« DAKAR:パリダカ日本事務局 DAKAR RALLY 最新ニュース (1月7日) | トップページ | DAKAR:今大会最長のロングSSをきっちりクリア、2台がX・フォジ組に大差をつけて市販車部門のリードを拡大 (TLC) »

2014年1月 9日 (木)

DAKAR:ロングSSで持ち前のポテンシャルを発揮、2号車がSS総合17位。1号車も健闘してゴール (日野自動車)

20140109_8

2号車:菅原照仁/杉浦博之組 (C)Hino Motors, Ltd

2014年1月9日
ダカールラリー2014 レースレポート「第4ステージ」


 大会4日目の1月8日、ダカールラリー2014はアルゼンチンのサン・フアン~チレシト間で今大会中最長となる657kmのSSで競技を行った。ただし競技区間は前後2つのパートに分かれ、前半の217kmをゴールしたあと157kmの舗装路のニュートラルゾーンを走って、後半の284kmに臨むというもの(主催者発表のSS距離にはニュートラルゾーンの距離が含まれている)。コースは再びグラベル路中心で、後半パートでは標高3400m級の高地を通過。終盤には30kmほどの砂丘も現れた。

 今大会は競技区間が比較的長い半面、砂丘ステージの比率は高くないようだ。なお、この日からは4輪部門のスタート順が(これまでは4輪の後から出発していた)トラック部門と合体され、トラック部門のスタート時間が早めに。4輪車とトラックがコース上で遭遇する機会も増えることになった。本来ダカールラリーではこの方式が一般的であり、長距離SSの登場とともに競技の本格的スタートを感じさせる。

 日野チームスガワラの日野レンジャーは、7日のステージで2号車菅原照仁/杉浦博之組が転倒を喫したがダメージは少なく、サスペンションセッティングの調整を受けた1号車とともに、この日も元気にスタートした。2号車菅原照仁/杉浦博之組は、序盤から快調なペースで前半SSを21位で通過。後半戦でさらにポジションを上げ、トラック部門総合17位・排気量10リットル未満クラス1位でゴールした。また、1号車菅原義正/羽村勝美組も堅実なペースを守りながら前半を35位で通過し、最終的に33位で競技を終了した。この結果により、累積順位では2号車が総合15位、1号車も29位へと再びポジションをアップ。排気量10リットル未満クラスの1、2位を堅持する格好となった。

 原稿作成時の午後9時の時点で2号車はチレシトのビバークに到着。不具合などはなく、朝までにサスペンションセッティングの変更などを行う予定だ。1号車は未着だが、こちらも問題なくビバークへ移動中。チームは2号車の作業をしながら到着を待っている状況だ。前半戦もそろそろ大詰め。9日もトゥクマンまでの間に527kmのロングSSが予定されている。

日野自動車プレスリリース

|

« DAKAR:パリダカ日本事務局 DAKAR RALLY 最新ニュース (1月7日) | トップページ | DAKAR:今大会最長のロングSSをきっちりクリア、2台がX・フォジ組に大差をつけて市販車部門のリードを拡大 (TLC) »