« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

NASCAR:カップとネイションワイドの両レースでカイル・ブッシュが2位 トラックはダート戦を制し開幕10連勝 (トヨタ)

2014年7月28日
(株)トヨタモーターセールス&マーケティング モータースポーツオフィス 

伝統の“ブリックヤード”インディアナポリス・モーター・スピードウェイでスプリント・カップ・シリーズ戦とネイションワイド・シリーズ戦が行われ、“トヨタ カムリ”は両レース共に首位を争ったが、惜しくもカイル・ブッシュが2位。水曜日にNASCAR唯一のダートレースとして行われたキャンピング・ワールド・トラック・シリーズではダレル・ウォレス・Jr.が勝利を挙げ、トヨタは開幕10連勝を飾った。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第20戦 The John Wayne Walding 400


開催日:7月27日

“トヨタ カムリ”惜しくもブリックヤード初勝利叶わず。
首位を追うも2-3-4フィニッシュ 

14nascar22_1

2位フィニッシュを果たしたカイル・ブッシュ(#18) 

 7月27日(日)、米国中部インディアナ州インディアナポリスのインディアナポリス・モーター・スピードウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第20戦「The John Wayne Walding 400」が開催された。
 “インディ500”が開催されることで知られる、米国モータースポーツの聖地のひとつであるインディアナポリスでは、約20年前からNASCARのトップ・カテゴリーであるカップ・シリーズ戦も行われている。黎明期レンガ敷きだったことから“ブリックヤード”の愛称を持つ同コースは、トヨタにとって、カップ・シリーズ参戦以来未勝利のコースであり、8度目の挑戦での初勝利を目指し今大会に臨んだ。

 25日(金)と26日(土)の午前中に行われた練習走行を経て、午後2時10分より予選が行われ、今大会が記念すべきカップ・シリーズ戦300戦目の出場となるブライアン・ヴィッカーズが5番手。同じく最終セグメントに残ったカイル・ブッシュが12番手、マット・ケンゼスが13番手、クリント・ボウヤーが16番手。デニー・ハムリンは27番手と後方からのスタート。8台の“トヨタ カムリ”が決勝へと進んだ。

トヨタモータースポーツニュース

 

続きを読む "NASCAR:カップとネイションワイドの両レースでカイル・ブッシュが2位 トラックはダート戦を制し開幕10連勝 (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

GP3:Rd.5ハンガロリンク レース結果

Richie Stanaway (C)GP3 Series Media Service 拡大します

Patric Niederhauser (C)GP3 Series Media Service 拡大します

(C)GP3 Series Media Service   拡大します

続きを読む "GP3:Rd.5ハンガロリンク レース結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.7ハンガロリンク 第2レース結果

■ストフェル・バンドーン(ART)がハンガリー第2レース優勝
  伊沢、佐藤はアクシデントでリタイヤ

ストフェル・バンドーン (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.7ハンガロリンク 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.20インディアナポリス レース結果

■ジェフ・ゴードン(シボレー)がシリーズ通算90勝目、ランキングトップのリードを広げる

ジェフ・ゴードン (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.20インディアナポリス レース結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

NASCAR:Rd.20インディアナポリス 予選結果

■ケビン・ハービック(シボレー)、インディアナポリスでポールポジション獲得

ケビン・ハービック (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.20インディアナポリス 予選結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.7ハンガロリンク 第1レース結果

■アーサー・ピック(カンポス)が第1レースでシリーズ初優勝
  伊沢 拓也(ART GP)が最後尾グリッドからシリーズ初の表彰台!

フェリペ・ナスレ (C)GP2 Series Media Service 拡大します

伊沢 拓也 (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.7ハンガロリンク 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

GP3:Rd.5ハンガロリンク 予選結果

■リッチー・スタナウェイ(ステータスGP)がシリーズ初ポール

Richie Stanaway (C)GP3 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP3:Rd.5ハンガロリンク 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

GP2:Rd.7ハンガロリンク 予選結果

■フェリペ・ナスル(カーリン)が今シーズン初のポールポジション
  佐藤 公哉(カンポス)が4番手グリッドに

フェリペ・ナスレ (C)GP2 Series Media Service 拡大します

佐藤 公哉 (C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.7ハンガロリンク 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

Auto GP:Rd.6レッドブルリンク レース結果

■佐藤 公哉(ユーロノバ)が第1レース優勝、ポイントリードを広げる
  道見 真也(ユーロノバ)も6位と4位、第2レースのファステストラップを記録

佐藤 公哉 (C)Auto GP 拡大します

Andrea RODA (C)Auto GP 拡大します

道見 真也 (C)Auto GP 拡大します

(C)Auto GP 拡大します

続きを読む "Auto GP:Rd.6レッドブルリンク レース結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

GP3:Rd.4ホッケンハイム レース結果

Marvin Kirchhofer (C)GP3 Series Media Service 拡大します

Jann Mardenborough (C)GP3 Series Media Service 拡大します

(C)GP3 Series Media Service   拡大します

続きを読む "GP3:Rd.4ホッケンハイム レース結果"

| | トラックバック (0)

ASLMS:Rd.1インジュ レース結果

#1 OAK RACING TEAM (C)Asian Le Mans Series 拡大します

#92 TEAM AAI (C)Asian Le Mans Series 拡大します

Asian LE MANS Series INJE Race   Inje Speedium 3.908 Km    RACE Official   2014-07-20 03:00  Race started at 14:59:46      

Pos No. Class Name  Team  Laps Total Tm  Diff  Best Tm   
1 1 LM P2  OAK RACING TEAM TOTAL  OAK RACING TEAM TOTAL  121  3:01:10.789   1:25.148   
2 92 GT  TEAM AAI  TEAM AAI  111  3:02:10.589  10 Laps  1:32.888   
3 90 GT  TEAM AAI  TEAM AAI  111  3:02:17.110  10 Laps  1:33.727   
4 91 GT  T.Tanigawa, J.S Chen,O.Mil  TEAM AAI  110  3:02:31.201  11 Laps  1:33.743   
DNF 27 LM P2  EURASIA MOTORSPORT  EURASIA MOTORSPORT  96  2:35:08.593  DNF  1:26.713   
6 77 CN  CRAFT-BAMBOO RACING  CRAFT-BAMBOO RACING  89  3:02:51.113  32 Laps  1:29.773   
Margin of Victory  Avg. Speed  Best Lap Tm  Best Speed   Best Lap by   
10 Laps 156.596  1:25.148  165.228  1 - OAK RACING TEAM TOTAL   

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.13トロント 第2レース結果

■マイク・コンウェイ(エドカーペンター・シボレー)がトロント第2レースを制す
  佐藤 琢磨が5位入賞

マイク・コンウェイ (C)Chevy Racing 拡大します

続きを読む "INDY:Rd.13トロント 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.6ハンガロリンク 第2レース結果

■スリックタイヤギャンブルが成功、ステファーノ・コレッティ(レーシングENG.)が第2レース優勝

ステファーノ・コレッティ (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.6ハンガロリンク 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.13トロント 第2レース予選結果

■エリオ・カストロネペス(ペンスキー・シボレー)がトロント第2レースのポール

0720castronevesonpolerace2torontost (C)INDYCAR

続きを読む "INDY:Rd.13トロント 第2レース予選結果"

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.12トロント 第1レース結果

■セバスチャン・ボーデ(KVSH・シボレー)がシリーズ初優勝を飾る

セバスチャン・ボーデ (C)Chevy Racing 拡大します

続きを読む "INDY:Rd.12トロント 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

ASLMS:Rd.1インジュ 予選結果

1 OAK RACING TEAM (C)Asian Le Mans Series 拡大します

2014 Asian LE MANS Series INJE Race  Sorted on Best Lap time   
Asian LE MANS Series INJE Race   Inje Speedium 3.908 Km   
QUALIFYING Official   2014-07-19  Qualifying started at 15:00:07      

Pos Class No. Team Name  In Lap  Best Tm Diff  2nd Best Best Speed   
1 LM P2 1 OAK RACING TEAM TOTAL  10  1:23.889  1:24.297 167.707   
2 LM P2 27 EURASIA MOTORSPORT  16  1:24.087 0.198  1:24.406 167.312   
3 CN 77 CRAFT-BAMBOO RACING  9  1:27.799 3.910  1:27.969 160.239   
4 GT 90 TEAM AAI  3  1:32.186 8.297  1:32.282 152.613   
5 GT 91 TEAM AAI  4  1:32.338 8.449  1:32.462 152.362   
6 GT 92 TEAM AAI  2  1:32.675 8.786  1:32.678 151.808   
Not classified (125% of the Top 3 = 1:46.572)      
GT 7 PYTHON  0   - 
CN 45 ATL WOLF ASIA  0   - 

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.6ホッケンハイム 第1レース結果

■GP2シリーズ200回目のレースはミッチ・エバンス(RTロシアンタイム)が優勝を飾る

ミッチ・エバンス (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.6ホッケンハイム 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

Auto GP:Rd.6レッドブルリンク 予選結果

■佐藤 公哉(ユーロノバ)連続ポール

佐藤 公哉 (C)Auto GP 拡大します

続きを読む "Auto GP:Rd.6レッドブルリンク 予選結果"

| | トラックバック (0)

INDY:ダブルヘッダー1レース目はライアン・ハンターレイが4番手 佐藤琢磨は15番手 (ホンダ)

Honda

July 19 2014, QUALIFYING
Honda Indy Toronto Race 1

2014年7月19日(土)・予選  
会場:トロント市街地特設コース  
天候:曇り  気温:18~19℃

インディカー・シリーズがカナダで開催する唯一のレースイベントである「Hondaインディ・トロント」。昨年からダブルヘッダー開催となり、カナダの熱心なファンたちは土曜日と日曜日に1レースずつをエンジョイしています。

金曜日に快晴の下で2回のプラクティスが行われ、プラクティス1ではジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)がトップタイムをマークし、プラクティス2ではシモン・パジェノー(Schmidt Peterson Motorsports)が最速ラップを記録と、Hondaドライバーたちが速さを見せつけました。

一夜明けた土曜日、午前10時からレース1の予選は行われました。空は雲に覆われ、涼しいコンディションの中、3段階で構成される予選にグリーンフラッグが振り下ろされました。

インディカーのストリートレースでは3段階で構成される予選が行われます。第1セグメントは出場全車を前日のプラクティスタイムで2グループに分け、それぞれに10分間の予選時間が与えられます。そして、各グループから上位6名が予選第2セグメントへと進みます。12名で争われる第2セグメントも10分間で、ここでのトップ6がファイナルステージへと進み、ポールポジションから6番グリッドまでを争います。

また、インディカーはストリート及び常設ロードコース型サーキットで2種類のタイヤを使っています。ソフトコンパウンドのタイヤはサイドウォールが赤くなっているため、観戦しているファンたちは、ドライバーがどちらのタイヤを使っているのか、すぐに分かるようになっています。ソフトタイヤはグリップ力が高いのですが、その性能が発揮される時間は短いという特徴を持っています。予選ではソフトタイヤの性能を高く引き出したドライバー及びチームが上位グリッドを獲得するのです。

コンクリートの壁に取り囲まれた全長1.755マイルのストリートコースでは、23台のインディカーが予選アタックを行い、その中から先週のアイオワ戦で今季3勝目を挙げたばかりのライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)が、Hondaエンジン搭載マシンで4番手となりました。そして、直近のストリートレースである、第10戦ヒューストンで優勝したパジェノーも5番手に入り、グリッド3列目から午後の決勝レースに臨むこととなりました。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "INDY:ダブルヘッダー1レース目はライアン・ハンターレイが4番手 佐藤琢磨は15番手 (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.12トロント 予選結果

■セバスチャン・ボーデ(KVSH・シボレー)がシリーズ初のポールポジション
  佐藤 琢磨は15番手スタート

0719bourdaiswinsverizonp1awardr1tor (C)INDYCAR

続きを読む "INDY:Rd.12トロント 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

GP3:Rd.4ホッケンハイム 予選結果

Marvin Kirchhofer (C)GP3 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP3:Rd.4ホッケンハイム 予選結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.6ホッケンハイム 予選結果

■ポイントリーダーのジョリアン・パーマー(DAMS)が今シーズン3回目のポールポジション

ジョリアン・パーマー (C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.6ホッケンハイム 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

NASCAR“トヨタ カムリ”は首位を争うも2位/2位

2014年7月15日
(株)トヨタモーターセールス&マーケティング モータースポーツオフィス
 

ニューハンプシャー州ロードンでスプリント・カップ・シリーズとネイションワイド・シリーズが行われ、共にトヨタ勢は首位を争ったが届かず、カイル・ブッシュが両レース2位フィニッシュ。アイオワで行われたキャンピング・ワールド・トラック・シリーズでは18歳のエリック・ジョーンズがキャリア2勝目を挙げた。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第19戦 Camping World RV Sales 301

開催日:7月13日

トヨタ勢首位を争うもカイル・ブッシュが2位。
“トヨタ カムリ”4台がトップ10フィニッシュ
 

14nascar20_1位を争い、2位フィニッシュのカイル・ブッシュ(#18)と8位に終わったデニー・ハムリン(#11) 

 7月13日(日)、米国北東部ニューハンプシャー州ロードンのニューハンプシャー・モーター・スピードウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第19戦「Camping World RV Sales 301」が開催された。
 ロードンではこの夏の大会と、“チェイス”の1戦として開催される秋の大会、年に2戦行われているが、トヨタは2012年秋がデニー・ハムリン、2013年夏はブライアン・ヴィッカーズ、2013年秋はマット・ケンゼスと直近の3戦で勝利を挙げている。また、カイル・ブッシュはトヨタでは未勝利ながら、昨年は2戦共に2位フィニッシュ。調子を取り戻してきたトヨタ勢の、得意なコースでの巻き返しに期待がかかった。

 11日(金)午後4時40分から予選が行われ、Ky.ブッシュが今季2度目となるポールポジションを獲得。ハムリンが3番手、クリント・ボウヤーが8番手、ケンゼスが15番手、ヴィッカーズが17番手につけ、11台の“トヨタ カムリ”が決勝へと進んだ。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR“トヨタ カムリ”は首位を争うも2位/2位"

| | トラックバック (0)

USC:ポルシェ ノースアメリカのワークスチームがトップ5に入賞

M14_2671_fine

プレスインフォメーション 2014年7月14日
チュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ第6戦:ボーマンビル(カナダ)

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)のポルシェ ノースアメリカからエントリーした2台のポルシェ911RSRのうち1台が、カナディアンタイヤ・モスポート・パークで開催されたチュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ第6戦において、ほぼミスのないレースを展開し、GTLMクラスでトップ5に入賞いたしました。またカスタマーチームが参戦するGTDクラスでは、パーク・プレース・モータースポーツが初優勝を目前にしながらも、ラスト2周で繰り広げられた劇的なバトルの結果2位でレースを終えています。

カーナンバー911をつけたポルシェ ノースアメリカのポルシェ911 RSRは、イギリス人のニック・タンディがスターティングおよび最終ドライバーを務めました。2時間45分のレースでは、ピット戦略を最大限に活かすため、1時間未満でチームメートのリヒャルト・リーツ(オーストリア)に911 RSRを渡しました。その後、最後の1時間をタンディが担当しました。この作戦と2回のミスのないピットストップが功を奏し、ポルシェ ノースアメリカ・チームは一時4位まで順位を上げましたが、結果は5位でレースを終えています。

一方のカーナンバー912は、アメリカ人のパトリック・ロングがスターティングドライバーを務め、8番手からスタートしました。ロングは猛プッシュの末、4位まで順位を上げてミカエル・クリステンセン(デンマーク)に911 RSRを託しました。ピットストップ後、このカーナンバー912の911は、ワークスカーが激戦を展開するこのクラスで8位に後退します。この若きデンマーク人ドライバーは、タンディおよびリーツと同じく初めて走るカナディアンタイヤ・モスポート・パークにおいて9位でフィニッシュしました。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

続きを読む "USC:ポルシェ ノースアメリカのワークスチームがトップ5に入賞"

| | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

FIA-F3:Rd.7モスクワレースウェイ レース結果

■エステバン・オコン(プレマ)が3連勝、マックス・フェルスタッペンの連勝をストップ

Esteban Ocon (C)DTM/EF3 Media 拡大します

(C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "FIA-F3:Rd.7モスクワレースウェイ レース結果"

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー レース結果

■ブラッド・ケセロウスキー(フォード)が今シーズン3勝目

ブラッド・ケセロウスキー (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー レース結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.5モスクワレースウェイ レース結果

■マキシム・マーチン(BMW)がポールTOウィンでシリーズ初優勝

マキシム・マーチン (C)DTM/EF3 Media 拡大します

(C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.5モスクワレースウェイ レース結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

INDY:終盤の大逆転でライアン・ハンターレイが今季3勝目、ジョセフ・ニューガーデンが2位 Hondaは今シーズン4度目の1-2フィニッシュでシーズン6勝目。 佐藤琢磨はアクシデントに巻き込まれてリタイア

In140713001h

July 12 2014, RACE
Iowa Corn Indy 300



2014年7月12日(土)・決勝  
会場:アイオワ・スピードウェイ  
天候:曇り、時々雨  気温:21~27℃

アイオワ州の州都デモインから40マイルほど西にある全長0.894マイルのショートオーバルであるアイオワ・スピードウェイで、インディカーの2014年シーズン第12戦「アイオワ・コーン・インディ300」が開催されました。

今年で8回目を迎えるアイオワでのレースは、周回数が50周増やされて300周、262.5マイルで争われました。レース序盤の小雨により26分間の赤旗中断が発生しましたが、リスタートが切られたあとはゴールまでハイスピードのレースが繰り広げられました。

In140713002h

ライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)は、コーナーに14度と急なバンクがつけられたアイオワスピードウェイで2012年に優勝しており、今年の予選結果は13番手でしたが、レースに向けたマシンの仕上がりには自信を持っていました。彼はグリーンフラッグが振り下ろされると、1ラップ目だけで5台をパス。マシンのよさを確信して全力での走りを続けました。

レース終盤、残り周回数が30周を切ってから出されたフルコースコーション中の284周目、先頭集団がコース上にステイアウトしたのを見たハンターレイは、ピットロードへと滑り込み、ニュータイヤに交換しました。フレッシュなタイヤの高いグリップを武器として、ゴール前のバトルで勝負を仕掛けようという作戦に出たのです。

In140713003h

最後のリスタートが切られたのは291周目。ゴールまで10周の戦いに9番手でハンターレイはレースに復帰しました。猛ダッシュをかけた彼は1周目だけで6番手に浮上し、次の周にさらに2台をパスすることに成功。294周目にトップ3入りし、297周目に2番手に上がりました。そして、ゴールまで2周の298周目、ついにトップに躍り出ました。チームの作戦力を味方につけ、ハンターレイは今季3勝目に一番乗りを果たし、ビクトリーレーンでトロフィーを高々と掲げました。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "INDY:終盤の大逆転でライアン・ハンターレイが今季3勝目、ジョセフ・ニューガーデンが2位 Hondaは今シーズン4度目の1-2フィニッシュでシーズン6勝目。 佐藤琢磨はアクシデントに巻き込まれてリタイア"

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.11アイオワ レース結果

■ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・ホンダ)、アイオワのショートオーバルを制す

0712rhroncourseiowastd (C)INDYCAR

続きを読む "INDY:Rd.11アイオワ レース結果"

| | トラックバック (0)

INDY:ルーキーのカルロス・ムニョスが予選5番手 佐藤琢磨は16番手からショートオーバルに挑む (ホンダ)

In140712001h

July 11 2014, QUALIFYING
Iowa Corn Indy 300

2014年7月11日(金)・予選  
会場:アイオワ・スピードウェイ  
天候:曇りときどき雨  気温:23℃

アイオワ・スピードウェイでのインディカー・レースは今年で8年目です。北米大陸の真ん中に近いアイオワ州に造られたオーバルコースは、全長が1マイルにも満たない0.894マイル。インディカー・シリーズで最短のコースはコーナーに急なバンクがつけられているため、レースはハイスピードの接近戦になります。

一瞬も気を抜くことのできないアイオワでのバトルは全米で高い支持を得ており、地元のファンが毎年レースには集まってきます。

一昨年、昨年とアイオワでは予選レースという新しい試みがトライされましたが、今年は通常のオーバルレースと同じくタイムトライアル方式に戻されました。くじ引きで決まった順番で1台ずつがコースインし、2周の連続アタックでの平均スピードを競い合うものです。

朝から不安定な天候が続いたため、日中に行われる予定の予選は夕方に延期されました。午前中のプラクティスで15分間以下しか走行時間が取れず、雨が上がった後の日中にもう一度プラクティスを設定したためでした。

7月開催とあって、アイオワでのレースは暑さの中で予選が行われることも多かったのですが、今年の予選はほぼ1日を通して曇り空が続き、涼しいコンディションとなっていました。湿度の高さ、微妙に上下する気温、予選後半で顔を出し始めた太陽と、気象条件は刻々と変化し、自分のアタック順が回ってきたタイミングでのコンディションにマシンをどれだけマッチさせられるかは大変難しくなっていました。

22台で行われた予選は、ルーキーながら今シーズンすでに3回表彰台に上っているカルロス・ムニョス(Andretti Autosport)が8番目と早い順番でアタックを行い、時速185.027マイルの速さで予選5番手となりました。また、2011年にアイオワ・スピードウェイで優勝しているマルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)は、相性のいいアイオワのショートオーバルの予選で2ラップ平均時速184.726マイルをマークし、8番手につけました。

In140712002h

佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、インディカーでのキャリア初ポールポジションを2011年にアイオワ・スピードウェイで記録しました。得意なコースへとやって来た佐藤は、今日のプラクティス2回目で4番手につけ、マシンの調整を順調に進めていました。しかし、予選用にダウンフォースを減らしたマシンはターン2にあるバンプで暴れ、ターン3及びターン4でのハンドリングも万全ではなかったため、アタック2周の平均時速は183.089マイルとなり、16番手となりました。

今年のアイオワ・スピードウェイでのレースは、50周増やされた300周で争われます。また、一昨年のようにレースは土曜日の夕方からナイトレースとして開催されます。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "INDY:ルーキーのカルロス・ムニョスが予選5番手 佐藤琢磨は16番手からショートオーバルに挑む (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

FIA-F3:Rd.7モスクワレースウェイ 予選結果

Esteban Ocon (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "FIA-F3:Rd.7モスクワレースウェイ 予選結果"

| | トラックバック (0)

DTM:Rd.5モスクワレースウェイ 予選結果

■マキシム・マーチン(BMW)、シリーズ初のポールポジション

マキシム・マーチン (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "DTM:Rd.5モスクワレースウェイ 予選結果"

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.11アイオワ 予選結果

■スコット・ディクソンとトニー・カナーンのチップガナッシ・シボレーがフロントロー独占

スコット・ディクソン (C)Chevy Racing 拡大します

続きを読む "INDY:Rd.11アイオワ 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー 予選結果

■カイル・ブッシュが今シーズン2回目のポールポジション

カイル・ブッシュ (C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.19ニューハンプシャー 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

NASCAR:雨に翻弄された3日間。カップ・シリーズでブライアン・ヴィッカーズが2位 (トヨタ)

2014年7月8日
(株)トヨタモーターセールス&マーケティング モータースポーツオフィス 

「聖地」デイトナで開幕戦以来今季2度目の開催となったNASCARは、スプリント・カップ・シリーズが降雨のために予定日翌日の7月6日(日)に延期。6日(日)も途中で強くなった雨のために短縮終了となり、ブライアン・ヴィッカーズが2位フィニッシュ。ネイションワイド・シリーズも予選から突然の雨で大混乱を喫し、決勝も遅れてのスタート。終盤のクラッシュで燃費戦が崩れ、トヨタ勢はダレル・ウォレス・Jr.の7位が最上位となった。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第18戦 Coke Zero 400


開催日:7月6日
雨で翌日に延期後、短縮終了。ブライアン・ヴィッカーズが2位 

14nascar19_1

2位に入ったブライアン・ヴィッカーズ(#55)と6位フィニッシュのデニー・ハムリン(#11)

 7月6日(日)、米国南東部フロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第18戦「Coke Zero 400」が開催された。
 年間36戦という長いシリーズの、前半戦を締めくくる第18戦は、開幕戦が行われた「聖地」デイトナで今季2度目のレース。デイトナでのトヨタは、2008年の夏の大会でカイル・ブッシュが勝利を挙げたのみ。しかし、トヨタ移籍前のマット・ケンゼスが2勝を挙げており、ケンゼスの今季初勝利にも期待がかかった。

 3日(木)に2回予定されていた公式練習は、降雨のために予定よりも遅れて1回目が開始されたが、短縮終了。2回目はキャンセルと、最初から雨にたたられたレースウィークのスタートとなった。
 4日(金)は午後5時10分より予選開始。開幕戦はデイトナ500独自の予選方式だったため、今季より導入されたグループ走行・3セグメントでのデイトナでの予選は初めてとなったが、こちらも降雨のためにセグメント2,3はキャンセルとなり、セグメント1のタイムでグリッドが決定された。
 マット・ケンゼスが6番手グリッドを獲得したが、速度差が大きい、混乱状態のセッションの中、多くの車両は満足にアタック出来ず、ブライアン・ヴィッカーズが30番手、クリント・ボウヤーが34番手、デニー・ハムリンが37番手、Ky.ブッシュが39番手と後方からのスタートとなった。“トヨタ カムリ”は9台が決勝へと進んだ。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:雨に翻弄された3日間。カップ・シリーズでブライアン・ヴィッカーズが2位 (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

INDY:ルーキーのカルロス・ムニョスが500マイルレースで3位フィニッシュ 佐藤琢磨は電気系トラブルでリタイア (ホンダ)

In140707001h

July 6 2014, RACE
Pocono INDYCAR 500

2014年7月6日(日)・決勝  
会場:ポコノ・レースウェイ  
天候:快晴  気温:23~24℃

ペンシルベニア州の緑豊かなエリアにたたずむ全長2.5マイルのポコノ・レースウェイは、「トリッキートライアングル」の異名を取る、三角形のユニークなオーバルコースです。昨年、24年ぶりのインディカー・シリーズ復活を果たしたポコノでのレースは、今年もすばらしい快晴のもとで開催されました。青々とした空には雲もなく、やや強めの風が暑さを和らげ、絶好のレースコンディションとなりました。

今年からレース距離が100マイル延ばされ、500マイルとなりました。スタートは午後1時過ぎで、7月5日(土)のプラクティス中のアクシデントで負傷したルーキー、ジャック・ホークスワース(Bryan Herta Autosport)を除く21人がグリーンフラッグを受けました。

In140707002h

200周のレースではアクシデントが1度しか起こらず、フルコースコーションは6周しか出されなかったため、平均時速202.402マイルでゴール。2002年のフォンタナで記録された時速197.995マイルを大きく上回り、今日のレースはインディカー史上最速の500マイルレースとなりました。そのレースでHondaドライバーのカルロス・ムニョス(Andretti Autosport)は、予選3番手でフロントローの外側グリッドからスタートし、決勝レースもハードなバトルを戦い抜いて3位フィニッシュを達成。ルーキーでありながら、今回が今シーズン3度目の表彰台フィニッシュです。ムニョスの獲得シリーズポイントは340点に伸び、ポイントスタンディングがレース前の7位から6位へと1つ上がりました。

ヒューストンでの第10戦で今シーズン2勝目を挙げ、総合ポイント4位につけていたシモン・パジェノー(Schmidt Peterson Motorsports)は、今回も粘り強い走りをみせました。予選11番手から6位でフィニッシュした彼は、ポイントスタンディングを3位に上げることに成功。また、パジェノーのチームメートでルーキーのミハイル・アレシンも、初めてのポコノで予選12番手、決勝7位という好結果を残しました。

このほかのHondaドライバーたちも奮闘をみせました。ジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)は予選でアクシデントを起こしたために最後尾の21番グリッドからスタートしましたが、レースでは安定したスピードを保ち、終盤のピットタイミングを使った作戦が功を奏して、8位でフィニッシュ。ペンシルベニアを地元とするマルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)も、トップ10入りとなる9位でゴールを果たしました。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "INDY:ルーキーのカルロス・ムニョスが500マイルレースで3位フィニッシュ 佐藤琢磨は電気系トラブルでリタイア (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

F3:ザンドフールトF3マスターズ 予選&レース結果

Max Verstappen (C)DTM/EF3 Media 拡大します

続きを読む "F3:ザンドフールトF3マスターズ 予選&レース結果"

| | トラックバック (0)

GP3:Rd.3シルバーストーン レース結果

Jimmy Eriksson (C)GP3 Series Media Service 拡大します

Richie Stanaway (C)GP3 Series Media Service 拡大します

(C)GP3 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP3:Rd.3シルバーストーン レース結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.5シルバーストーン 第2レース結果

■フェリッペ・ナスレ(カーリン)がシルバーストーンの第2レース優勝

フェリッペ・ナスレ (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.5シルバーストーン 第2レース結果"

| | トラックバック (0)

NASCAR:Rd.18デイトナ レース結果

■デイトナ戦は26台が絡むマルチクラッシュでレース短縮、アリック・アルミロラ(フォード)が優勝

アリック・アルミロラ (C)nascarmedia 拡大します

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.18デイトナ レース結果"

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.10ポコノ レース結果

■ファン・モントーヤ(ペンスキー・シボレー)、ポールTOウィンで復帰後初優勝を飾る
  佐藤 琢磨(AJ.フォイト・ホンダ)は、マシントラブルでリタイヤ

ファン・モントーヤ (C)Chevy Racing 拡大します

続きを読む "INDY:Rd.10ポコノ レース結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

NASCAR:Rd.1デイトナ決勝レースは雨のため順延

(C)Chevy Racing 拡大します

NASCARスプリントカップ第18戦デイトナ『コカコーラ・ゼロ400』は、7月5日にナイトレースとして開催される予定だったが、激しい雨のためレースは翌6日の日曜日へ順延となった。
日曜日は午前11時にスタートの予定となっている。

| | トラックバック (0)

INDY:カルロス・ムニョスが予選3番手 佐藤琢磨は2列目4番グリッドの好位置からスタート (ホンダ)

Hondaracing

July 5 2014, QUALIFYING
Pocono INDYCAR 500

2014年7月5日(土)・予選  
会場:ポコノ・レースウェイ  
天候:快晴  気温:23℃

昨年、24年ぶりにインディカー・シリーズを開催したペンシルベニア州のポコノ・レースウェイでのレースは、今年もシーズンにおける3つの長距離レース、トリプルクラウンの一つとして開催されます。なお、昨年は400マイルだったレース距離が、今年はインディ500、そしてカリフォルニア州フォンタナでの最終戦と同じく、500マイルに延長されました。

全長2.5マイル、3つのコーナーと3本のストレートを組み合わせた、三角形のユニークなオーバルは、すべてのコーナーが異なる半径を持ち、バンクの傾斜角度も一つひとつで違うため、すべてのコーナーでベストのハンドリングを得るのが難しく、ドライビングはチャレンジングになっています。

今年は2度のプラクティスのあとに予選が行われました。空は朝から晴れ渡っていましたが、気温は低めで、一日中ずっと強い風が吹いていました。時速220マイルオーバーという高速で走るインディカーは、空力の影響を強く受けます。そのため、難易度の高いコースに加えて、強い風もドライバーたちを悩ませることになりました。

1台ずつがコースインし、2周連続のアタックを行う方式で、明日の決勝レースでのスターティンググリッドが争われました。その結果、ルーキーのカルロス・ムニョス(Andretti Autosport)が、平均時速223.083mphをマークし、予選3番手となりました。ポコノでのレースは、インディ500と同じように、1列に3台ずつが並んでスタートします。そのため、 ムニョスはフロントローの外側グリッドを確保したことになります。

昨年のポコノで予選8番手だった佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、今年もプラクティス1回目から、上位につけるスピードをコンスタントに出し続け、予選ではアタック1周目に平均時速222.804マイル、アタック2周目に時速222.793マイルをマーク。その時点でのトップに立ちました。平均222.798マイルを記録した佐藤の予選結果は4番手。惜しくもフロントローは逃しましたが、2列目イン側という好位置から、明日の500マイルのレースに臨みます。

ムニョスと佐藤以外のHondaドライバーたちは、マルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)が5番手、ジェームズ・ヒンチクリフ(Andretti Autosport)が6番手、インディ500ウイナーのライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)が9番手に入っています。

ホンダモータースポーツリリース

続きを読む "INDY:カルロス・ムニョスが予選3番手 佐藤琢磨は2列目4番グリッドの好位置からスタート (ホンダ)"

| | トラックバック (0)

INDY:Rd.10ポコノ 予選結果

■ファン・モントーヤ(ペンスキー・シボレー)、シリーズ復帰後初のポールポジション
  佐藤 琢磨(AJ.フォイト・ホンダ)は4番手スタート

ファン・モントーヤ (C)Chevy Racing 拡大します

続きを読む "INDY:Rd.10ポコノ 予選結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.5シルバーストーン 第1レース結果

■ミッチ・エバンス(RTロシアンタイム)、雨のシルバーストーン第1レース優勝

ミッチ・エバンス (C)GP2 Series Media Service 拡大します

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.5シルバーストーン 第1レース結果"

| | トラックバック (0)

GP3:Rd.3シルバーストーン 予選結果

■ジミー・エリクソン(コリアンGP)がGP3シルバーストーンのポール

Jimmy Eriksson (C)GP3 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP3:Rd.3シルバーストーン 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

NASCAR:Rd.18デイトナ 予選結果

■デビッド・ジリランド(フォード)、夏のデイトナでポールポジション

(C)nascarmedia 拡大します

続きを読む "NASCAR:Rd.18デイトナ 予選結果"

| | トラックバック (0)

GP2:Rd.5シルバーストーン 予選結果

■ラファエル・マルチェロ(レーシングENG.)がシルバーストーンのポール獲得

Raffaele Marciello (C)GP2 Series Media Service 拡大します

続きを読む "GP2:Rd.5シルバーストーン 予選結果"

| | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

FRE:フォーミュラE ドニントンテストタイム (7月3日)

■フォーミュラEのドニントンテストがスタート、20台のマシンが出走
  初日はセバスチャン・ブエミ(e.dams)がトプタイム

セバスチャン・ブエミ (C)Formula E 拡大します

(C)Formula E 拡大します

続きを読む "FRE:フォーミュラE ドニントンテストタイム (7月3日)"

| | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

Auto GP:Rd.5イモラ レース結果

■佐藤 公哉(ユーロノバ)が今シーズン4勝目、ランキングトップを独走

佐藤 公哉 (C)Auto GP 拡大します

CERRUTI Michela (C)Auto GP 拡大します

(C)Auto GP 拡大します

続きを読む "Auto GP:Rd.5イモラ レース結果"

| | トラックバック (0)

NASCAR:カイル・ブッシュが3カテゴリー全てでトップ3フィニッシュ (トヨタ)

2014年6月30日
(株)トヨタモーターセールス&マーケティング  モータースポーツオフィス
 

この週末はケンタッキーでNASCARトップ3カテゴリー全レースが行われた。3レース全てに出場したカイル・ブッシュが木曜日のキャンピング・ワールド・トラック・シリーズで勝利。金曜日のネイションワイド・シリーズは3位。土曜日のスプリント・カップ・シリーズでは終盤首位に立ったが惜しくも2位フィニッシュ。3レース全てでトップ3フィニッシュを果たした。

NASCAR SPRINT CUP SERIES
第17戦 Quaker State 400


開催日:6月28日

“トヨタ カムリ”復調の兆
カイル・ブッシュが2位、マット・ケンゼス4位

14nascar18_1

2位フィニッシュを果たしたカイル・ブッシュ(#18)と4位に入ったマット・ケンゼス(#20)

 6月28日(土)、米国中東部ケンタッキー州スパルタのケンタッキー・スピードウェイでNASCARスプリント・カップ・シリーズ第17戦「Quaker State 400」が開催された。
 ケンタッキーは2000年オープンと比較的新しいコースで、カップ・シリーズ戦は2011年から行われているが、初年度の2011年にカイル・ブッシュが勝利。昨年もマット・ケンゼスが勝利を飾っている。
 ケンタッキーにはトヨタの工場があり、市販車の“トヨタ カムリ”が生産されている。5月末には同工場での累計1000万台生産達成を記念する式典が行われたばかり。“トヨタ カムリ”にとって第2の生まれ故郷とも言えるケンタッキーで、トヨタ勢は今季3勝目に向けて臨んだ。

 27日(金)2回の練習走行に続き、午後5時40分より予選が行われ、デニー・ハムリンが2列目4番手。クリント・ボウヤーが11番手、マット・ケンゼスが14番手、ブライアン・ヴィッカーズが17番手、Ky.ブッシュは18番手につけ、10台の“トヨタ カムリ”が決勝へと進んだ。

トヨタモータースポーツニュース

続きを読む "NASCAR:カイル・ブッシュが3カテゴリー全てでトップ3フィニッシュ (トヨタ)"

| | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »