« WEC:Rd.9(最終戦)バーレーン レース結果 | トップページ | ROC:今年のレースオブチャンピオンズはタイ国内の治安悪化により中止に »

2013年12月 1日 (日)

WEC:トヨタ・レーシング、最終戦バーレーン優勝で今シーズンを締めくくる

Toyota TS030 HYBRID (C)TMG. 拡大します

2013年12月1日(日)

11月30日(土)FIA世界耐久選手権(WEC)最終戦バーレーン6時間の決勝レースが行われ、トヨタ・レーシングのTS030 HYBRIDが最終戦で勝利を飾った。

アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、ステファン・サラザンの3名が駆るTS030 HYBRID #8は、バーレーン・インターナショナル・サーキットで圧倒的なパフォーマンスを見せ、チームにとって富士6時間レースに続く今季2勝目を挙げた。

序盤レースをリードしたアレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエールと中嶋一貴のTS030 HYBRID #7は、2位を走行中にオイル漏れによるエンジントラブルに見舞われ、レースを終えることとなってしまった。

ポールポジションの#7 ラピエールと2番手で最前列グリッドに並んだ#8 ブエミの2台は、序盤から首位を争いながらライバルとの差を広げていった。

ちょうど1時間が経過した時、周回遅れによるコース上の渋滞に阻まれ、タイムをロスした#7 ラピエールを#8 ブエミがかわし、首位に立った。2台のTS030 HYBRIDはテール・トゥ・ノーズで周回を重ね、1周ずらして2度目のピットストップへ。それぞれブルツとサラザンへと交代した。

2度目のピットストップ後も、2台による首位争いは2時間経過近くまで続いたが、#7は64周目を終えた直後に突然のトラブルに見舞われ、レースを終えた。

サラザンは後続に対し十分なリードを築き、レースがほぼ半分を経過したところでデビッドソンへとバトンを渡した。

その後の2回のスティントで、首位としてのリードを確実なものとした#8は、最後の80分間をブエミに託し、2位に1分以上の差をつけてトップでチェッカーを受けた。

トヨタ・レーシングにとって初めてのWECフル参戦となった2013年シーズン、マニュファクチャラーズ選手権では142.5ポイントを獲得してランキング2位となり、2勝、6回の表彰台と3回のポールポジション獲得という結果となった。

ドライバーズ選手権では、#8の3人のドライバーが106.25ポイントでランキング3位。8戦中6戦に出場したブルツとラピエールが69.5ポイントで4位、4戦に出場した中嶋一貴は37.5ポイントを獲得した。

昨年のル・マン24時間レースでデビューし、最後のレースとなる今大会まで14戦を戦ってきたTS030 HYBRIDは、5回のポールポジション獲得、5勝を含む10回の表彰台獲得を果たした。

トヨタモータースポーツニュース

TS030 HYBRID #7:
(アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール/中嶋一貴)
決勝レース:リタイア(64周) ピットストップ2回、最速ラップ1分44秒440

アレックス・ブルツ #7:
今年最後のレースで結果を残せずシーズンを締めくくることになり、本当に残念だ。私のスティントの間はタイヤをうまく持たせて良い首位争いをしていた。サラザンをとらえていたんだ。全ては順調に感じていたのだが、突然異音がし、オイルの臭いがしたと思ったら駆動力を失った。それでゲームオーバーだ。この週末、チームは本当に良い仕事をしただけに、この結果は本当に残念だ。

ニコラス・ラピエール #7:
「今日はいける」と思えただけに、非常にがっかりしている。私は好スタートを切り、ブエミと共にプッシュを続け、後続との差を広げていった。トラフィックに引っかかった際、ちょっとしたことで首位の座は譲ることになったが、まだブエミの直後につけており、2台のTS030 HYBRIDは好調だった。その後ブルツへと交代したが、不運にもエンジントラブルに見舞われてしまった。このようなシーズンの終わり方は不本意だが、我々のTS030 HYBRIDが高い戦闘力を示せたことで、来年に向けての励みになった。

中嶋一貴 #7:
我々は非常に良いレースを戦い、チームメイトと接近戦を繰り広げていたが、残念ながらエンジントラブルでレースを終えることになってしまった。決勝レースを走ることなく終えることになったのは残念だが、これもレースだ。今年の我々には少し運が足りなかったが、来年のために運を残してあるんだと思うことにしている。

TS030 HYBRID #8:
(アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ/ステファン・サラザン)
決勝レース:1位(199周) ピットストップ7回、最速ラップ1分44秒323

アンソニー・デビッドソン #8:
表彰台の中央に立ってシーズンを終えるのはとても良い気持ちだ。今年、やっと本当の勝利を得られたことは、チーム全員にとって最高だった。富士のレースで7号車が優勝したが、雨でまともな状況ではなかった。それに比べ、今日の勝利には価値がある。特に、レースをリードしながらメカニカルな問題でリタイアを余儀なくされた上海の後では尚更だ。今回は、週末を通してずっとスピードがあった。それに、僕にとってトヨタ・レーシングでの初勝利であり、嬉しくないわけがない。

セバスチャン・ブエミ #8:
初勝利を長い間待っていたので、今日の勝利は最高だ! チームがシーズンを通してこなしてきた激務が報われたということだ。しばらくこの勝利の余韻に浸ったら、また来年に向けて張り切らなければならない。シーズン最終戦で勝利するということは、クルマの戦闘力が高くなったということの証だ。といっても、我々は耐久レースに於いてはまだ新参者だ。だからこそ今回の勝利は誇りを持っていいが、来年はもっと勝たなければ。

ステファン・サラザン #8:
チームにとって最高のレースだった。デビッドソンとブエミと共に勝利をあげることをどれだけ待ったか。ミスはまったく犯さず、週末を通して速く、レースセットアップも非常に良かった。レースをコントロール出来、運転も順調だったので、勝てると信じていた。とにかく最高で、まるで夢のようだ。チームは最高の仕事をし、その一員であることがこんなに幸せなことだとは!

木下美明 チーム代表:
シーズン最後のレースで勝ち取ったこの勝利は、我々にとって特別の意味がある。我々の勝利は運に味方されたものではなく、ライバルに比べ我々のパフォーマンスが良かったということであり、この点が特に嬉しい。最後の数レースにおいては、必ずしも思い通りの結果に結びつかない部分もあったが、我々の本当の実力を世界に見てもらえたと思う。シーズン中、ずっと懸命に努力を続けてくれたチーム全員に感謝したい。厳しい1年だったが、素晴らしい形で締めくくれた。 
 

|

« WEC:Rd.9(最終戦)バーレーン レース結果 | トップページ | ROC:今年のレースオブチャンピオンズはタイ国内の治安悪化により中止に »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEC:トヨタ・レーシング、最終戦バーレーン優勝で今シーズンを締めくくる:

» WEC最終戦でToyotaが勝てたか [適当に…]
レース半分でLMP1クラスは5台中3台がリタイヤしてこのまま全滅?と心配していたが何とか2台が走りきったようだそして今シーズン何とかToyotaは、Audiに勝てたように見えるがAudiは、今シーズン登場させたエキゾーストブローを残り2戦やめて2014年に向けたレースをしていた印象GTE-Proクラスもアストンマーチンの97と99が共にリタイヤフェラーリの51号車がポルシェを抑えて優勝か可夢偉とフィジケラの71号車はドライバー交代のあとにトラブル?により緊急ピットで1周遅れだったが3位表彰台にあがっ... [続きを読む]

受信: 2013年12月 1日 (日) 11時01分

« WEC:Rd.9(最終戦)バーレーン レース結果 | トップページ | ROC:今年のレースオブチャンピオンズはタイ国内の治安悪化により中止に »