« INDY:Rd.15ミルウォーキー 予選結果 | トップページ | FIA-F3:Rd.9ニュルブルクリンク 予選結果 »

2014年8月17日 (日)

INDY:ジョセフ・ニューガーデンが予選5番手、佐藤琢磨は10番手 (ホンダ)

In140817001h

August 16 2014, QUALIFYING
ABC Supply Wisconsin 250

2014年8月16日(土)・予選  
会場:ザ・ミルウォーキー・マイル  
天候:快晴  気温:28℃

2014年のインディカー・シリーズは終盤戦を迎え、第16戦ABCサプライ・ウィスコンシン250プレゼンテッド・バイ・メトロミルウォーキーHondaディーラーズをアメリカ北部のウィスコンシン州ミルウォーキー郊外で開催しています。

In140817002h

本日、8月16日(土)には2回のプラクティスと予選が行われ、2週間前のミッドオハイオでの第15戦で見事なパフォーマンスを見せたジョセフ・ニューガーデン(Sarah Fisher Hartman Racing)がHonda勢でベストとなる5番グリッドを獲得しました。

100年を越す歴史を誇るオーバルコース、ザ・ミルウォーキー・マイルは名前が示す通り、全長が1マイルと短いショートオーバルで、コースがほぼフラットなのが大きな特徴です。9.25度と緩やかなバンクでは、マシンのセットアップを研ぎ澄ますことでしか高いグリップを獲得することはできません。

予選の前に2回行われたプラクティスではHonda勢の多くが、上位につけるラップタイムをマーク。午前中のプラクティス1ではトップ4のうちの3名が、午後のプラクティス2ではトップ5に3名のHondaドライバーが入るなどの活躍をみせました。しかし、Hondaチームのドライバーたちはプラクティスでの速さをそのまま予選に結びつけることができず、両プラクティスで最速ラップを記録したジェームズ・ヒンチクリフ(Andretti Autosport)は、プラクティス2の終盤にアクシデントを起こしてしまい、修理を施したマシンで予選に臨んだ結果、13番手にとどまりました。

In140817004h

In140817005h

ニューガーデンのほかに、9番手にはマルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)、10番手には佐藤琢磨(A.J. Foyt Racing)がつけました。佐藤は午前中のプラクティス1では16番手でしたが、プラクティス2では暑さの中で自己ベストのラップタイムを更新して8番手につけました。予選ではいくぶん涼しくなったコンディションにマシンのセットアップを完全に合わせ込むことができませんでしたが、レース用セッティングでのマシンの仕上がりには好感触を得ています。

ホンダモータースポーツリリース

コメント
ジョセフ・ニューガーデン(5番手)
「とても多くの収穫が得られた1日となりました。予選ではトップ5に食い込み、そのポジションを最後まで維持することができました。私たちはプラクティスと予選を走ったことで、明日のレースに何が必要かを学べたと思います。決勝レースは激しい戦いになるでしょう。タイヤのグリップ力の低下が大きい点が鍵です。1スティントの間にグリップは大きく変化します。タイヤに常に気を配った戦い方をすべきで、私たちのマシンはいい仕上がりになっていると感じています」

佐藤琢磨(10番手)
「ミルウォーキーは本当に楽しいコースです。ドライバーにとって、挑戦のしがいがあるコースです。とてもいいコンディションが整わない限り、全開でコースを1周するのは不可能です。このコースを速く走るためには多くの要素を整えねばなりません。今日のミルウォーキーは暑さに見舞われ、プラクティスではマシンの調整がとても難しく感じました。6月に試すことのできなかったセッティングも今日はトライし、予選を迎えるまでにマシンの仕上がり具合を向上できました。予選でも自分たちが大きな進歩を遂げていることが証明できました。フロントローに近いところまでの速さではなかったですが、マシンに安定感を求め、それを手にすることができていると思います」

アート・セントシアー|HPD社長
「今日の予選結果は非常に悔しいものとなりました。プラクティスでは多くのHondaドライバーたち良好なパフォーマンスを発揮しましたが、予選ではマシンセッティングが少しズレてしまっていたようです。予選で上位を占めたドライバーたちはダウンフォースを小さくする方向性でマシンを仕上げてきていましたが、Hondaチームの多くはダウンフォースを大きくするセッティングを選んでいました。しかし、Hondaドライバーたちがプラクティスでみせてくれたパフォーマンスに期待をしています。決勝を走るマシンについては多くのHonda勢が自信を持っているので、彼らは数々のオーバーテイクを見せながら、トップ争いへとポジションを上げてくれることでしょう」

予選リザルト
順位 No. ドライバー エンジン タイム
1 12 W.パワー シボレー 0'43.1757
2 10 T.カナーン シボレー 0'43.3292
3 2 J.P.モントーヤ シボレー 0'43.3505
4 8 R.ブリスコー シボレー 0'43.4312
5 67 ジョセフ・ニューガーデン Honda 0'43.4398
6 83 C.キンボール シボレー 0'43.4683
7 20 E.カーペンター シボレー 0'43.5584
8 3 H.カストロネベス シボレー 0'43.6140
9 25 マルコ・アンドレッティ Honda 0'43.7397
10 14 佐藤琢磨 Honda 0'43.7828
 
12 19 ジャスティン・ウィルソン Honda 0'43.8916
13 27 ジェームズ・ヒンチクリフ Honda 0'43.9725
14 15 グレアム・レイホール Honda 0'44.0156
15 7 ミハイル・アレシン Honda 0'44.0636
16 77 シモン・パジェノー Honda 0'44.0723
17 98 ジャック・ホークスワース Honda 0'44.1268
19 28 ライアン・ハンターレイ Honda 0'44.5038
20 34 カルロス・ムニョス Honda 0'44.5574
22 18 カルロス・ウエルタス Honda 0'45.7358

|

« INDY:Rd.15ミルウォーキー 予選結果 | トップページ | FIA-F3:Rd.9ニュルブルクリンク 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/60164916

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ジョセフ・ニューガーデンが予選5番手、佐藤琢磨は10番手 (ホンダ):

« INDY:Rd.15ミルウォーキー 予選結果 | トップページ | FIA-F3:Rd.9ニュルブルクリンク 予選結果 »