« NASCAR:オールスターレース(ノンタイトル) レース結果 | トップページ | NASCAR:“トヨタ カムリ”オールスター制覇ならず。ネイションワイドとトラックではトヨタが勝利 »

2014年5月19日 (月)

INDY:世界一の伝統を誇るレース、インディ500に出場する33台が決定 (ホンダ)

In140517001h

May 18 2014, POLE DAY
Indianapolis 500

ジェームズ・ヒンチクリフの予選2番手を筆頭に、Hondaエンジンは18台が出場
佐藤琢磨は23番グリッドから決勝に挑む

2014年5月18日(日)・予選2日目  
会場:インディアナポリス・モーター・スピードウェイ  
天候:晴れ  気温:17℃

世界で最も長い歴史を誇る自動車レース、インディ500は今年で98回目の開催を迎えます。その伝統あるレースのスターティンググリッドを決定するための予選が、5月17日(土)と18日(日)の2日間にわたってインディアナポリス・モーター・スピードウェイで繰り広げられました。Hondaは今年のインディ500において、18台という多くのエントリーにV6ツインターボエンジンを供給しています。

全長2.5マイルのオーバルコースを1人ずつ、4周連続でアタックするインディ500特有の予選方式を踏襲しながら、今年から新しいルールが採用されました。予選1日目には出場全員がアタックを行って、予選2日目に走るグループとその順番が決められました。

33のグリッドが決定するのは予選2日目で、出場全チームは予選初日にそれぞれが記録した予選スピードにより、トップから9番手までと、10番手から33番手までの2グループに分けられました。そして、この2日目の午前11時から10~33番グリッドを争うグループ1の予選が行われ、午後2時からはポールポジション以下の上位9グリッドを競い合う予選グループ2の戦いが繰り広げられました。

予選2日目は、朝から晴天がインディアナポリス・モーター・スピードウェイ上空に広がり、気温は低めでしたが、集まったファンは日差しを浴びながらの観戦を楽しんでいました。その予選は平均速度が2003年以来初めて230mph(時速約370km)を超えるエキサイティングなものとなりました。

ホンダモータースポーツリリース

24人のドライバーたちが走る予選グループ1では、カート・ブッシュ(Andretti Autosport)が3番手のスピードとなる平均230.782mph(時速371.07km)を記録して、4列目アウト側の12番グリッドを獲得しました。これは今年のルーキーの中での最速です。佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、昨日のスピードを更新する229.201mph(時速368.863km)を記録しましたが、グループ1の14番手となり、決勝レースは23番グリッドからスタートをすることになりました。

In140517002h

トップ9によるポールポジション争奪戦では、カナダ出身のジェームズ・ヒンチクリフ(Andretti Autosport)が230.839mph(時速371.499km)を記録して予選2番手を獲得しました。予選トップとなったエド・カーペンター(シボレー)との差は、4周=10マイルという長い距離を走りながら、わずかに0.1536秒しかありませんでした。ヒンチクリフは1週間後の決勝にフロントローの中央グリッドからスタートすることとなりました。

In140517003h

以下、シモン・パジェノー(Schmidt Peterson Motorsports)が、平均230.614mphで予選5番手、マルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)は6番手とHonda勢はグリッド2列目に2人が並び、カルロス・ムニョス(Andretti Autosport)は230.146mphで7番手、ジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)は229.893mphで8番手となって3列目からレースに出場することとなりました。Hondaドライバーはトップ9に5人が入りました。

In140517004h

インディ500は伝統的に33台のマシンによって争われてきました。今年も出場マシンが決定しましたが、これら33台が予選で記録した平均時速は229.382mph(約369.154km/h)となり、2002年の228.648mphを上回って史上最速記録を更新しました。

19日(月)もインディアナポリス・モーター・スピードウェイではプラクティスが行われ、その後3日間は走行なし。23日(金)に最終プラクティスが開催され、5月25日(日)に200周の決勝レースが開催されます。

コメント
ジェームズ・ヒンチクリフ(2番手)
「最後のラップでは、ターン3の入り口でマシンがオーバーステアになりました。リアが滑ったのをステアリング操作で修正し、スロットルもほんのわずかでしたが戻さねばなりませんでした。インディ500では、アクセルを一瞬でも戻したらポール獲得はなりません。残念ですが、あの瞬間に私はポールポジションを逃したと思いました。しかし、それほどに攻めたセッティングになっているマシンでなければ、ポールポジションを狙う走りはできないのです。私たちのチームはすばらしい仕事をしてくれたと思います。マシンは本当に速かった。Hondaのエンジンも大変すばらしいパフォーマンスを発揮しています。一昨年に続きフロントローからスタートできる。それは本当にハッピーなことです」

In140517005h

佐藤琢磨(23番手)
「予選は2日間とも厳しいものとなりました。新しい予選方式はよくできていて、とてもエキサイティングでした。予選1日目だった昨日は、天候という要素が絡んだ賭けになっていました。幸運を手にしたチームもあれば、そうでなかったチームもあったように見えました。予選2日目の私たちは、朝の気温が低かったプラクティスで新しい項目を複数チェックし、昨日と比べていくらかの前進を果たすことができました。そして迎えた予選では、気温は高くなっていましたが、私たちはスピードアップを達成しました。しかし、ライバル勢もスピードを上げてきており、私たちのマシンはハンドリングがオーバーステアになっていました。なんとか踏ん張ってスロットル全開を保ち続けた4周は、壁側ギリギリを走るアタックとなりました。予選までの自分たちのパフォーマンスを振り返ると、全体的に見ればまずまずの成果を挙げていると思います」

マーク・クロフォード|HPD インディカー・エンジン・プロジェクト LPL
「今日の予選で明らかになったのは、両エンジン・マニュファクチャラーの実力が見事にきっ抗しているということです。決勝レースは極めて競争が激しく、エンターテインメント性に満ちた戦いになるでしょう。HPDでインディカーのプロジェクトに携わっているすべてのスタッフ、トラックサイドエンジニアたちのチーム、エンジン組み立てセクションで働くスタッフ、そして私たちをサポートしてくれているすべての人々が、すばらしい仕事ぶりであったことに感謝します。サーキットだけでなく、サンタクラリタのHPDにおいても、みんなが長時間にわたって働き続けてくれました。予選で2番手となったジェームズ・ヒンチクリフをたたえます。彼の今週末のパフォーマンスは本当に見事でした。ファスト9を戦ったすべてのドライバー、そしてチームにも、同じくおめでとうと言いたいと思います。来週の日曜日に開催されるインディ500は、今年も大変にエキサイティングなレースとなるでしょう。今から待ち遠しいです」

予選リザルト
順位 No. ドライバー エンジン 平均速度(mph)
1 20 E.カーペンター シボレー 231.067
2 27 ジェームズ・ヒンチクリフ Honda 230.839
3 12 W.パワー シボレー 230.697
4 3 H.カストロネベス シボレー 230.649
5 77 シモン・パジェノー Honda 230.614
6 25 マルコ・アンドレッティ Honda 230.544
7 34 カルロス・ムニョス Honda 230.146
8 67 ジョセフ・ニューガーデン Honda 229.893
9 21 J.R.ヒルデブランド シボレー 228.726
10 2 J.P.モントーヤ シボレー 231.007
 
12 26 カート・ブッシュ Honda 230.782
13 98 ジャック・ホークスワース Honda 230.506
14 19 ジャスティン・ウィルソン Honda 230.256
15 7 ミハイル・アレシン Honda 230.049
18 16 オリオール・セルビア Honda 229.752
19 28 ライアン・ハンターレイ Honda 229.719
20 15 グレアム・レイホール Honda 229.628
21 18 カルロス・ウエルタス Honda 229.251
22 63 ピッパ・マン Honda 229.223
23 14 佐藤琢磨 Honda 229.201
24 68 アレックス・タグリアーニ Honda 229.148
27 5 ジャック・ヴィルヌーヴ Honda 228.949
29 41 マーティン・プロウマン Honda 228.814

|

« NASCAR:オールスターレース(ノンタイトル) レース結果 | トップページ | NASCAR:“トヨタ カムリ”オールスター制覇ならず。ネイションワイドとトラックではトヨタが勝利 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59668691

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:世界一の伝統を誇るレース、インディ500に出場する33台が決定 (ホンダ):

« NASCAR:オールスターレース(ノンタイトル) レース結果 | トップページ | NASCAR:“トヨタ カムリ”オールスター制覇ならず。ネイションワイドとトラックではトヨタが勝利 »