« INDY:Rd.5インディアナポリス500マイル プラクティス1結果 | トップページ | NASCAR:カップ・シリーズでマット・ケンゼスが10位。トラック・シリーズでは開幕3戦連続1-2フィニッシュ (トヨタ) »

2014年5月13日 (火)

WTCC:ミケリス選手が3位表彰台を獲得、モンテイロ選手7位、タルクィーニ選手8位 レース2は悪天候により、WTCC初のキャンセルに (ホンダ)

Et140511001h

May 11 2014, RACE
Race of Slovakia 2014

2014年5月11日(日)・決勝  
会場:スロバキアリンク(5.922km)  
天候:雨  気温:14℃  
コースコンディション:ウエット

「カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チーム(Castrol Honda World Touring Car Team)」は、世界ツーリングカー選手権(WTCC)第4戦スロバキアの決勝レースを迎えました。朝から天候は雨となり、コースは完全にウエットの状態でした。

午後1時15分からのレース1では、「ゼングー・モータースポーツ(Zengő Motorsport)」のノルベルト・ミケリス選手が4番手、ガブリエーレ・タルクィーニ選手が8番手、ティアゴ・モンテイロ選手が10番手からスタートしました。前日の予選で、マシントラブルによりタイムを出せなかった「プロチーム・レーシング(Proteam Racing)」のメディ・ベナーニ選手は、19番グリッドからのスタートでした。

Et140511002h

ミケリス選手は、スタート直後にトップへ迫る好ダッシュを決め、オープニングラップで3番手に浮上します。また、タルクィーニ選手は8番手、モンテイロ選手は10番手とポジションを守りました。しかし、スタート時には小雨程度だった雨が次第に激しくなったことで、コース上に雨水があふれ、それを危険な状態と判断したオフィシャルは、5周目が終了した時点でセーフティカーを導入しました。この時点で、ミケリス選手は3番手、モンテイロ選手は7番手、タルクィーニ選手は8番手を走行していました。その後、4周にわたりセーフティカーが先導しての周回が続きましたが、天候は回復せずにオフィシャルが赤旗を提示。レースは終了となりました。ミケリス選手は3位となり、今シーズン初の表彰台を獲得しました。

Et140511004h

午後5時45分からのレース2では、モンテイロ選手がポールポジション、タルクィーニ選手が3番グリッドと、絶好のポジションからのスタートでした。しかし天候が回復せず、スロバキアリンクは激しい雨と風に見舞われました。そして、危険なコンディションと判断したオフィシャルは、レース2のキャンセルを決定しました。WTCCにおけるレースのキャンセルは、2005年の選手権開始以来、初めてのことです。

Et140511005h

Hondaは第4ラウンドを終え、マニュファクチャラーズ選手権で204ポイントを獲得し、ランキング2位。ドライバーズ選手権においては、モンテイロ選手が71ポイントで4位、タルクィーニ選手が52ポイントで5位、ミケリス選手が40ポイントで9位、ベナーニ選手が26ポイントで11位となっています。

ホンダモータースポーツリリース

コメント
ノルベルト・ミケリス選手(3位)
「この結果にとても満足しています。マシンのバランスはよく、とても自信が持てました。今季初の表彰台に立つことができてうれしいです。レース2のキャンセルは正しい決定ですが、私たちを応援してくれたファン、特にハンガリーからこのレースを見に来てくれた多くのファンのことを思うと残念です」

ティアゴ・モンテイロ選手(7位)
「私はすごくいいスタートを切ることができ、何台かパスしましたが、第2コーナーで他車と接触してスピードを失ってしまいました。シケインでタルクィーニ選手を抜きましたが、今日のコンディションはグリップを全く得られず、トラクションがかからず、ブレーキも効かなかったので、非常に危険な状況でした。レース2はポールポジションからのスタートでしたから、キャンセルは非常に残念です」

ガブリエーレ・タルクィーニ選手(8位)
「サーキットのコンディションはひどかったです。水しぶきで視界が悪く、サーキットのどの部分もグリップが全くありませんでした。レース2については、スタートして、セーフティカーの先導で2~3周走り、約20分後に雨が収まらなければレースが中止になるだろうと思っていました。しかし、それ以前に中止の決定が出ました。今はザルツブルグでの次のレースに向けて、必要な計画を立てなければなりません」

堀内大資 | Civic WTCC開発プロジェクトリーダー
「とにかく激しい雨で、日本で言うゲリラ豪雨並の状況でしたから、レース2のキャンセルはやむを得ない判断だと思います。決勝は雨だと分かっていましたので、エンジンも車体もウエットに合わせたセットで臨みました。レース1は2ラップ目くらいから激しい雨でコンディションが悪化しましたが、Civic WTCCのドライバーは無事に走りきってくれました。特にミケリス選手は好スタートから3位となり、表彰台獲得につなげてくれたことに感謝します。レース2はポールポジションと3番手からのスタートで、優勝を狙っていただけに、レースができなかったことは残念です。次戦ザルツブルグリンクは高速コースなので、直線スピードで負けないようがんばります」

決勝リザルト
レース1  順位 No. ドライバー マシン 周回数 タイム/差
1 9 S.ローブ シトロエン 8 20'38.595
2 37 J.ロペス シトロエン 8 +1.105
3 5 ノルベルト・ミケリス Honda 8 +2.435
4 4 T.コロネル シボレー 8 +4.081
5 3 T.チルトン シボレー 8 +5.205
6 10 G.モルビデッリ シボレー 8 +6.026
 
7 18 ティアゴ・モンテイロ Honda 8 +6.960
8 2 ガブリエーレ・タルクィーニ Honda 8 +7.410
15 25 メディ・ベナーニ Honda 8 +14.690

※レース2は大雨のため中止になりました。

ポイントスタンディング
ドライバー  順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 J.ロペス シトロエン 138
2 S.ローブ シトロエン 113
3 Y.ミュラー シトロエン 109
4 ティアゴ・モンテイロ Honda 71
5 ガブリエーレ・タルクィーニ Honda 52
6 H.ヴァレンテ シボレー 47
 
9 ノルベルト・ミケリス Honda 40
11 メディ・ベナーニ Honda 26

マニュファクチャラー 順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1 シトロエン 323
2 Honda 204
3 ラーダ 131

|

« INDY:Rd.5インディアナポリス500マイル プラクティス1結果 | トップページ | NASCAR:カップ・シリーズでマット・ケンゼスが10位。トラック・シリーズでは開幕3戦連続1-2フィニッシュ (トヨタ) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WTCC:ミケリス選手が3位表彰台を獲得、モンテイロ選手7位、タルクィーニ選手8位 レース2は悪天候により、WTCC初のキャンセルに (ホンダ):

« INDY:Rd.5インディアナポリス500マイル プラクティス1結果 | トップページ | NASCAR:カップ・シリーズでマット・ケンゼスが10位。トラック・シリーズでは開幕3戦連続1-2フィニッシュ (トヨタ) »