11 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 140
12 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing 130
14 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing 126
16 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing 124
19 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports 109
22 マイク・コンウェイ Dale Coyne Racing 97
23 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta 95
28 アナ・ベアトリス Dale Coyne Racing 53
30 コナー・デイリー A.J. Foyt Racing 11
32 キャサリン・レッグ Schmidt Peterson Motorsports 8
33 ピッパ・マン Dale Coyne Racing 8

マニュファクチャラー(エンジン)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 シボレー 54
2 Honda 51

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

|

« INDY:Rd.6デトロイト レース結果 | トップページ | Auto GP:Rd.4シルバーストーン 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57517160

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:シモン・パジェノーが初優勝し、Hondaドライバーがトップ5を独占、デトロイトのダブルヘッダーでHonda インディV6ターボが連勝を飾る。佐藤琢磨は接触アクシデントの影響で23位:

« INDY:Rd.6デトロイト レース結果 | トップページ | Auto GP:Rd.4シルバーストーン 予選結果 »