« LM24:WEC:Rd.3ルマン24時間レース 予選3回目結果 | トップページ | LM24:中嶋一貴が“ル・マン”史上初の日本人ポールポジションを獲得!! »

2014年6月14日 (土)

LM24:ポルシェ919ハイブリッドがフロントローを獲得

#14 Porsche 919 Hybrid (C)Porsche AG. 拡大します

プレスインフォメーション 2014年6月13日
GTE-Proクラスはポルシェ911 RSRにとって過酷な予選結果

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)のポルシェ919ハイブリッドが、ル・マン24時間レース予選において2番手と4番手を獲得しました。GTE-Proクラスの3回の予選結果は慌しく過酷な結果となり、決勝レースは6番手、7番手のスタートとなります。

トップカテゴリーであるLMP1クラスでは、伝説的な全長13.629kmのロングコースのいたるところでポールポジションをかけた熾烈な争いが繰り広げられ、カーナンバー14のロマン・デュマ(フランス)/ニール・ジャニ(スイス)/マルク・リーブ(ドイツ)組は、ロマンが予選最終日で最速のラップタイム(3分22秒146)を叩き出しました。
カーナンバー20のティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)/マーク・ウェバー(オーストラリア)組では、予選2回目でティモの記録したベストラップが、そのまま最速タイムとなりました。最終予選の終了間際、ニールとブレンドンはそれぞれのマシンに乗り込んでいましたが、タイムを短縮するチャンスは巡ってきませんでした。コース上で発生した複数の事故を受けて、安全のためにいわゆるスローゾーンがいくつも設けられたからです。

ポルシェAGの研究開発担当役員であるヴォルフガング・ハッツのコメント:「ル・マンでフロントローを獲得することは、予選の目標でもありました。私たちは初めての試みでそれを達成することができました。ポールポジションではありませんが、全く問題ありません。私たちが十分に速いことを証明できたからです。それでもクリアラップを得られなかったのは残念でした。決勝に向けて集中し、ミスを犯さないように努めます。私はチームを誇りに思っており、全員の成功を願っています」。

LMP1担当のポルシェAG副社長フリッツ・エンツィンガーのコメント:「私たちがル・マンでフロントローとセカンドローを獲得できたのは素晴らしいことだと思います。予想以上の結果で、予選は非常に上手くいきました」。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

LMP1テクニカルディレクターのアレクサンダー・ヒッツィンガーのコメント:「私たちのマシンが、このコースでも競争力があることを確認できたのは良かったと思います。ポールポジションを目指してアタックする機会があれば、もっと良かったのですが。ポールポジションは手の届く範囲であったと信じています。しかし、2番手と4番手のスタートも、上出来の結果であることに間違いありません」。

LMP1チーム監督のアンドレア・ザイドルのコメント:「私にとって、このスターティンググリッドは驚くべき結果であり、2年間の準備が大きく報われました。外部から見れば、全てを最初から作り上げることがどれほど困難であるか想像できないでしょう。しかも、今回のル・マンの予選は油断を許さない状況で何度も中断があったにもかかわらず、うまく対処することができました。この予選結果は今、サーキットにいるチームメンバーのみならず、ヴァイザッハに戻ったメンバー達にとっても励みになる結果です」。

ポルシェ919ハイブリッド(No.14)のドライバー
ロマン・デュマのコメント:「私は全力を尽くし、常にマシンを改良してきました。まだ少しだけアンダーステアに対処しなくてはなりませんでしたが、満足しています。残念なのは、ベストラップを記録した周回において、他の車両を追い越さなくてはならなかったことです。そのために数分の1秒を無駄にしましたが、楽しく走ることができました」。

ニール・ジャニのコメント:「2番グリッドは素晴らしい結果です。ロマンが早めに良いタイムを出してくれたおかげで、私たちにはよりチャレンジするチャンスが生まれました。しかし、最後に自由に走れなかったことは少し残念です。もっとうまくやれたと思います。第1セクターは良かったのですが、いたるところにスローゾーンがありました。私たちはポールポジションを狙っていました。それでもフロントローからスタートできることには満足すべきでしょう。今からレースのスタートが楽しみです」。

マルク・リーブのコメント:「マシンの調子はとても良かったです。ロマンが担当した5周を走るのに使ったものと同じタイヤで走りました。私が最速タイムを記録した周回では、コース上が少し混雑していましたが、インラップは全く問題ありませんでした。マシンの感触がとても良いことに満足しています。レースへの備えは万全だと思います」。

ポルシェ919ハイブリッド(No.20)のドライバー
ティモ・べルンハルトのコメント:「私にとってクリアラップが一度もなかったのは残念でした。予選3回目が始まった時、いたるところで他のコース上のマシンに対処しなくてはなりませんでした。それさえなければ、もっとラップタイムを縮めることができただけに残念です。とはいえ、十分に健闘しましたし、マシンの感触も良好です。これからはレースに集中しなくてはなりません。私たちは新たなリズムに乗れるでしょう。それを楽しみにしています。今年は既に多くの事故が発生し、そのために何度も走行が中断されたことは少し気がかりです」。

ブレンドン・ハートレーのコメント:「スローゾーンやレッドフラッグ、イエローフラッグだらけの厳しい予選でした。クリアラップを得られるかどうかは運次第で、それに恵まれなかったのが少し苛立たしく思えました。しかし、チームの立場から見れば、これは素晴らしい成果でした。LMP1クラスに復帰したポルシェがいきなり2位と4位を獲得するというのは、信じられないことです」。

マーク・ウェバーのコメント:「私は2回の計測ラップしか走っていないので、コメントすることはほとんどありません。私たちはティモのためにマシンを仕上げ、それがとても上手くいったと感じました。私がステアリングを握っていた時のコースの状態はあまり良くなく、気温も昨夜よりわずかに高めでしたが、レースに向けて万全の準備を整えています」。

GTE-Proクラスのポルシェ ワークスドライバーのマルコ・ホルツァー(ドイツ)/フレデリック・マコヴィッキ(フランス)/リヒャルト・リーツ(オーストリア)組の駆る92号車ポルシェ911 RSRは、6位のタイムとなりました。ワークスドライバーのチームメイトである911 RSR 91号車のイェルク・ベルクマイスター(ドイツ)/パトリック・ピレ(フランス)/ニック・タンディ(イギリス)組は、7位でフィニッシュしました。

13.629kmのサルト・サーキットで911 RSRのステアリングを握るフレデリック・マコヴィッキは、予選2回目の終了直前に最高のスターティングポジションを失いました。修理のために長い遅れをとった後、予選3回目で再びトップタイムを狙いましたが、この昨年の優勝車である911 RSRは、衝突によってかなり深刻なダメージを受けており、最速ラップを記録することは叶いませんでした。テクニカルトラブルが発生し、ゴールライン前のストレートでゆっくりと停止しました。規定により故障したマシンをピットまで牽くことはできず、パトリック・ピレ組の予選は終了しました。

プロトン・コンペティションは、GTE-Amクラスのポルシェ カスタマーチームで最高成績の6位でした。911 RSR 88号車を駆るポルシェ ジュニアのクラウス・バチュラー(オーストリア)は、クリスティアン・リード(ドイツ)とハレド・アル・クバイシ(アラブ主張国連邦)とともに世界で最も有名なレースに挑みます。デンプシー・レーシング・プロトンから出場する911 RSRは、ポルシェ ワークスドライバーのパトリック・ロングおよび同じ米国出身のパトリック・デンプシーとジョー・フォスターのドライブによって7位からスタートします。

通常のFIA世界耐久選手権(WEC)では、2名のドライバーにより予選結果が決まりますが、ル・マンでは、1名による最速タイムでレースのスターティングポジションを決定します。

ポルシェ モータースポーツ担当ディレクターのハルムート・クリステンのコメント:「残念ながら、予選2回目と3回目で満足のいく結果を出すことはできませんでした。コースサイドでは常に障害があり、92号車は最速ラップを出そうとしているときにクラッシュしました。修理にほぼ1時間を要しました。その後、91号車が確認できない損傷を受けて、まだパルクフェルメの中にあります。さらに92号車については、ニック・タンディが規定のナイトセッションを完走できるように予定を変更する必要がありました。決勝のためにマシンの準備を整えて、24時間抜群のパフォーマンスを発揮できるように頑張ります。」

ヨルグ・ベルグマイスター(No.91):「予想どおりの結果ではありませんでした。テクニカルトラブルが発生するまで、素晴らしい走りをしていました。ポテンシャルがすばらしいマシンなので、決勝では巻き返すことができると思っています。」

パトリック・ピレ(No.91):「リアアクスルがトラブルの原因となりました。何が発生したのかはよくわかりません。規定でマシンをピットに牽き込むことが禁じられているので、残念ながら私達の予選は早々に終了してしまいました。」

ニック・タンディ(No.91):「全体的には決勝への準備が完璧であるとはいえません。3回の予選の全てにおいて多数の障害があり、計画が狂いました。さらに予選3回目では早期に走行を中止しなければならず、特に不利な結果になりました。テストデーにも参加できなかったので、この過酷なコースを十分に体験できていません。幸いスタッフのおかげで、92号車で規定のナイトセッションは完走することができました。」

マルコ・ホルツァー(No.92):「この予選では1周しかできませんでした。ナイトセッションは規定の5周を完走しました。」

フレデリック・マコヴィッキ(No.92):「予選2回目のゴール直前にペースダウンしました。コース上はトラフィックが多くて、もう少し他のマシンが少なければ良かったのですが。再びスピードを上げたとき、フロント右側が他のマシンと接触しました。このとき911 RSRのフロントが損傷しました。メカニックが迅速に修理してくれたので、少し遅れたものの予選3回目にはコースへ復帰できましたがタイムを取り戻すことは叶いませんでした。しかし決勝のために、セットアップの基本ラインは理解できたと思います。」

リヒャルト・リーツ(No.92):「もちろんもっと良いスターティングポジションを望んでいました。しかしレースのセットアップを大幅に改善できて満足しているし、決勝には自信があります。ラップタイムについては少し遅すぎましたが、自分のスティントではトップグループを走りたいし、最終的には最高の結果につながると思います。」

パトリック・ロング(No.77):「マシンはトップ3に入れる実力があるのに、この予選結果は少し残念です。今日は、必要なときにタイヤが適切な発熱をしなかったので、良いスターティングポジションを確保することはできませんでした。911 RSRを駆りながらこの成績は本当に恥ずかしいと思います。しかし昨年も予選は同様で、決勝では表彰台まで後一歩でした。だから自信はあります。」

パトリック・デンプシー(No.77):「ベストの予選ではありませんでした。しかしトラブルに巻き込まれなかったし、ル・マンではそれが本当に重要なことを実感しました。もう少しスピードが必要ですが、それは大丈夫です。決勝が楽しみです。チーム全員にとって、すばらしい経験になることは間違いありません。」

クラウス・バチュラー(No.88):「幸い大切なときに良いラップタイムを出すことができました。残念なことは私が3周する間、コース上が混み合っていたことです。タイヤがベストグリップだったのに1周目は特に酷かったです。第1セクターだけでも5台ほどLMP1のマシンを追い抜く必要がありました。私達のマシンは予選1回目よりかなり改善されていたので、順調だといえます。良いスターティングポジションを得ることができました。24時間は長いと思いますが調子は上々です。土曜日が待ち遠しいですね。」

予選結果
LMP1:
1. ブルツ/サラザン/中嶋(オーストリア/フランス/日本)組、トヨタTS 040 Hybrid、3:21.789
2. デュマ/ジャニ/リーブ(フランス/スイス/ドイツ)組、ポルシェ919ハイブリッド、+0.357
3. デビッドソン/ラピエール/ブエミ(イギリス/フランス/スイス)組、トヨタTS040 HYBRID、+0.734
4. ベルンハルト/ウェバー/ハートレー(ドイツ/オーストラリア/ニュージーランド)組、ポルシェ919ハイブリッド、+1.119
5. アルバカーキ/ボナノミ/ ジャービス(ポルトガル/イタリア/イギリス)、アウディR18 e-tronクワトロ、+1.482
6. ファスラー/ロッテラー/トレルイエ(スイス/ドイツ/フランス)組、アウディR18 e-tronクワトロ、+2.487
7. ディ・グラッシ/ジェネ/クリステンセン(ブラジル/スペイン/デンマーク)、アウディR18 e-tronクワトロ、+4.025

GTE-Proクラス:
1. ブルーニ/ヴィランダー/フィジケラ(イタリア/スウェーデン/イタリア)、フェラーリ458イタリア、3:53.700
2. マグヌッセン/ガルシア/テイラー(デンマーク/スペイン/米国)、シボレー・コルベット、+ 1.077
3. ターナー/ミュッケ/セナ(イギリス/ドイツ/ブラジル)、アストンマーチン・バンテージ、+ 1.191
4. ギャヴィン/ミルナー/ウェストブルック(イギリス/米国/イギリス)、シボレー・コルベット、+ 1.490
5. グリフィン/パレンテ/レオ(アイルランド/ポルトガル/イタリア)、フェラーリ458イタリア、+ 1.647
6. ホルツァー/マコヴィッキ/リーツ(ドイツ/フランス/オーストリア)、ポルシェ911 RSR、+ 1.816
7. ベルグマイスター/ピレ/タンディ(ドイツ/フランス/イギリス)、ポルシェ911 RSR、+ 2.045

GTE-Amクラス
1. ワイアット/ルゴロ/バード(オーストラリア/イタリア/イギリス)、フェラーリF458イタリア、3:54.665
2. ダナ・ラナ/ラミー/ニガールト(カナダ/ポルトガル/デンマーク)、アストンマーチン、+ 0.979
3. プールセン/ハイネマイヤー・ハンソン/ティム(デンマーク/デンマーク/デンマーク)、アストンマーチン、+ 1.279
4. ペレス・コンパンク/キオッチ/ヴェントゥーリ(アルゼンチン/イタリア/イタリア)、フェラーリF458イタリア、+ 1.312
5. ベルトリーニ/シャイター/バソフ(イタリア/ロシア/ロシア)、フェラーリ458イタリア、+ 1.398
6. リード/バチュラー/アル・クバイシ(ドイツ/オーストリア/アラブ首長国連邦)、ポルシェ911 RSR、+ 2.309
7. デンプシー/フォスター/ロング(米国/米国/米国)、ポルシェ911 RSR、+ 2.339

|

« LM24:WEC:Rd.3ルマン24時間レース 予選3回目結果 | トップページ | LM24:中嶋一貴が“ル・マン”史上初の日本人ポールポジションを獲得!! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:ポルシェ919ハイブリッドがフロントローを獲得:

« LM24:WEC:Rd.3ルマン24時間レース 予選3回目結果 | トップページ | LM24:中嶋一貴が“ル・マン”史上初の日本人ポールポジションを獲得!! »