« F3:ザンドフールトF3マスターズ 予選&レース結果 | トップページ | NASCAR:雨に翻弄された3日間。カップ・シリーズでブライアン・ヴィッカーズが2位 (トヨタ) »

2014年7月 7日 (月)

INDY:ルーキーのカルロス・ムニョスが500マイルレースで3位フィニッシュ 佐藤琢磨は電気系トラブルでリタイア (ホンダ)

In140707001h

July 6 2014, RACE
Pocono INDYCAR 500

2014年7月6日(日)・決勝  
会場:ポコノ・レースウェイ  
天候:快晴  気温:23~24℃

ペンシルベニア州の緑豊かなエリアにたたずむ全長2.5マイルのポコノ・レースウェイは、「トリッキートライアングル」の異名を取る、三角形のユニークなオーバルコースです。昨年、24年ぶりのインディカー・シリーズ復活を果たしたポコノでのレースは、今年もすばらしい快晴のもとで開催されました。青々とした空には雲もなく、やや強めの風が暑さを和らげ、絶好のレースコンディションとなりました。

今年からレース距離が100マイル延ばされ、500マイルとなりました。スタートは午後1時過ぎで、7月5日(土)のプラクティス中のアクシデントで負傷したルーキー、ジャック・ホークスワース(Bryan Herta Autosport)を除く21人がグリーンフラッグを受けました。

In140707002h

200周のレースではアクシデントが1度しか起こらず、フルコースコーションは6周しか出されなかったため、平均時速202.402マイルでゴール。2002年のフォンタナで記録された時速197.995マイルを大きく上回り、今日のレースはインディカー史上最速の500マイルレースとなりました。そのレースでHondaドライバーのカルロス・ムニョス(Andretti Autosport)は、予選3番手でフロントローの外側グリッドからスタートし、決勝レースもハードなバトルを戦い抜いて3位フィニッシュを達成。ルーキーでありながら、今回が今シーズン3度目の表彰台フィニッシュです。ムニョスの獲得シリーズポイントは340点に伸び、ポイントスタンディングがレース前の7位から6位へと1つ上がりました。

ヒューストンでの第10戦で今シーズン2勝目を挙げ、総合ポイント4位につけていたシモン・パジェノー(Schmidt Peterson Motorsports)は、今回も粘り強い走りをみせました。予選11番手から6位でフィニッシュした彼は、ポイントスタンディングを3位に上げることに成功。また、パジェノーのチームメートでルーキーのミハイル・アレシンも、初めてのポコノで予選12番手、決勝7位という好結果を残しました。

このほかのHondaドライバーたちも奮闘をみせました。ジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)は予選でアクシデントを起こしたために最後尾の21番グリッドからスタートしましたが、レースでは安定したスピードを保ち、終盤のピットタイミングを使った作戦が功を奏して、8位でフィニッシュ。ペンシルベニアを地元とするマルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)も、トップ10入りとなる9位でゴールを果たしました。

ホンダモータースポーツリリース

In140707005h

ポコノでのレースは、インディ500と同じくグリッド1列に3台が並びます。予選4番手だった佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)は、2列目内側グリッドからスタートし、安定したペースでトップ10以内にポジションを保って序盤を戦っていました。ところが、1回目のピットストップを行う前の25周目、佐藤のマシンが突如としてスローダウン。電気系統のトラブルにより、リタイアを余儀なくされました。

次戦は北米大陸のほぼ中央、アイオワ州で開催されます。ポコノと同じオーバルですが、全長0.894マイルとシリーズで最も短いアイオワ・スピードウェイを300周して争うレースです。

コメント
カルロス・ムニョス(3位)
「マシンが速く、とてもいいレースを戦えたと思います。長いレースであり、オーバーテイクが難しいコースでの戦いですから、私たちは序盤から燃料セーブを心がけていました。単独では速く走れても、だれかの後ろについて走るのは難しいというのがこのコースの特徴なので、最後にチャンスが来ることを願っていました。今日の3位はうれしい結果です。そして、2倍のポイントが得られるレースでしたから、チャンピオンシップを考えると、とても大きな意味を持っています。表彰台にまた上がれたこともうれしいですし、今日の長いレースをベテランのように戦い抜くことができたとも感じています。チームのクルーたちもピットストップでがんばってくれました」

佐藤琢磨(21位)
「スタートではオーバーブーストとなって順位を落としましたが、失ったポジションを着々とばん回していくことができていました。500マイルの長いレースですから、トップが見える位置につけ、上位にポジションを保って走ることができ、いい序盤を戦えたと思います。ところが、1回目のピットストップを行う前に突然、駆動力を失いました。電気系統のトラブルでした。マシンの仕上がりがよかっただけに悔しいですね。ミルウォーキーで行ったテストから、オーバルでのマシンをよくすることができ、私たちはポコノでもマシンを高いレベルに仕上げることができていました。それには大きく勇気づけられましたし、来週のアイオワでも私たちのマシンは速いと思うので、予選から上位で戦いたいと思います」

トム・ライケンバック|HPDテクニカル・ディビジョン シニア・マネジャー/チーフ・エンジニア
「カルロス・ムニョスがみせたパフォーマンスは本当にすばらしかったですね。彼の持つ才能、そしてレースに打ち込む姿勢に、私たちは感銘を受けています。レース終盤にジョセフ・ニューガーデンがみせた猛チャージも見事でした。今シーズンのジョセフはとてもいいドライビングを見せ続けており、チームの攻撃的な作戦によって、あと少しで優勝に手を届かせることができそうでした。そして最後に、シモン・パジェノーの速く、そして安定したオーバルコースでの走りをたたえたいと思います。彼は今日の6位フィニッシュによって、ポイントスタンディングをまた1つ上げました。さあ、次はアイオワです。私たちは今シーズン最初のショートオーバルにチャレンジします」

決勝リザルト
順位 No. ドライバー エンジン 周回数 タイム/差
1 2 J.P.モントーヤ シボレー 200 2:28'13.1798
2 3 H.カストロネベス シボレー 200 +2.3403
3 34 カルロス・ムニョス Honda 200 +2.9653
4 8 R.ブリスコー シボレー 200 +3.8431
5 9 S.ディクソン シボレー 200 +4.6933
6 77 シモン・パジェノー Honda 200 +6.0105
7 7 ミハイル・アレシン Honda 200 +8.3658
8 67 ジョセフ・ニューガーデン Honda 200 +8.9506
9 25 マルコ・アンドレッティ Honda 200 +9.4477
10 12 W.パワー シボレー 200 +17.2301
 
12 27 ジェームズ・ヒンチクリフ Honda 199 +1Lap
14 19 ジャスティン・ウィルソン Honda 199 +1Lap
18 28 ライアン・ハンターレイ Honda 181 +19Laps
19 15 グレアム・レイホール Honda 157 +43Laps
20 18 カルロス・ウエルタス Honda 89 +111Laps
21 14 佐藤琢磨 Honda 25 +175Laps
22 98 ジャック・ホークスワース Honda 0 +200Laps

ポイントスタンディング
ドライバー 順位 No. ドライバー エンジン 総合ポイント
1 12 W.パワー シボレー 446
2 3 H.カストロネベス シボレー 446
3 77 シモン・パジェノー Honda 402
4 2 J.P.モントーヤ シボレー 391
5 28 ライアン・ハンターレイ Honda 388
6 34 カルロス・ムニョス Honda 340
7 25 マルコ・アンドレッティ Honda 325
8 9 S.ディクソン シボレー 297
9 8 R.ブリスコー シボレー 285
10 11 S.ブルデー シボレー 271
 
12 27 ジェームズ・ヒンチクリフ Honda 266
13 7 ミハイル・アレシン Honda 263
14 19 ジャスティン・ウィルソン Honda 253
16 98 ジャック・ホークスワース Honda 227
17 18 カルロス・ウエルタス Honda 224
18 67 ジョセフ・ニューガーデン Honda 220
19 15 グレアム・レイホール Honda 202
21 14 佐藤琢磨 Honda 189
24 16 オリオール・セルビア Honda 88
25 26 カート・ブッシュ Honda 80
29 5 ジャック・ヴィルヌーヴ Honda 29
30 68 アレックス・タグリアーニ Honda 28
31 16 ルカ・フィリッピ Honda 24
33 63 ピッパ・マン Honda 21
34 41 マーティン・プロウマン Honda 18
36 26 フランク・モンタニー Honda 8

|

« F3:ザンドフールトF3マスターズ 予選&レース結果 | トップページ | NASCAR:雨に翻弄された3日間。カップ・シリーズでブライアン・ヴィッカーズが2位 (トヨタ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/59943687

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ルーキーのカルロス・ムニョスが500マイルレースで3位フィニッシュ 佐藤琢磨は電気系トラブルでリタイア (ホンダ):

« F3:ザンドフールトF3マスターズ 予選&レース結果 | トップページ | NASCAR:雨に翻弄された3日間。カップ・シリーズでブライアン・ヴィッカーズが2位 (トヨタ) »