« NASCAR:Rd.18デイトナ レース結果 | トップページ | GP2:Rd.6ニュルブルクリンク レース結果 »

2013年7月 8日 (月)

INDY:スコット・ディクソンが今季初優勝、Hondaはインディカー200勝目を表彰台独占で飾る

(C)Honda Motor Co Ltd. 拡大します

20113年7月7日(日)・決勝  
会場:ポコノ・レースウェイ  
天候:快晴  
気温:28~29℃

ニューヨークの摩天楼から西へ約100マイル、ペンシルベニア州の山中にある全長2.5マイルのポコノ・レースウェイで、1989年以来、24年ぶりとなるインディカー・レースが行われました。

決勝日のポコノの空は抜けるように青く、さわやかな風が吹き渡る絶好のコンディションに恵まれました。ファンは長いメインストレート横のグランドスタンドと、芝生の敷かれたインフィールドに陣取り、ポコノでのインディカー・レースを楽しんでいました。

スコット・ディクソン (C)Honda Motor Co Ltd. 拡大します

正午過ぎにスタートが切られた、160周400マイルのレースは、スタートからゴールまでハイスピードで争われました。スコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)は予選7番手でしたが、エンジン交換を行ったペナルティーで17番グリッドからのスタートとなりました。プラクティスの時点からマシンの仕上がりに自信を持っていたディクソンは、序盤のうちにトップ10まで順位を上げ、3回目のピットストップを終えた133周目にトップに躍り出ました。新スペックのHondaインディV6ターボにはパワーがあり、スピードと燃費セーブの両立を成功させたディクソンは、残る28周でトップを保ったまま走りきり、今季初優勝を飾りました。この優勝は、Hondaにとって今シーズン4勝目となります。

2位でゴールしたのは12番手スタートのチャーリー・キンボール(Chip Ganassi Racing)で、3位には20番手という後方グリッドからスタートしたダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)が入り、Chip Ganassi Racingはチームとして初の1-2-3フィニッシュを達成しました。

Hondaは1994年にアメリカのインディカーへ参戦を開始し、95年にニュー・ハンプシャー・インターナショナル・レースウェイで初優勝を記録しました。そして、今日の勝利はHondaにとってインディカーでの200勝目となりました。

ホンダモータースポーツリリース

ジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)は、15番手スタートから自己ベストタイの5位でフィニッシュ。シモン・パジェノー(Schmidt Hamilton Motorsports)は、8番グリッドから上位を走り続けましたが、ゴール目前に周回遅れに進路をふさがれて2台にパスを許し、6位でのゴールとなりました。そして、ジャスティン・ウィルソン(Dale Coyne Racing)は、最後列22番グリッドから7位まで大きく順位を上げてゴールし、Hondaドライバー6人がトップ10フィニッシュを果たしました。

佐藤 琢磨 (C)Honda Motor Co Ltd. 拡大します

3列目イン側グリッドからスタートした佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、スタートからトップグループにつけ、1回目のピットストップを終えた時点で3番手に浮上していました。そのあと、1つポジションを落とした佐藤でしたが、マシンの仕上がりがよく、優勝の期待が高まりました。しかし、61周を終えて2回目のピットストップへと向かった際に、佐藤はブレーキングポイントを見誤り、ピットレーンを走行していたライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)に後方から接触しました。チームはマシンをガレージに運んで修理を試みましたが、長時間の作業が必要となるダメージが発見され、リタイアを決意しました。

(C)Honda Motor Co Ltd. 拡大します

コメント
スコット・ディクソン(優勝)

「ポコノはすばらしいコースです。私はこのコースにインディカー・シリーズが戻ってきたことを、とてもうれしく思います。今日の私たちはマシンの仕上がりがよいとの確信を持っていましたが、レースがどのようなペースで戦われることになるのかの判断は難しかったと思います。気温の高いコンディションでレースが戦われると判明したあと、私たちはマシンに攻撃的なセッティングを施してスタートへ臨むことにしました。レースでは燃費のよさがカギを握ることになりました。Hondaエンジンは燃費が大変よく、ライバルに対して驚くほどの差を持っていました。そして、私たちには十分なスピードもありました。1年近くも勝利から遠ざかっていたので、また優勝できて本当にハッピーです。しかも、Hondaにとっての200勝目という記念すべき勝利に関わることができ、光栄に感じています」

(C)Honda Motor Co Ltd. 拡大します

佐藤琢磨(22位)
「スタート直後からバトルを制してポジションを稼ぎ、リスタートでもさらに順位を上げて、いいポジションで戦うことができていました。あの時点で先頭に出るのは厳しかったかもしれませんが、トップはみえていましたし、同じペースを保つことも可能でした。1回目のピットストップのときにコースがグリーンで、あのときはピットロードへ入るところで減速し過ぎたほどでした。そこで、2回目はピット入口までもう少しプッシュしました。前を走っていたマシンをピットストップで抜いて順位を上げようと考えていましたが、ターン3からピット入口へのアプローチがオーバースピードになり、リアタイヤがロックしてマシンが横を向いてしまいました。あれは私のミスでした。勝てる可能性があったレースだけに本当に残念です」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・ディレクター
「インディカー・シリーズに復活した伝統あるレースで、勝つことができました。Chip Ganassi Racingが見事なレースを戦ってくれました。1-2-3フィニッシュを達成でき、とても喜んでいます。Hondaエンジンは燃費性能で明確な優位性を持っていることを、今日のレースでは見せつけることができました。ディクソンは初めて走ったときからポコノのコースをおおいに気に入っており、マシンセッティングもよいものをつかんでいました。彼は、3つの高速コーナーにチャレンジすることを楽しんでいましたね。キンボールは彼のキャリアでベストの走りをみせていました。そして、フランキッティも難しいコースで持てる力を発揮していたと思います。Hondaにとっての200勝目を、伝統あるイベント、インディカーが走るにふさわしいコースで記録できたことも大きな喜びです。このような圧倒的な勝利は、開発スタッフ、そしてチームの士気を上げてくれます。今までもがんばっていましたが、さらに力を注ぎ込もうというモチベーションがわいてきます。来週はトロントでレースが開催されます。カナダの熱狂的なレースファン、Hondaファンの前でレースを行えるのが、今から楽しみです」

決勝
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差

1 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda 2:04:26.4178
2 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda +0.4572
3 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda +1.1989
4 12 W.パワー Team Penske シボレー +5.6320
5 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda +7.1949
6 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda +9.4074
7 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda +13.3012
8 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー +13.9376
9 20 E.カーペンター Ed Carpenter Racing シボレー +15.5500
10 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー +18.4584
 
12 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +36.2536
15 18 ピッパ・マン Dale Coyne Racing Honda +1Lap
17 98 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda +2Laps
18 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda +2Laps
19 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda +2Laps
22 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda +99Laps

ポイントスタンディング
ドライバー
順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1 H.カストロネベス Team Penske 356
2 R.ハンターレイ Andretti Autosport 333
3 M.アンドレッティ Andretti Autosport 301
4 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 291
5 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 272
6 T.カナーン KV Racing Technology 271
7 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports 269
8 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 253
9 W.パワー Team Penske 242
10 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing 241
 
11 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 237
12 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 234
15 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing 212
16 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing 194
17 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing 190
19 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports 158
22 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta 130
24 マイク・コンウェイ Dale Coyne Racing 97
27 アナ・ベアトリス Dale Coyne Racing 72
30 ピッパ・マン Dale Coyne Racing 29
31 コナー・デイリー A.J. Foyt Racing 11
33 キャサリン・レッグ Schmidt Peterson Motorsports 8

マニュファクチャラー(エンジン)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 シボレー 87
2 Honda 78

|

« NASCAR:Rd.18デイトナ レース結果 | トップページ | GP2:Rd.6ニュルブルクリンク レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/57747933

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:スコット・ディクソンが今季初優勝、Hondaはインディカー200勝目を表彰台独占で飾る:

« NASCAR:Rd.18デイトナ レース結果 | トップページ | GP2:Rd.6ニュルブルクリンク レース結果 »