« WEC:トヨタ・レーシングのTS030 HYBRIDは僅差の2,3番手から決勝へ | トップページ | ALMS:Rd.10(最終戦)ロードアトランタ(プチルマン) 予選結果 »

2013年10月20日 (日)

INDY:高速オーバルでの予選でチャーリー・キンボールが5番手、佐藤琢磨はプラクティスでのアクシデントにより予選を走らず (ホンダ)

Honda

2013年10月18日(金)・予選  
会場:フォンタナ・オートクラブスピードウェイ  
天候:快晴  気温:27.5℃

2013年のIZODインディカー・シリーズは最終戦を迎えました。今年もシーズン最後のレースはカリフォルニア州フォンタナのオートクラブスピードウェイで開催されます。全長2マイルのスーパースピードウェイは、コーナー部に最大14度のバンク(傾斜)がつけられており、予選用にウイングを寝かせて抵抗を減らしたインディカーの最高速度は220mph以上にも達します。

南カリフォルニアらしい爽やかな青空の下、出場ドライバーたちは2周連続のアタックによる予選を戦いました。最終戦へのエントリーは25台。この中から平均時速217.986mphをマークしたチャーリー・キンボール(Chip Ganassi Racing)が、予選5番手で2列目真ん中のグリッドを獲得しました。キンボールはアラバマのバーバー・モータースポーツパークでのシリーズ第2戦と、特にミッドオハイオ・スポーツカー・コースでの第14戦の予選で5番手という成績を残しており、とくにミッドオハイオではデビュー3シーズン目にしてキャリア初勝利を飾りました。この日の予選結果は自己ベストに並ぶものですが、それと同時に、キンボールはオーバルコースにおけるキャリアベストグリッド獲得を果たしました。

6番手となったのは、キンボールと同様にインディカーでの3シーズン目を戦っているジェームズ・ジェイクス(Rahal Letterman Lanigan Racing)でした。平均時速217.979mphを記録した彼も、オーバルコースでの自己ベストとなるグリッドを手に入れました。

ポイントリーダーとして最終戦を迎えているスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)は、予選2ラップの合計タイムがジェイクスと全く同じ1分6秒0613=平均時速217.979mphでした。このような場合は、先にアタックを終えたドライバーに上位グリッドを与えられるルールであるため、ジェイクスが6番手、ディクソンが7番手となりました。

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、予選を前にした午前中のプラクティス中に、ターン4でアクシデントを起こし、マシンの修復が間に合わなかったために予選出走を断念しました。佐藤にケガはなく、この日の夕方に行われる30分間のファイナルプラクティスでマシンのチェック、そして、決勝に備えたセッティングの確認を行う予定です。

ホンダモータースポーツリリース

コメント
チャーリー・キンボール(5番手)
「予選での自分たちの走りには満足をしています。しかし、重要なのは500マイルで争われる明日の決勝です。このように長丁場のレースでは、安定した走りを続けられるマシンが必要です。また、イン側からアウト側まで、どのラインでも自在に走ることのできるマシンに仕上がっていなければ思う存分に戦うことはできません。今週末の私たちは、マシンのハンドリングにとても満足しています。予選でも上位に食い込めましたし、明日のレースがとても楽しみです」
ロジャー・グリフィス|HPD テクニカル・ディレクター
「今日の予選ではチャーリー・キンボールが奮闘を見せてくれました。キャリア初勝利をミッドオハイオで飾った通り、彼は今シーズン中に大きく成長しています。フォンタナの高速オーバルでの予選5番手はすばらしい結果であり、明日のレースでも力強い走りを見せてくれるものと期待をしています。ジェームズ・ジェイクスの予選6番手もすばらしい結果です。彼も急速に力をつけているドライバーの一人です。佐藤琢磨はプラクティスでアクシデントに遭う不運に見舞われましたが、マシンは夕方のプラクティスまでには修復される見込みで、レースでも元気な走りを見せてくれるはずです。彼は高速オーバルで、これまでに何度も好走をみせてきています。明日は、いよいよ今シーズンの最終戦です。500マイルという長いレースで、Hondaエンジンが高い力を発揮し、最高の結果を獲得できることを願っています」

予選
順位 No. ドライバー チーム エンジン タイム
1 12 W.パワー Team Penske シボレー 01:05.2247
2 3 H.カストロネベス Team Penske シボレー 01:05.5508
3 2 A.J.アルメンディンガー Team Penske シボレー 01:05.7854
4 7 S.ブルデー Dragon Racing シボレー 01:05.9000
5 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing Honda 01:06.0592
6 16 ジェームズ・ジェイクス Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 01:06.0613
7 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing Honda 01:06.0613
8 25 M.アンドレッティ Andretti Autosport シボレー 01:06.0678
9 20 E.カーペンター Ed Carpenter Racing シボレー 01:06.0758
10 67 ジョセフ・ニューガーデン Sarah Fisher Hartman Racing Honda 01:06.0942
 
13 10 アレックス・タグリアーニ Chip Ganassi Racing Honda 01:06.2316
16 77 シモン・パジェノー Schmidt Hamilton Motorsports Honda 01:06.5290
18 15 グレアム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing Honda 01:06.6341
19 98 J.R.ヒルデブランド Barracuda Racing/Bryan Herta Honda 01:06.6769
20 55 トリスタン・ボーティエ Schmidt Peterson Motorsports Honda 01:06.9124
23 19 ジャスティン・ウィルソン Dale Coyne Racing Honda -
24 18 ピッパ・マン Dale Coyne Racing Honda -
25 14 佐藤琢磨 A.J. Foyt Racing Honda -

|

« WEC:トヨタ・レーシングのTS030 HYBRIDは僅差の2,3番手から決勝へ | トップページ | ALMS:Rd.10(最終戦)ロードアトランタ(プチルマン) 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/58418605

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:高速オーバルでの予選でチャーリー・キンボールが5番手、佐藤琢磨はプラクティスでのアクシデントにより予選を走らず (ホンダ):

« WEC:トヨタ・レーシングのTS030 HYBRIDは僅差の2,3番手から決勝へ | トップページ | ALMS:Rd.10(最終戦)ロードアトランタ(プチルマン) 予選結果 »