« LM24:トヨタ・レーシングとTS030HYBRID 予選4番手と5番手。レースセッティングを詰めて、ル・マン24時間の決勝レースへ 。 | トップページ | LM24:4時間経過時点でトヨタ・レーシングは3位、5位を走行中 »

2013年6月22日 (土)

LM24:Audi、ルマンのスターティング グリッド最上位を独占

(C)AUDI AG. 拡大します

2013/06/21
● 3台のAudi R18 e-tron quattroが、1-2-3グリッドを獲得
● TDIエンジンとquattroシステムの優秀性があらためて証明される

 
6月21日 インゴルシュタット/ルマン: ハイブリッドマシンがフロントローを独占するという、90年に渡るルマンの歴史の中で初の快挙が成し遂げられました。6月20日に行われた予選のナイトセッションで、アウディスポーツ チームヨーストが擁する3台のAudi R18 e-tron quattroが、予選1-2-3位を獲得しました。

昨年のルマンでハイブリッドカーによる史上初優勝を飾ったアウディのマシンが、2日間に渡って行われた今年の予選でも、全長13.629kmのコースを舞台に類い希なるパフォーマンスを発揮し、TDIエンジンとquattroドライブの優秀性をあらためて証明しました。熾烈な闘いを制してポールポジションを獲得したのは、ゼッケン2号車のAudi R18 e-tron quattroでした。予選最速タイムの3分22秒349(平均速度242.5km/h)は、ロイック デュバル(フランス)が19日のナイトセッションで記録しました。翌20日の予選が終了してもこの記録が破られることはなく、ポールポジションが確定しました。

トム クリステンセン(デンマーク)、アラン マクニッシュ(スコットランド)らとチームを組むデュバルにとってルマンでのポールポジション獲得は初めての経験であり、アウディとしては合計8回目となります。ちなみにアウディは、2000年、2001年、2002年、2004年、2006年、2011年、そして2012年に、フロントローを独占しています。

アウディジャパン・プレスリリース

予選2番手を獲得したAudi R18 e-tron quattroを駆るのは、昨年の優勝トリオ、マルセル ファスラー(スイス)、アンドレ ロッテラー(ドイツ)、ブノワ トレルイエ(フランス)です。それまで雨に濡れていた路面が徐々にドライコンディションに変化した20日夜の最終セッションで、わずかしかないチャンスを逃さずアタックしたアンドレ ロッテラーが3分23秒696のタイムを記録し、それまでの3位から2位に浮上しました。

ルマン初参戦のルーカス ディ グラッシ(ブラジル)、マルク ジェネ(スペイン)、オリバー ジャービス(イギリス)組のゼッケン3号車は、20日のセッションでマルク ジェネが出した3分24秒341により、予選3位を獲得しました。

今年の予選は、何度も事故による赤旗中断に見舞われたうえに、路面がドライコンディションになる機会が少なかったのですが、アウディチームは3台のAudi R18 e-tron quattroを最適にセットアップさせていました。

決勝レースは6月22日の午後3時(現地時刻) にスタートします。22日の朝には、45分間のウォームアップ走行が行われます。レースの模様は、ユーロスポーツを始めとする27チャンネルで、ライブまたはそれに準じた放送が行われます。3台のAudi R18 e-tron quattroからのオンボード映像を含むライブストリームをwww.audi-motorsport.comが配信する他、www.lemans-tv.comでも観戦出来ます。さらに、ツイッター@Audi_Sportでは、ライブティッカーを配信します。

この他に、21日の14時(現地時刻)からは、www.audimedia.tvが、アウディのプレスカンファレンスの模様を配信します。
  
Dr. ウォルフガング ウルリッヒ(アウディモータースポーツ代表):
「最高の状況でレースをスタートすることが出来ます。特別なことをしたわけではなく、通常の準備作業の積み重ねの結果、3台すべてがファステストラップを出せたことに価値があると感じています。これはチーム全体がベストを尽くしたということであり、ドライバー全員がマシンに100%満足しているということに他なりません。1-2-3グリッドの獲得は、レースを有利にしてくれる要素ではありますが、ここはルマンです。チーム全員で気を抜くことなく臨みます」

クリス レインケ(LMPプロジェクトリーダー):
「予選結果は、チームの素晴らしい仕事ぶりを証明しています。しかし、我々の目標は予選で好成績を残すことではなく、レースに勝つことです。我々は、予選結果に満足せず、するべきことの洗い出しと入念な準備をさらに行って、レースに臨むつもりです」

ラルフ ユットナー(アウディスポーツ チームヨーストのテクニカルディレクター):
「雨によるセッション中断が続いた今日は、昨日にも増して混乱した状況でしたが、昨日の夜ほぼ徹夜で行った作業の甲斐があり、より良い結果を出すことが出来ました。ドライバーは全員、素晴らしいマシンだと言ってくれ、昨日より向上したマシンのバランスに満足してくれました。ルマンでは予選の結果はさほど重要ではありませんが、本戦に向けたマシンバランスの向上は、何よりの好材料だと思っています」

ロイック デュバル(Audi R18 e-tron quattroゼッケン2号車):
「昨日のうちにポールポジション獲得タイムを出せて良かったと思っています。ポールポジションを獲ったことで、年間チャンピオン獲得の可能性も向上しました。ルマンの様な長距離レースではさほど意味がないとは言われますが、レースをポールポジションからスタートするに越したことはありませんので、とても嬉しく思っています。実は、昨日の時点でマシンのバランスに不安があったのですが、今日になって、かなり改善されました。今日の予選終了間際になると、路面コンディションが昨日より良くなっていたので、誰かにタイムを逆転されてしまうのではないかと心配もしていましたが、無事にポールポジションからスタート出来ることになりました。すべてが計画通りに上手く運んだことに、とても満足しています」

トム クリステンセン(Audi R18 e-tron quattroゼッケン2号車):
「1-2-3グリッド独占なんて、これ以上は望めない最高の結果です。昨晩、ロイック(デュバル)が最高のタイムを記録してくれた後、我々は本戦に向けてのセットアップに集中していました。その結果、とても満足のいく仕上がりになりました。しかし、ここで気を抜かずに、さらなる準備をチーム全員で調えています。今年もまた優勝するためには、この速さを保ったまま24時間を走り続けられる、ハードなマシンが必要になるからです」

アラン マクニッシュ(Audi R18 e-tron quattroゼッケン2号車):
「チーム全員を褒め称えたいと思います。我々はここ数週間、大まかな準備しか進められませんでしたが、今日になって、1-2-3グリッド獲得という、これ以上ない成果を挙げることが出来ました。予選結果が良かっただけでなく、レース本番に向けての最高のセットアップにも成功しました。19日の予選で、ロイック(デュバル)はかなり荒れた路面にも関わらず、驚異的なタイムを叩き出しました。あの走りは歴史に残るものだったと思っています。そして今日のセッションで、トム(クリステンセン)と私が非常に快適なセットアップが出来たことにも非常に満足していますが、ルマンは24時間という長いレースですので、いつもの様に気を緩めることなく臨みます」

ルマン24時間レースの予選結果

1: デュバル / クリステンセン / マクニッシュ
(Audi R18 e-tron quattro)   3m22.349s

2: ファスラー / ロッテラー / トレルイエ
(Audi R18 e-tron quattro)  3m23.696s

3: ディ グラッシ / ジェネ / ジャービス
(Audi R18 e-tron quattro)  3m24.341s

4: デビッドソン / ブエミ / サラザン
(TOYOTA)  3m26.654s

5: ウルツ / ラピエール / 中嶋
(TOYOTA) 3m26.676s

|

« LM24:トヨタ・レーシングとTS030HYBRID 予選4番手と5番手。レースセッティングを詰めて、ル・マン24時間の決勝レースへ 。 | トップページ | LM24:4時間経過時点でトヨタ・レーシングは3位、5位を走行中 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:Audi、ルマンのスターティング グリッド最上位を独占:

« LM24:トヨタ・レーシングとTS030HYBRID 予選4番手と5番手。レースセッティングを詰めて、ル・マン24時間の決勝レースへ 。 | トップページ | LM24:4時間経過時点でトヨタ・レーシングは3位、5位を走行中 »