« FIA-F3:Rd.4ハンガロリンク 予選結果 | トップページ | INDY:Rd.6&7デトロイト レース1結果 »

2014年6月 1日 (日)

INDY:デトロイトでの第1レースの予選はジェームズ・ヒンチクリフが2番手、ルーキーのジャック・ホークスワースが3番手、佐藤琢磨は15番手 (ホンダ)

In140531001h

May 31 2014, QUALIFYING
Chevrolet Indy Dual in Detroit Race 1

2014年5月31日(土)・予選1  
会場:ベル・アイル・レースウェイ  
天候:晴れ 気温:18℃

グランプリ・オブ・インディアナポリス、インディ500と、インディアナポリスで2週に及んだレースが終って間もないですが、インディカー・シリーズは休みなし。ミシガン州デトロイトへと移動し、シリーズ第6、7戦を開催します。アメリカ自動車産業の首都であるデトロイトの近郊、デトロイトリバーに浮かぶベル・アイルに特設されるストリートコースがその舞台です。

昨年から始まったダブルヘッダーは大好評で、今年もデトロイトでは、週末に2レースが行われます。今年のスケジュールでは、走行初日の金曜日は2度のプラクティスのみとされ、第1レースの予選と決勝は土曜日に、第2レースの予選と決勝は日曜日に開催されることになりました。

In140531002h

快晴のもと、午前8時半過ぎという早い時間帯から始まった第1レースの予選では、ジェームズ・ヒンチクリフ(Andretti Autosport)が2番手タイムを記録し、決勝レースをフロントロー外側からスタートする権利を獲得しました。インディ500に続く2戦連続、今年だけでも4度目となる予選2番手です。

In140531003h

そして、3番グリッドをジャック・ホークスワース(Bryan Herta Autosport)が獲得しました。彼はルーキーながら、今シーズン早くも予選ファイナルに3度進出しました。

インディ500で優勝したばかりのライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)は、予選セッションの序盤にコンクリートウオールにヒットしてマシンを損傷させ、21番手でした。

In140531004h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、金曜日の2度のプラクティスで、16番手と7番手でしたが、予選は15番手でした。第1ステージの1グループ目で走った彼は、ソフトタイヤにスイッチしてのアタックで、1分18秒3689という今週の自己ベストラップを記録しましたが、順位は8番手でした。なお、次の予選ステージに進んだ6番手のドライバーと佐藤のラップタイムの差は、わずか0.0432秒しかありませんでした。

第6戦となる第1レースの決勝は、予選と同日、土曜日の午後3時50分にスタートする予定です。

ホンダモータースポーツリリース

コメント
ジェームズ・ヒンチクリフ(2番手)
「デトロイトでの予選としては、自己ベストを大きく更新しました。しかし、私はレースに向けてなにか皮算用をするつもりはありません。このコースと私はかなり不思議な関係にあります。今年はこれまでのところとても順調ですので、このままの状態が週末を通して続くことを期待しています。デトロイトのコースは本当に難しいです。先週の私たちは、最も偉大で、最もスムーズなコースでレースをしました。対して今週は、非常に狭く、ツイスティかつバンピーで、場所によって舗装が異なるコースで戦っています。その変化量に対応した調整こそが、私たちにとって最も難しいです」

佐藤琢磨(15番手)
「ハードタイヤで3周走ることにしたのですが、それによって、ソフトタイヤでのアタックが2ラップになってしまいました。0.05秒に満たない差で8番手となり、予選の第2セグメント進出を逃しました。とても悔しい結果です。私たちは、昨日のプラクティスから今日の予選に向けて、マシンのセッティングを変更しましたが、それもあまりよくありませんでした。セッティングの調整がいき過ぎてしまったようで、自分たちの狙ったハンドリングになっていませんでした。それでも決勝レースでは、ソフトタイヤでの周回数が少なかったことを、アドバンテージとしたいです。金曜日のプラクティスを走ったときに得た感触から、暑いコンディションでどのようなセッティングがいいのかは分かっていますので、後ろからぐんぐん追い上げるレースをしたいと思います」

マーク・クロフォード|HPD インディカー・エンジン・プロジェクトLPL
「ポールポジション獲得という目標を達成できなかった点は悔しいですし、予選のファイナルステージに進んだHondaドライバーが2人だったことも、私たちは全く満足していません。しかし、ジェームズ・ヒンチクリフとジャック・ホークスワースの2人は、プラクティスから安定した速さで予選のファイナルに進み、競争力が非常に高いことをみせてくれています。シモン・パジェノーはほかのドライバーのアタックを妨害したとの判定によって、ベストラップの2周を抹消され、セカンドステージに進出できませんでした。彼は昨年この場所で優勝していますし、金曜日に行われた2度のプラクティスで、ともに速さをみせていました。後方グリッドからのスタートとはなりますが、レースでは上位に進出してくれることでしょう。ライアン・ハンターレイは、アクシデントのためにほとんど最後尾からのスタートとなります。彼らのような速いドライバーが後方からスタートを切ることは、レースをよりエキサイティングなものにするはずです。彼らの追い上げにも注目したいですね。デトロイトに投入しているHondaエンジンは、インディ500で使用したものと同じです。オーバルとストリートでは、レースのキャラクターが全く異なりますが、同じエンジンを使うのがインディカー流です。ただし、ターボのブースト圧は、ロードコースがオーバルコースよりも高くなるようルールで規定されています。私たちはブーストの変更に応じて、またコースの特性に合わせて、フューエルインジェクションのセッティングなどを変更し、最大限の性能を引き出すようにしています。エンジンは、インディカー・シリーズが行われるサーキットのすべてで最高の性能を発揮できることを念頭に設計され、各コースに合わせた調整ができるようになっているのです」

予選リザルト
順位 No. ドライバー エンジン タイム
1 3 H.カストロネベス シボレー 1'17.5362
2 27 ジェームズ・ヒンチクリフ Honda 1'17.9788
3 98 ジャック・ホークスワース Honda 1'18.0731
4 20 M.コンウェイ シボレー 1'18.3015
5 8 R.ブリスコー シボレー 1'18.8098
6 2 J.P.モントーヤ シボレー 1'19.7296
7 11 S.ブルデー シボレー 1'17.9806
8 10 T.カナーン シボレー 1'18.0200
9 15 グレアム・レイホール Honda 1'18.0355
10 9 S.ディクソン シボレー 1'18.0630
 
11 34 カルロス・ムニョス Honda 1'18.1450
12 18 カルロス・ウエルタス Honda 1'18.4772
14 67 ジョセフ・ニューガーデン Honda 1'18.5309
15 14 佐藤琢磨 Honda 1'18.3689
17 77 シモン・パジェノー Honda 1'18.4709
18 25 マルコ・アンドレッティ Honda 1'18.8743
19 19 ジャスティン・ウィルソン Honda 1'18.5181
21 28 ライアン・ハンターレイ Honda 1'19.8292
22 7 ミハイル・アレシン Honda 1'19.6300

|

« FIA-F3:Rd.4ハンガロリンク 予選結果 | トップページ | INDY:Rd.6&7デトロイト レース1結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59739879

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:デトロイトでの第1レースの予選はジェームズ・ヒンチクリフが2番手、ルーキーのジャック・ホークスワースが3番手、佐藤琢磨は15番手 (ホンダ):

« FIA-F3:Rd.4ハンガロリンク 予選結果 | トップページ | INDY:Rd.6&7デトロイト レース1結果 »