« ALMS:Rd.4ライムロック レース結果 | トップページ | INDY:Rd.11ポコノ レース結果 »

2013年7月 8日 (月)

INDY:三角形オーバルコースでスコット・ディクソンが予選7番手、佐藤琢磨は8番手を獲得 (ホンダ)

Honda

2013年7月6日(土)・予選  
会場:ポコノ・レースウェイ  
天候:快晴  気温:27~28℃

ペンシルベニア州のポコノ・レースウェイでインディカー・レースが開催されるのは1989年以来となります。オーバルコースといえば楕円、もしくは長円のレイアウトですが、ポコノのコースは三角形です。その上、3つのコーナーは異なる半径を備え、バンクの傾斜角度も一つひとつのコーナーで違っています。

コース全長は2.5マイルあり、シリーズ最大のインディアナポリス・モーター・スピードウェイと同じですから、スピードは極めて高く、ユニークなコースレイアウトがマシンセッティングを難しくしています。とくに、バンクの急なターン1とバンクがとても小さいターン3、長いメインストレートの両端にあるコーナーの性格が正反対に近いため、どちらのコーナーでも高度なハンドリングレベルを手にするのが困難なのです。

1時間のプラクティスのあと、各エントリーが単独走行で2周連続のアタックを行う予選が開催されました。天候は快晴で気温、湿度ともに高く、強めの風が吹き続けるコンディションでした。予選アタック、そしてマシンセッティングの難しい戦いとなりましたが、スコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)が平均時速219.500マイルを記録して予選7番手を獲得しました。ポールポジションは、ペンシルベニア州が地元のマルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)が獲得しました。

ポイントランキングで8位につけている佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、アタック1周目が時速219.097マイル、アタック2周目が219.151マイルと極めて安定したラップを走行。平均時速219.124マイルでディクソンに次ぐ予選8番手を獲得しました。そして、シモン・パジェノー(Schmidt Hamilton Motorsports)が予選9番手につけました。

ホンダモータースポーツリリース

コメント
スコット・ディクソン(7番手)

「予選は自分たちが想定していた通りの結果となりました。ライバルが速いのは確かですが、私たちのマシンは非常にいいセッティングに仕上がっています。バランスがとてもいいところが気に入っています。その上、私たちは最新のHondaエンジンを搭載しており、エンジン性能の進歩を感じることもできています。ポコノは本当にすばらしいオーバルコースで、私はドライビングを大いに楽しんでいます。明日のレースが激しいバトルとなって、熱狂的なファンが思う存分にインディカーのレースを楽しんでくれることを期待しています」

佐藤琢磨(8番手)
「今日の予選結果にはとても満足しています。持っている力をすべて出しきりました。プラクティスでは1回しか予選シミュレーションができず、オープンテストとプラクティス1回だけと準備期間が短かったというのに、新しいコースでこれだけの成績を出せたのはエンジニア、そしてチームのクルーたちが最高の仕事をしてくれたからです。予選アタックはとても楽しいものでした。ターン1とターン3でマシンのバランスが全く異なるコースのため、アタック中はコクピット内でとても忙しくツールを操作していました。アタックを終えた時には、大きな達成感を得ることができました。明日のレースがとても楽しみです」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・ディレクター
「グリッド3列目より1列目を独占したかったところです。スコット・ディクソン、佐藤琢磨、シモン・パジェノーが予選7、8、9番手につけました。木曜日のオープンテストから今日の間にも私たちはHondaエンジンを進化させることができていますし、レースを戦うペースなら私たちも十分な競争力を持っていると確信しています。ポコノはインディアナポリスよりもコーナーがタイトで、より広いエンジンの回転域を使った戦いが繰り広げられます。フォンタナは高い回転域を保ち続けての戦いですから、トリプルクラウンのコースは一つひとつでエンジンに求められる性能が異なっている訳です。私たちはエンジンのパワーをできる限り広い回転域で発揮させるよう開発を続けてきました。その成果が明日のレースで威力を発揮してくれることを期待しています」

予選
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム

1 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー 01:21.3473
2 1 R.ハンターレイ Andretti Autosport シボレー 01:21.4877
3 27 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport シボレー 01:21.6583
4 12 W.パワー Team Penske シボレー 01:21.7118
5 11 T.カナーン KV Racing Technology シボレー 01:21.9577
6 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー 01:21.9742
7 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda 01:22.0044
8 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda 01:22.1453
9 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda 01:22.2448
10 78 S.デ・シルベストロ KV Racing Technology シボレー 01:22.3458
 
11 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda 01:22.3516
13 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda 01:22.4383
14 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 01:22.4780
16 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda 01:22.6324
17 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 01:22.7749
18 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda 01:22.9314
19 18 ピッパ・マン Dale Coyne Racing Honda 01:22.9570
20 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda 01:22.9981
24 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda -

|

« ALMS:Rd.4ライムロック レース結果 | トップページ | INDY:Rd.11ポコノ レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57747545

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:三角形オーバルコースでスコット・ディクソンが予選7番手、佐藤琢磨は8番手を獲得 (ホンダ):

« ALMS:Rd.4ライムロック レース結果 | トップページ | INDY:Rd.11ポコノ レース結果 »