« PPIHC:パイクスピーク・ヒルクライム 予選1回目結果 | トップページ | GP2:Rd.5シルバーストーン 予選結果 »

2013年6月28日 (金)

WEC,LM24:F1ドライバー、マーク・ウェバーがポルシェでル・マンに参戦

マーク・ウェバー (C)Porsche AG. 拡大します

プレスインフォメーション 2013年6月28日
世界耐久選手権およびル・マン24時間

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)は、オーストラリア出身のF1ドライバーであるマーク・ウェバーと、複数年に渡る契約を交わしました。ウェバーは、2014年シーズンからポルシェの新しいLMP1スポーツプロトタイプでル・マン24時間およびスポーツカー世界耐久選手権(WEC)に参戦する予定です。36歳のウェバーは、すでにル・マンに2回参戦した経験を有しています。また、1998年にはFIA GT選手権でスポーツプロトタイプをドライブし、シリーズランキング2位でフィニッシュしました。2002年にF1でのキャリアをスタートしてから今日に至るまで、ウェバーは表彰台に36回上り、9度の優勝を経験、ポールポジションの獲得は11回を数えます。

「ポルシェのル・マンおよびWECのトップカテゴリーへの復帰に関われること、そしてチームの一員となることができ光栄です。ポルシェは、マニュファクチュアラーとしてレースの歴史を刻み、傑出したテクノロジーと最高のパフォーマンスの代名詞です」とマーク・ウェバーが語ります。「私のF1のキャリア後に待ち受ける、新たなチャレンジを非常に楽しみにしています。ポルシェは自らにきわめて高い目標を設定したことに疑いの余地はありません。世界最速のスポーツカーの一台をドライブするのを今から待ち切れません」。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

* マーク・ウェバー今期限りでF1引退のニュースはこちら

「私達のLMP1プロジェクトに、現在最高かつ最大の成功を収めているF1ドライバーのひとりであるマーク・ウェバーを迎えることができ、大変嬉しく思っています」とポルシェAGの研究開発担当役員であるヴォルフガング・ハッツが話します。「マークは、世界最高のレーシングドライバーのひとりであることは明白で、彼はル・マン24時間レースの経験がある上、長年のポルシェ エンスージャストでもあるのです」。

「共にF1に関わっていたときからマークの資質を評価しています」とLMP1のトップであるフリッツ・エンツィンガーが述べています。「彼は、私達のチームにとって考え得る最高のドライバーのひとりです。2014年シーズンから、このように経験豊かで速いレギュラードライバーと一緒に戦うことができ、非常に喜んでいます」。

マーク・ウェバーと共に新たなLMP1カーに搭乗するのは、ポルシェのワークスドライバーであるティモ・ベルンハルト(ドイツ)とロマン・デュマ(フランス)の2名のベテラン、さらに元F1テストドライバーのニール・ジャニ(スイス)です。ベルンハルトとデュマは共に2010年のル・マン24時間レースで総合優勝を果たしています。また、2007年および2008年には、LMP2スポーツプロトタイプのRSスパイダーをドライブし、アメリカン・ル・マン・シリーズのタイトルを獲得しています。ニール・ジャニは、2010年からLMP1クラスに参戦しています。

|

« PPIHC:パイクスピーク・ヒルクライム 予選1回目結果 | トップページ | GP2:Rd.5シルバーストーン 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC,LM24:F1ドライバー、マーク・ウェバーがポルシェでル・マンに参戦:

« PPIHC:パイクスピーク・ヒルクライム 予選1回目結果 | トップページ | GP2:Rd.5シルバーストーン 予選結果 »