« ASLMS:Rd.4(最終戦)セパン 予選結果 | トップページ | ASLMS:Rd.4(最終戦) セパン レース結果 »

2013年12月 9日 (月)

WEC:アウディ、2014年型R18 etron-quattroのセブリングテストを開始

2014 AUDI R18 etron-quattro C)AUDI AG. 拡大します

12月8日、アウディ・モータースポーツは、同日からアメリカ、セブリングで2014年型のアウディR18 etron-quattroのテストを開始することを発表した。
バーレーンでの世界耐久選手権(WEC)最終戦から1週間、ヨーロッパではすでにテストを行ったとされる2014年R18はこれまで非公開とされていた。

インゴルシュタットのアウディ本社と、ネーッカーズルムのアウディ・モータースポーツは、2014年のWECレギュレーションに適合し、最高効率を目標に設計された根本的に新しいルマンカーを開発した。開発は2012年にスタートし、2013年秋にはロールアウトした。R18としては4年目のシーズンとなる来年に、アウディはその最終進化型で戦うことになる。

アウディ・モータースポーツ代表のウルフガング・ウィルリッヒ博士「最初のプロトタイプを作り上げ、様々なレーストラックでテストを行って今舞台の真ん中へ出されることになった。私たちはこのプロジェクトの最終段階に達している。テストは主に多くのマイルを重ねることに焦点を当てている。新型R18は非常に複雑なハイブリッドシステムを調整され、これまでになく高効率に最適化されたパッケージのテストを行う」

アウディは2年連続でWECシリーズのドライバーとマニファクチャラーのタイトルを獲得、今年のルマン24時間レースで通算12回目の総合優勝を飾っている。12月18日に来シーズン用のR18 etron-quattroの詳細を発表するとしている。

|

« ASLMS:Rd.4(最終戦)セパン 予選結果 | トップページ | ASLMS:Rd.4(最終戦) セパン レース結果 »