« LM24,WEC:Rd.3ルマン24時間 14時間目途中経過 | トップページ | LM24,WEC:Rd.3ルマン24時間 18時間目途中経過速報 »

2014年6月15日 (日)

LM24:16時間経過 首位走行中の#7は無念のリタイア #8は4位へと順位を上げる

16時間経過。首位走行中の#7は無念のリタイア
#8は4位へと順位を上げて8時間後のゴールを目指す

2014年6月15日(日) 現地時間午前7時

ル・マン24時間レースの夜明けを前にした午前5時、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、中嶋一貴と交代しながらレースをリードしていたTS040 HYBRID #7は、アルナージュ・コーナー付近のコース上で電気系のトラブルに見舞われ突然ストップ。チームは状況を分析した結果、正式に#7のリタイア届けを済ませた。

#8はニコラス・ラピエールからセバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソンとステアリングを繋ぎ、着実に順位を上げて、16時間経過時点で4位まで浮上している。

村田久武 モータースポーツユニット開発部部長:
ハイブリッド系のシャットダウンによるリタイアとなってしまい、非常に残念だ。ドライバーも復帰すべく試みてくれたが、メイン電源が落ちた状態でそれもかなわなかった。これまでのテストでも経験のないトラブルなので、詳細は今後調べる。応援いただいている関係者をはじめ皆さんの期待も膨らんでいただけに、とにかく残念だ。

TS040 HYBRID #7:
10時間経過時点(アレックス・ブルツ):1位 154周
11時間経過時点(アレックス・ブルツ):1位 171周
12時間経過時点(ステファン・サラザン):1位 188周
13時間経過時点(ステファン・サラザン):1位 205周
14時間経過時点(中嶋一貴):2位 219周(コース上にストップ)
15時間経過時点:リタイア

中嶋一貴:
電気系統のトラブルで、アルナージュコーナーを過ぎたところで、何の予兆もなく突然止まってしまった。電源が落ちたので無線も使えない状態だった。止まった時には火も出ていたのでその対応でも忙しかった。皆で良いクルマを作ってくれて、全体に良い流れでここまで快調に走って来たので、TS040 HYBRIDのパフォーマンスは示せる良いレースが出来たと思うが、その分、期待も高まっていたので非常に残念だ。来年も頑張りたい。

TS040 HYBRID #8:
10時間経過時点(ニコラス・ラピエール):7位
11時間経過時点(セバスチャン・ブエミ):6位
12時間経過時点(セバスチャン・ブエミ):6位
13時間経過時点(セバスチャン・ブエミ):5位
14時間経過時点(アンソニー・デビッドソン):6位
15時間経過時点(アンソニー・デビッドソン):4位
16時間経過時点(アンソニー・デビッドソン):4位

|

« LM24,WEC:Rd.3ルマン24時間 14時間目途中経過 | トップページ | LM24,WEC:Rd.3ルマン24時間 18時間目途中経過速報 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:16時間経過 首位走行中の#7は無念のリタイア #8は4位へと順位を上げる:

« LM24,WEC:Rd.3ルマン24時間 14時間目途中経過 | トップページ | LM24,WEC:Rd.3ルマン24時間 18時間目途中経過速報 »