« WEC,LM24:ポール・リカールにおけるポルシェ919ハイブリッドの3,556 kmにおよぶ公式テスト | トップページ | GP2:Rd.1バーレーン 予選結果 »

2014年4月 2日 (水)

WEC,LM24:Audi R18 e-tron quattro 2014年モデル、人間工学に優れた新コクピットを採用

AUDI R18 e-tron quattro 2014 (C)AUDI AG. 拡大します

● 操作性の向上を狙いコクピットが大幅に進化
● 新しいシートポジションにより視認性が向上
● より確かなアクティブ セイフティを確保

4月1日 インゴルシュタット:2014年シーズンの新型Audi R18 e-tron quattroのコンセプトは、人間工学的な面でも進化しました。コクピットの操作系が、これまで以上にロジカルな配列となり、機能が向上しシートポジションも改善。この結果、FIA世界耐久選手権(WEC)を闘うアウディのファクトリードライバーへの負担が大幅に軽減されました。

今日のレースではドライバーがレース中に行う作業が増えています。これまでと同じレベルで安全性の確保、スピードの制御、そして正確なドライビングに注意を払うだけでなく、これからは燃費を向上させる作業も求められます。今シーズンから、レギュレーションで1ラップあたりの最大燃料消費量規制が実施され、違反はペナルティの対象となります。仕事量が増えたドライバーの集中力を保つために、操作の負担を軽減する必要があります。

これについて、アウディスポーツ技術部門リーダーのDr. マーティン ミュルメイアーは「2014年シーズン開幕前から、ドライバーへの負担軽減策について検討を重ねてきました。その結果、ペダル類からステアリングホイールの機能、そして操作パネルに至るまで、コクピットのあらゆる部分を一新することになりました。さらにレギュレーションの変更にともなってシートポジションも刷新されています」と説明しています。

アウディジャパン・プレスリリース

革新的な変化は、足もとから始まりました。クラッチペダルを廃止し、クラッチ操作はステアリングホイールに取り付けたパドルで行うようにしました。アウディ ファクトリードライバーのルーカス ディ グラッシは、この方式のアドバンテージについて「別カテゴリーのマシンで、既にこの方式を経験していますが、これまでよりクラッチ操作が簡単になりました」とコメントしています。

インパネやステアリングホイールの操作系も新しくなりました。アウディスポーツLMPプロジェクトリーダーのクリス レインケは「ドライバーが頻繁に操作するものは、ステアリングから手を離さずに操作出来るようにしました」と説明しています。このために新しく開発されたマルチファンクション ロータリースイッチが、ステアリングホイールに装着されました。ドライバーは、2つのプッシュボタンを操作するだけで、マシンのバランス調整に重要な、トラクションコントロールとブレーキ制動力配分の機能を切り替えることが出来ます。タンク内の燃料が消費され、マシンのバランス調整が必要となった際、ドライバーは各機能を簡単かつ頻繁に調整出来ます。

もうひとつの人間工学的な進化は、新しいレギュレーションから生まれました。今年からコクピットのサイズとシートの設置位置が変更され、ドライバーに多くのメリットをもたらしました。これまでは比較的フラットな姿勢でドライブしていましたが、これからは上半身を起こした姿勢でドライブすることになります。「新しいシートポジションでは、前方の視界が広くなりました。さらに、サイドウインドーを通じての横方向の視界も広がりました。これにより、ライバルとバトルする時の負担が大幅に軽減されると思います」と、ルーカス ディ グラッシはコメントしています。

新型Audi R18 e-tron quattroは燃費性能だけでなく、人間工学的な面でも従来モデルから大きく進化しました。アウディモータースポーツ代表のDr. ウォルフガング ウルリッヒは「新型モデルが持つ人間工学的な進化は、ドライバーが集中力を保ってドライブするために大きく役立っています。これにより、ドライバーの能力が遺憾なく発揮されるのはもちろんのこと、より確かなアクティブセイフティが生まれました」とコメントしています。

|

« WEC,LM24:ポール・リカールにおけるポルシェ919ハイブリッドの3,556 kmにおよぶ公式テスト | トップページ | GP2:Rd.1バーレーン 予選結果 »