« LM24:18時間経過速報 | トップページ | LM24:20時間経過速報 »

2013年6月23日 (日)

LM24:18時間経過 トヨタ・レーシングは2位、3位を維持して朝を迎える

夜を徹して走り続けてきたル・マン24時間レースは、ついに夜明けを迎えた。未明の4時過ぎには激しい雨に見舞われ、各チームはタイヤの選択などに追われながらも、上位勢に大きな順位変動が無いまま朝を迎えることとなった。空には重い雲がかかっているが、路面は乾き、午前9時の時点では、ガードレール修復のためのセーフティカー導入による走行が続いている。

TS030 HYBRID #7:
(アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール/中嶋一貴)
12時間経過時点(ニコラス・ラピエール):3位
13時間経過時点(ニコラス・ラピエール):3位
14時間経過時点(アレックス・ブルツ):3位
15時間経過時点(アレックス・ブルツ):3位
16時間経過時点(アレックス・ブルツ):3位
17時間経過時点(アレックス・ブルツ):3位
18時間経過時点(アレックス・ブルツ):3位

中嶋一貴からステアリングを受け取ったニコラス・ラピエールの2回目、3回目のスティントは長いセーフティカーランとなった。この間に雨が降り始め、コースはウェットに。#7はニコラス・ラピエールの3度目のピットストップの際にウェットタイヤへと交換。このセーフティカー導入の間に、#8と#7は2度にわたって順位を入れ替え、首位と同一周回に復帰した。その後雨は止み、コースコンディションが回復していく中で、ニコラス・ラピエールがドライブする#7は3位をキープ。午前5時を過ぎて、アレックス・ブルツにドライバー交代し、タイヤをスリックへと交換した。アレックス・ブルツは給油ピットの直後にスローパンクチャーに見舞われ、再度ピットインを強いられたが、午前8時過ぎに4度目のピットストップを終えて、3位をキープしている。

TS030 HYBRID #8:
(アンソニー・デビッドソン/ステファン・サラザン/セバスチャン・ブエミ)
12時間経過時点(アンソニー・デビッドソン):2位
13時間経過時点(セバスチャン・ブエミ):2位
14時間経過時点(セバスチャン・ブエミ):2位
15時間経過時点(セバスチャン・ブエミ):2位
16時間経過時点(セバスチャン・ブエミ):2位
17時間経過時点(ステファン・サラザン):2位
18時間経過時点(ステファン・サラザン):2位

午前1時を過ぎるとすぐに、ステファン・サラザンは#8のステアリングをアンソニー・デビッドソンに託した。アンソニー・デビッドソンは6回目のセーフティカー導入時に、彼にとって2度目のピットストップを行い、新しいスリックタイヤに交換することが出来た。しかし、その後雨に見舞われ、3度目のピットストップ時にインターミディエイトタイヤに履き替えた。その後、アンソニー・デビッドソンからセバスチャン・ブエミに交代した際に、左前側のカナードを取り替えた。セバスチャン・ブエミは次のピットストップでスリックタイヤに戻し、トップを激しく追い上げた。午前7時半に、3時間半・4スティントの走りを終えてセバスチャン・ブエミはステファン・サラザンに交代した。

ジョン・リッツェン シャシー・プロジェクト・リーダー:
#7のニコラス・ラピエールとアレックス・ブルツは、アウディの#3とのギャップを維持するために走り続けている。#8は、アンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミがアウディの#2とのギャップを縮める素晴らしい仕事をしてくれた。ドライバー達はコース状況の変化と他車との渋滞をものともせずに、本当に素晴らしいチャレンジを見せている。未明には激しい雨に見舞われ、スリックタイヤをウェット用のインターミディエイトタイヤに変えなくてはならなくなった。しかし、激しい雨も長くは続かず、スリックタイヤに戻すことが出来た。雨の天候においては、すでに示したようにTS030 HYBRIDはアウディにも決して引けを取ってはいないので、レースの後半に雨に見舞われても高い戦闘力を発揮できると思う。

|

« LM24:18時間経過速報 | トップページ | LM24:20時間経過速報 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:18時間経過 トヨタ・レーシングは2位、3位を維持して朝を迎える:

« LM24:18時間経過速報 | トップページ | LM24:20時間経過速報 »