« WTCC:Rd.7モスクワ 予選結果 | トップページ | WTCC:予選でタルクィーニ選手が2番グリッド、モンテイロ選手が3番グリッドを獲得、絶好のポジションから今シーズン初優勝を狙う (ホンダ) »

2014年6月 8日 (日)

INDY:ジョセフ・ニューガーデンが予選2番手を獲得、佐藤琢磨は予選16番手 (ホンダ)

In140606002h

June 06 2014, QUALIFYING
Firestone 600

2014年6月6日(金)・予選 
会場:テキサス・モーター・スピードウェイ 
天候:快晴 気温:32℃

今週末はテキサス州ダラスの北西にあるテキサス・モーター・スピードウェイでのナイトレースです。インディ500に続く今年2戦目のオーバルレースは、24度の急なバンクを持つ1.5マイルオーバルで開催されます。

2日間のイベントである今回、金曜日の午前中に1時間15分間に渡るプラクティスがまずは行われ、短いインターバルの後、午後2時から1台ずつがアタックを2周行なうオーバル用予選が繰り広げられました。

午前中は雲の多かったテキサス・モーター・スピードウェイでしたが、予選を前にして青空に変わり、太陽が顔を出しました。気温と路面温度は一気に上昇、空気の密度が低くなってマシンのグリップを生み出すダウンフォースが減少しました。このようなコンディションではセッティングのほんの小さな差がスピードに大きく影響を及ぼします。

In140606001h

Hondaエンジン搭載ダラーラDW12で走るドライバーでトップに立ったのはジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)で、2周平均時速217.835マイルで予選2番手でした。
Hondaドライバーはその他にもシモン・パジェノー(Schmidt Peterson Motorsports)が予選6番手、ジャスティン・ウィルソン(Dale Coyne Racing)が予選8番手、ジェイムズ・ヒンチクリフ(Andretti Autosport)が予選9番手、カルロス・ムニョス(Andretti Autosport)がルーキーの中ではベストの予選10番手につけました。

さらに、ルーキーのミハイル・アレシン(Schmidt Peterson Motorsports)はキャリア2回目の出場となるオーバルレースながらキャリアベストと並ぶ予選11番手に食い込み、インディ500ウイナーのライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)は予選12番手でし た。

In140606003h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は3番目にアタックを行い、最終的な予選順位は16番手でした。朝のプラクティスで17番手のタイムを出していた佐藤は、予選ではトップ10入りを目標に掲げていましたが、暑くなったコンディションでマシンのハンドリングが思うほど向上していませんでした。コントロールの難しいマシンと格闘しながら予選アタック1周目に時速216.756マイルをマークした佐藤でしたが、2周目は時速215.376マイルへと大きくダウンし、平均スピードは時速216.064マイル。8列目アウト側グリッドからのスタートに決まりました。

今年のテキサス戦はレース距離が50km伸ばされて、ファイアストン600となっています。決勝は明日、土曜日の夜7時50分スタートを予定しています。

ホンダモータースポーツリリース

コメント
ジョセフ・ニューガーデン(予選2番手)
「予選2番手という結果はうれしい驚きです。クリスマスに贈り物の箱を開けたら、自分が欲しいと願っていたものが入っていた、そんな感じでした。私たちは朝のプラクティスではレース用のセッティングを中心に行っていました。ダウンフォースを大きく削り取り、予選シミュレーションを一切行わなかったんです。テキサス・モーター・スピードウェイではタイヤの摩耗が急激に進むため、その対策を見つけるべく私たちは決勝用セッティングに集中していました。予選については、とくに慎重に戦ったわけでもありませんでしたが、思いきってエッジまで攻めたセッティングにもしませんでした。しかし、マシンはとても速かったし、ドライブしやすかったです。決勝でも良い走りができるものと自信をつけました。一緒に戦い始めて3年目を迎えている私とチームには、明日のレースで優勝するチャンスがあると思います」

In140606005h

佐藤琢磨(予選16番手)
「厳しい予選となっていました。予選に向けての準備の時間がとても短かったですね。今日の予選の前にはプラクティスが1回行われただけでしたから。昨年のテキサスで、私たちは小さなトラブルから予選を走ることができませんでした。私たちにはダウンフォースを小さく設定したマシンでの予選走行のデータがないため、今日のマシンセッティングが大きなチャレンジとなっていたんです。朝のプラクティスで得られた情報から予選用のマシンを作り上げたのですが、安定感が不足していました。アンダーステアもオーバーステアも両方出るマシンになっており、レースに向けても多くの改良が必要だと感じました。しかし、予選を走ったことによって、私たちは少ないダウンフォースでのマシンに関しても幾らかのデータを取ることができました。朝のプラクティスのデータと照らし合わせ、今晩のファイナルプラクティスでより良いマシンとし、明日の決勝レースを迎えたいと考えています」

マーク・サワーズ|HPD シニア・マネジャー/チーフ・エンジニア プロダクション&コマーシャル・ディビジョン
「プラクティスを1回行った後に予選があり、ジョセフ・ニューガーデンがすばらしいスピードを記録してフロントローグリッドを獲得しました。若く、そして速いドライバーである彼は1台体制のチームで戦っていますが、多くのレースで高い競争力を発揮しています。ドライバーだけでなく、チームも大きく力を伸ばしていることの証明です。明日のレースでも彼らの戦いぶりには大いに期待をしています。今年もテキサスは非常に暑く、エンジンにとっては過酷なコンディションです。非常に高速のコースですから、エンジンの冷却を十分に行いながら、同時に空力面性能を高く保つ必要があります。私たちは出場するレースすべてで優勝を目指しています。計画を正しく立て、それを実現するべく全力を尽くした結果が、インディ500での勝利だったと考えています。テキサスはインディ500と同じくブースト圧の低いエンジンで戦うレースですから、私たちが再び高いパフォーマンスを発揮できることと思います」

予選リザルト
順位 No. ドライバー エンジン タイム
1 12 W.パワー シボレー 00:47.8584
2 67 ジョセフ・ニューガーデン Honda 00:48.0915
3 10 T.カナーン シボレー 00:48.0935
4 2 J.P.モントーヤ シボレー 00:48.1159
5 20 E.カーペンター シボレー 00:48.1264
6 77 シモン・パジェノー Honda 00:48.2272
7 9 S.ディクソン シボレー 00:48.2480
8 19 ジャスティン・ウィルソン Honda 00:48.2749
9 27 ジェームズ・ヒンチクリフ Honda 00:48.2838
10 34 カルロス・ムニョス Honda 00:48.2853
 
11 7 ミハイル・アレシン Honda 00:48.3031
12 28 ライアン・ハンターレイ Honda 00:48.3159
16 14 佐藤琢磨 Honda 00:48.4857
17 25 マルコ・アンドレッティ Honda 00:48.5681
20 98 ジャック・ホークスワース Honda 00:48.9202
21 15 グレアム・レイホール Honda 00:49.1157
22 18 カルロス・ウエルタス Honda 00:49.3706

|

« WTCC:Rd.7モスクワ 予選結果 | トップページ | WTCC:予選でタルクィーニ選手が2番グリッド、モンテイロ選手が3番グリッドを獲得、絶好のポジションから今シーズン初優勝を狙う (ホンダ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59779205

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ジョセフ・ニューガーデンが予選2番手を獲得、佐藤琢磨は予選16番手 (ホンダ):

« WTCC:Rd.7モスクワ 予選結果 | トップページ | WTCC:予選でタルクィーニ選手が2番グリッド、モンテイロ選手が3番グリッドを獲得、絶好のポジションから今シーズン初優勝を狙う (ホンダ) »