« DAKAR:ダカールラリー2014 レースレポート「車検・記者会見」(日野自動車) | トップページ | DAKAR:2014年ダカールラリーがスタート »

2014年1月 5日 (日)

DAKAR:車検を終え、スタートに向けて準備整う (トヨタ・オートボディ)

012日、ロザリオ市内のバス製造工場で車検に向けた最終調整を行ったTLC (TLC)

車検レポート

TLCは3日、ダカールラリー2014のスタート地ロザリオ(アルゼンチン)で主催者の車両検査を受けて無事合格。
2台のトヨタ・ランドクルーザー200はパルクフェルメ(車両保管場)に納められた。市販車部門の雪辱をかけて前回大会終了直後から進められてきた準備作業もこれで終了。あとは5日の競技開始を待つばかりである。

ロザリオは首都ブエノスアイレスの北西約300㎞、パラナ川の西側に位置するサンタフェ州の都市。
車検会場は同市南部のコンベンションセンターに設置された。TLCの車両はフランス・ルアーブル港から南米への積み出し時に事前の車両検査やカーナンバーステッカーの貼り付けを済ませていたこともあって検査作業は極めてスムーズに進捗。半日仕事となるチームも少なくない中、人員の書類検査のあと約40分という異例のスピードで終了した。会場には日本からトヨタ車体岩瀬隆広副社長、八重口敏行常務執行役員、山内潔総務部長が駆け付けてチームを激励。いよいよ始まる競技本番に向けて全員が気持ちを引き締めていた。
4日夕方からは市内でスタートセレモニーが行われ、5日早朝には最初のビバーク地、サンルイに向けて決戦の火ぶたが切られる。

トヨタオートボディ・プレスリリース

TEAM VOICE

森監督
車検が通るといよいよスタート。気持ちが引き締まります。今回はモロッコを舞台に集中的なトレーニングを行いました。その成果として全員が自信に満ち溢れていることを頼もしく感じます。

三橋ドライバー
とりわけスムーズな車検で気持ちよく終了。今大会に向けては競技に集中できるように自分がやるべきこともなるべくシンプルにしています。自分が本来持っているはずの力をきちんと発揮出来れば結果はついてくるはずと思っています。

アランナビゲーター
今回の車検は全く問題もなく短い時間で完了しました。チェックをしてくれるオフィシャルが不在で少し待たされたぐらいです。ここから45分以内にパルクフェルメに行って今日は終了。スタートはもうすぐですね。

ジボンドライバー
最近までちょっと風邪気味でしたが、もう大丈夫。1年間きっちり準備をしてきたので自信にもつながりましたし、色々な状況にも対応出来ると思う。いよいよという感じです。
三浦ナビゲーター
車検を終えて車両保管場にクルマを納めると良い緊張感が高まってきました。勝つことを目指して一年間準備してきましたし、周囲の期待の大きさも強く感じます。実際の戦況はどうなるか分かりませんが、二コラと自分に2号車を任せて良かったと思われるようベストを尽くします。

横田メカニック
一年間やれることを全てやってきたつもりです。万全の体制が出来たと思いますし、そのクルマが実際にどんな走りを見せるのか、今はとても楽しみです。

丸山メカニック
人員の手続きでメカニックは腕に認識用のブレスレットを付けられるのですが、これを付けると本番が始まるんだなという感じで、緊張感が高まります。

波止メカニック
今日車検を終えてラリーが始まるのは明後日。落ち着いているつもりですが、早くスタートを切りたくて仕方ない気持ちです。

冨田メカニック
初めての経験なので車検もこういうものなのかな、という印象でした。でもここにきてラリーの雰囲気が徐々に高まり、改めてやるぞという気持ちが高まってきました。

|

« DAKAR:ダカールラリー2014 レースレポート「車検・記者会見」(日野自動車) | トップページ | DAKAR:2014年ダカールラリーがスタート »