« NASCAR:Rd.16ソノマ 予選結果 | トップページ | LM24:14時間経過速報 »

2013年6月23日 (日)

LM24:11時間を経過、トヨタ・レーシングは2位、3位キープ

ル・マン24時間レースは深夜の戦いに突入。雨こそ降っていないが、気温は15度以下まで下がり、かじかむほどの寒さに。しかし、そんな中でも熱心なファンはグランドスタンドやコ-ス脇で、闇へ向かって走り続けるレースカーを追い続け、サーキット内には熱気が溢れている。

TS030 HYBRID #7:
(アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール/中嶋一貴)
8時間経過時点(中嶋一貴):2位
9時間経過時点(中嶋一貴):3位
10時間経過時点(中嶋一貴):3位
11時間経過時点(ニコラス・ラピエール):3位

中嶋一貴はドライコンディションのコースが闇に包まれる直前、午後9時50分にTS030 HYBRID #7に乗り込み、3位でコースに復帰した。#7の9回目、中嶋一貴にとっては最初のピットストップの後、15分にわたってセーフティカーが導入されたが、中嶋一貴は再スタート後もペースを維持し、3位で深夜帯へ突入。1時間後には5度目のセーフティカー導入でスロー走行となり、#8との差を詰めることとなった。中嶋一貴はタイヤ交換を行うことなく更に2スティントをこなし、午後1時過ぎに、首位から1周遅れの3位でニコラス・ラピエールへと交代した。

中嶋一貴 #7:
路面は非常に良好だ。気温が下がってきたが、それはタイヤにとっても良い方向に働いている。セーフティカー導入のせいで、リズムを保持するのが難しく、タイヤの温度を下げないようにする必要もあり、若干フラストレーションも感じた。コース上の混雑は、時にはラッキーに働き、時にはそうでないこともあったが、それもル・マン24時間レースへのチャレンジの一部だ。TS030 HYBRIDは好調で、堅実なラップタイムで周回を重ねている。これまでのところは全て問題なく、我々はプッシュを続けている。

TS030 HYBRID #8:
(アンソニー・デビッドソン/ステファン・サラザン/セバスチャン・ブエミ)
8時間経過時点(ステファン・サラザン):3位
9時間経過時点(ステファン・サラザン):2位
10時間経過時点(ステファン・サラザン):2位
11時間経過時点(アンソニー・デビッドソン):2位

TS030 HYBRID #8は、午後9時35分にセバスチャン・ブエミからステファン・サラザンへとドライバー交代。しかし、彼の2度目のピットインの間にセーフティカーが導入されたために、#8はセーフティカーが通過するのを待ってピットアウトしなければならなかった。そのために貴重な2分半を失った。とはいえ、ひとたび走り出すと、サラザンは混雑したコースを2スティントに渡って巧みに走り抜けた。そして13回目のピットストップでアンソニー・デビッドソンに交代、トップからは1周遅れ、3位の#7に30秒の差を付けて2位を堅持している。

ステファン・サラザン #8:
良い走りが出来たと思う。とにかくプッシュする手をゆるめなかった。最高の結果を得るためにベストを尽くす。夜になってもコースの状況は悪くない。ただ、視界が思ったほど良くなく、遅い車を抜くときにはちょっと苦労した。とにかくリスクを冒すことを極力避けた。一つ間違えば簡単に遅れてしまう。安全が一番。まだ先は長い。

|

« NASCAR:Rd.16ソノマ 予選結果 | トップページ | LM24:14時間経過速報 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:11時間を経過、トヨタ・レーシングは2位、3位キープ:

« NASCAR:Rd.16ソノマ 予選結果 | トップページ | LM24:14時間経過速報 »