« WEC:トヨタ・レーシングとTS030 HYBRID WEC第4戦サンパウロ6時間レース序盤で無念のリタイア | トップページ | NASCAR:Rd.25アトランタ レース結果 »

2013年9月 2日 (月)

INDY:シモン・パジェノーが波乱のレースを制し、2勝目を飾る (ホンダ)

In130901001h

September 1 2013, RACE
Grand Prix of Baltimore 

ジョセフ・ニューガーデンも2位に入り、Honda インディV6ターボが今季6度目の1-2フィニッシュ
佐藤琢磨はトラブルでリタイア

2013年9月1日(日)・決勝  
会場:ボルチモア市街地特設コース  
天候:快晴  気温:29~31℃

2013年のインディカー・シリーズは終盤を迎えています。今週末のグランプリ・オブ・ボルチモアを含め、残るレースは4戦だけで、チャンピオン争いはもちろんのこと、ポイントランキングの一つひとつのポジションをめぐる争いもし烈さを増しています。

In130901002h

第16戦が開催されるのは、大西洋から深く入り込んだチェサピーク湾の港町、ボルチモアです。まだ暑さの残るレイバー・デイ・ウイークエンドに、今年で3回目を数えるウォーターフロントでのレースは華々しく開催され、3番手からスタートしたシモン・パジェノー(Schmidt Hamilton Motorsports)が、Honda インディV6ターボ搭載マシンで今シーズン2勝目を飾りました。2位でゴールしたのはジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)で、Honda インディV6ターボの1-2フィニッシュでレースは幕を閉じました。

ホンダモータースポーツリリース

午後2時40分、強い日差しを浴びながら24台のインディカーはスタートを切りました。ビルの間を縫う全長2.04マイルのコースを75周するレースは、タイトなターンへのブレーキングでマシン同士の接触が多発し、連鎖反応で後続も巻き込まれるアクシデントが次々に発生しました。

レースの3分の1にあたる25周にわたってフルコースコーションが出された結果、ピットタイミングの違いによって順位が目まぐるしく変わる戦いとなりました。その中で3番手からスタートしたパジェノーはトップ10を走り続け、レース中盤に続けて行われたリスタートで着実に順位を上げていきました。そして、2回目のピットストップをフルコースコーション中の50周目に行いました。

ゴールまで走りきれるだけの燃料を補給し、タイヤも交換したパジェノーは、13番手まで順位を下げましたが、多くのマシンはもう一度ピットストップを行う必要があり、パジェノーは60周目に切られたリスタートを、再び3番手まで順位を上げて迎えました。マシンの仕上がりに絶対の自信を持っていた彼は、リスタートからのタイヤがまだ温まりきらない状況でライバル2台を続けてパスし、キャリア2勝目を飾りました。

デトロイトでのダブルヘッダーの2レース目でキャリア初優勝を記録したばかりのパジェノーは、同じシーズンに早くも2勝目を挙げ、ポイントスタンディングを5位から3位へと浮上させました。Schmidt Hamilton Motorsportsにとっても今回の勝利はキャリア2勝目となりました。そして、Hondaは今シーズンの8勝目を挙げ、再びライバルと今シーズンの優勝回数で並びました。

In130901003h

2位でゴールしたのはニューガーデンでした。予選で今季ベストとなる5番グリッドを獲得した彼は、アグレッシブな走りでキャリア初の表彰台に到達しました。今シーズンはすでに4度の1-2-3フィニッシュを記録しているHondaは、今シーズン6度目の1-2フィニッシュをボルチモアで達成しました。また、予選4番手だったジャスティン・ウィルソン(Dale Coyne Racing)も粘り強く走りきって今シーズン5度目のトップ5入りとなる4位でゴールし、Hondaドライバー3人がトップ5フィニッシュを記録しました。

In130901004h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は10番グリッドから得意のスタートで7番手までポジションアップしました。ファイナルプラクティスで8番手となるラップタイムを記録してマシンの仕上がり具合にとても満足していた佐藤は、順調なスタートを決めたあとにトップグループに加わっていくことが期待されました。しかし、突然のパワーダウンでピットイン。修復はならず、4周を走っただけでのリタイアを喫しました。

次戦はテキサス州ヒューストンのストリートサーキットを舞台とする新イベントで、今年3度目のダブルヘッダーでシリーズ第17戦、第18戦が開催されます。

コメント
シモン・パジェノー(優勝)

「チームが用意してくれたマシンがファンタスティックでした。今週末の私たちはマシンセッティングも順調に進歩させていくことができていました。レースでは何度もリスタートが切られましたが、そこでトラブルに巻き込まれない幸運も私たちにはありました。最初のピットストップまではペースが上がりませんでしたが、レース中盤にスピードアップすることができ、2度目のピットストップを行うタイミングが完ぺきだったことで終盤のリスタートに3番手で臨むことができました。そこからの私は思いきりハードに走り、前を走る2台をリスタートからの数周のうちにオーバーテイクできました。チャンピオンシップ争いへと食い込んでいく勝利を飾ることができたと思います」

佐藤琢磨(24位)
「予選までにはトラブルも不運もありましたが、決勝日のウォームアップでマシンをとてもいいものに仕上げることができました。新品のソフトタイヤを選んだスタートもうまくいき、アクシデントに巻き込まれることなく7番手まで順位を上げることができましたので、燃料をセーブし、タイヤを温存し、ほどよいペースで走り続ける体制を整えました。ところが、そこで突然のパワーダウンを感じました。すぐに燃料のミクスチャーセッティングを変えるなどを試みましたがパワーが戻ってくることはなく、ピットでリタイアしました。マシンがいいものになっていただけに本当に残念です。次のヒューストンは今シーズン最後のストリートレースですから、是非ともいい走りを実現したいです。ダブルヘッダーでの大量得点を目指します」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・ディレクター
「レースがどんな結末になるのか、まるで予測のつかない戦いになっていました。多くのドライバーがアグレッシブな走りをみせ、アクシデントが多発したレースでシモン・パジェノーは安定した走りを続けていました。チームの作戦もすばらしかったと思います。レース終盤のバトルでのパジェノーは、計算し尽くしたタイミングでライバルをパスし、トップに立ったあとは後続を突き放してみせました。ジョセフ・ニューガーデンも見事なレースを戦い、キャリアベストの2位フィニッシュで表彰台に上りました。ブラジルで2位フィニッシュを逃した彼ですが、今回はチームからの無線の指示もよく、冷静さを保ってゴールまでマシンを運びました。残念だったのはポイントスタンディング2位につけているスコット・ディクソンです。チャンピオンシップポイントの差を一気に縮めることができるとみえていたレースが一転、先週に続いて12号車と接触し、ポイント差が逆に大きくなりました。もちろん、まだ3レースが残っており、逆転は十分に可能ですから、ディクソンのがんばりに期待したいと思います」

決勝
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム/差

1 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda 2:16:32.3443
2 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda +4.1592
3 7 S.ブルデー Dragon Racing シボレー +7.9588
4 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda +10.7598
5 78 S.デ・シルベストロ KV Racing Technology シボレー +11.6017
6 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda +21.4160
7 27 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport シボレー +22.8422
8 6 S.サーベドラ Dragon Racing シボレー +25.5377
9 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー +29.3117
10 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー +40.5499
 
11 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda +1Lap
16 18 ステファン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda +3Laps
17 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda DNF
19 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda DNF
21 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing Honda DNF
22 98 ルカ・フィリッピ Barracuda Racing/Bryan Herta Honda DNF
23 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda DNF
24 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda DNF

ポイントスタンディング
ドライバー
順位 ドライバー チーム 総合ポイント
1 H.カストロネベス Team Penske 501
2 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 452
3 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports 431
4 M.アンドレッティ Andretti Autosport 430
5 R.ハンターレイ Andretti Autosport 427
6 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing 393
7 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 388
8 J.ヒンチクリフ Andretti Autosport 376
9 W.パワー Team Penske 371
10 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 363
 
14 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing 291
15 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing 278
18 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing 266
19 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing 244
20 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports 230
23 アレックス・タグリアーニ Barracuda Racing/Bryan Herta 163
24 マイク・コンウェイ Dale Coyne Racing 149
26 J.R.ヒルデブランド Barracuda Racing/Bryan Herta 93
27 アナ・ベアトリス Dale Coyne Racing 72
30 ピッパ・マン Dale Coyne Racing 29
31 ジェームス・デイビソン Dale Coyne Racing 27
32 ルカ・フィリッピ Barracuda Racing/Bryan Herta 22
33 ステファン・ウィルソン Dale Coyne Racing 14
34 コナー・デイリー A.J. Foyt Racing 11
36 ルーカス・ルアー Sarah Fisher Hartman Racing 8
37 キャサリン・レッグ Schmidt Peterson Motorsports 8

マニュファクチャラー(エンジン)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 Honda 120
1 シボレー 120

|

« WEC:トヨタ・レーシングとTS030 HYBRID WEC第4戦サンパウロ6時間レース序盤で無念のリタイア | トップページ | NASCAR:Rd.25アトランタ レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/58112828

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:シモン・パジェノーが波乱のレースを制し、2勝目を飾る (ホンダ):

« WEC:トヨタ・レーシングとTS030 HYBRID WEC第4戦サンパウロ6時間レース序盤で無念のリタイア | トップページ | NASCAR:Rd.25アトランタ レース結果 »